バイリンガル子育ての注意点!!海外生活で陥る落とし穴とは!?

バイリンガル子育て オーストラリアライフ
スポンサーリンク

海外に住めば、子供がバイリンガルに育つからうらやましい〜!!

こんな風に、海外に住めば子供はバイリンガルに育つのが当たり前だと思っていませんか!?

・・・実は私もそう思っていました。

結論から言ってしまうと、子供は海外で育っても努力なしではバイリンガルにはなれません!!

海外に住んだら自然に子供がバイリンガルに育ってくれると思っていると、大変な落とし穴に落ちてしまいます。

この記事では海外在住17年….現在も3人の子育てまっただ中のママの経験から、バイリンガル子育てのポイントを紹介します。

バイリンガル子育てに興味のある方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

バイリンガル子育て、海外生活で陥る落とし穴とは!?

海外に住むと子供はみんなバイリンガルになる!!って思ったりしませんか?
実は私はそう思っていました💦

しかし、現実は海外で育つからといって自然にバイリンガルになんかなりません💦

私自身、現在オーストラリア在住で3人の子供を出産し子育て中なのですが、海外で生活する子供でも自然にバイリンガルにはなりません。それなりの努力が必要です。

日本人家庭の子供が海外で生まれ育つ場合や、もしくは日本で生まれて幼少期に海外で生活をすることになった場合、日本で生活するのと同じように子育てをしていると、子供の日本語力はどうしても乏しくなりってしまいます。また、気をつけなければ英語も日本語も中途半端になってしまう可能性もあります。

なぜかというと、海外(英語圏)で生活するということは、一歩家の外に出れば大半が英語環境で、家の中でテレビをつければ英語が流れ、あえて日本語番組を子供に見せない限りほぼ英語環境です。日本語といえば、親の私が話しかけるくらいしかないので、日本語はどうしても英語に比べると足りなくなってしまいます。

海外で育つということは、英語が主な環境なので、たとえ両親ともに日本人であっても日本語力は日本に住む同じ年の子供に比べると、どうしても弱くなってしまいます。

また、ハーフの子供だとしたらなおさら英語が強くなり、日本語はほぼ話せないという子供を私はたくさん知っています。

では、どうすればいいのか・・・ということで、ここからはバイリンガル子育てで私が行なっていることを紹介していきます。

スポンサーリンク

バイリンガル子育てとは?

親子

そもそもバイリンガルという言葉をよく耳にしますが、そもそもバイリンガルと一言で言ってもどのくらいの言語能力を基準にいうかは、人によってかなり曖昧なところがありますよね。
ここでは、日本語と英語の2カ国語を生活の中で不十なく使いこなせるということを基準に話していきます。

ちなみに、2ヶ国語、3ヶ国語・・・を話す人の呼び方はこうです。

  • 1ヶ国語を話す人 → monolingual
  • 2カ国語を話す人 → bilingual
  • 3ヶ国語を話す人 → trilingual
  • 4ヶ国語を話す人 → quadrilingual

このように表現しますが、大抵は4ヶ国語以上になるとMultilingualと言います。

バイリンガル子育ての注意点!!

バイリンガル子育てをする中で、注意することがあるので、順番に説明していきます。

  • 幼少期に日本語(母語)をしっかり教える
  • 日本人の親が英語で話しかけるのはNG

幼少期に日本語(母語)をしっかり教える

幼少期に大事なことは、まずは母語である日本語をしっかりと教えることです。

母語である日本語が乏しくなってしまうと、言語の問題だけではなくそれ以外にも問題が出てくる可能性があります。
例えば、考えられる問題としはこんなことがあります。

  • 第2言語(英語)の発達にも影響
  • 自信喪失してしまう
  • 精神的に不安定になる

バイリンガルになるためのいちばんの決め手となるのは、子供の母語・母文化がどのくらいしっかりしているかということだと言われています。
母語である日本語の基盤がしっかりしていることで、2番目に習う言葉の発達がしやすくなる鍵を握っていると言われています。
逆に母語が中途半端だと次に習う言葉も中途半端になる傾向があるようです。

子供の自信喪失については、海外で育つ子供たちはただでさえ毎日現地の幼稚園や学校で言葉だけではなく文化や習慣・人種など、何もかもが親のバックグラウンドとは異なる団体の中で1日の大半を過ごすことになります。

想像してみてください・・・

そんな環境の中に置かれたら、大人の私たちでさえ心も体も疲れますよね!?
子供だって親が思う以上に神経を張っているはずです。
また、現地の子供たちに比べると、どうしても幼少期には英語力不足なのが原因で自信を失うことがあったり、日本の文化や習慣との違いから子供ながらに嫌な思いをすることもあります。

しかし辛いことがあったとしても、たいていの子供は親に心配をかけないように嫌な出来事についてはきっと多くを語らないでしょう。

うちの子供たちも幼稚園や小学校から帰ってきて、元気いっぱいの時もあれば、なんだか元気がないなぁ…という時もありました。ただ、毎日子供の顔色や行動を見ていれば大体どんな1日を過ごしてきたのかがわかります。

子供が元気がないときに聞いたとしても「大丈夫だよ」と答えるだけで多くを語ろうそしない場合は、無理に聞き出さず様子を見ていました。

子供には親がしっかりと寄り添い、愛情たっぷりに接して精神的に安心させてあげることが大事です。

子どもは精神的に不安定になることがあるので、子供には自信をつけさせるためにスポーツや音楽・ダンスなどなど子供の興味のあることをさせてあげるのが良いです。
子供は自分に得意なものがあれば、それだけで自信が持てるようになり、精神的にも安定します。

彼らは子供なりに一生懸命社会に適合しようとしているので、子供を精神的に不安定にさせないためにも親はしっかりと子供に寄り添い十分な愛情を与え、子供が安心できるようにサポートをする必要があります。

日本人の親が英語で話しかけるのはNG

バイリンガル子育てを頑張るあまり、親も子供に英語で話しかける努力をしていたりしませんか?
結論から言うと、日本人の親が子供に英語で話しかける必要はありません。

頭の中に2つの思考(日本語は日本語の思考、英語は英語の思考)を作るため英語と日本語はそれぞれの思考に蓄積されるため、日本語をバックグラウンドに持つ親は日本語をたくさん話しかけてあげ、幼少時に母語の基盤をしっかりと作ってあげましょう。どうして日本語を話す親があえて英語を話さない方が良いのかについては、あとで説明します。

ところで、バイリンガルの人の頭の中ってどうなってるんだろう!?
こんな疑問、持ったことありませんか?

どうやって日本語と英語をペラペラと使い分けることができるのっ!?って思いますよね💦

この記事を読んでいる方で、大人になってから英語を勉強したがいればわかると思いますが、日本語を一度頭の中で英語に変換したり、その逆で英語を日本語に訳して理解していませんか?

バイリンガルの頭の中はそうじゃないんです。彼らは、日本語と英語の2つの思考回路を持っているんです。

バイリンガルの人は、頭の中に日本語と英語の2つの思考回路を持っている。
 
バイリンガルの人の頭の中は、「日本語」と「英語」を話す相手や状況に応じて頭の中で思考のスイッチを無意識のうちに切り替えて理解しているんです。
なので、見たり聞いたりする言葉を頭の中で変換(翻訳)しないで、そのままの言葉で理解することができるんです。
 
日本語で話すときは日本語で思考、英語で話すときは英語で思考できるのがバイリンガルです。
 

実際うちの子供たちの頭の中もそうなので、頭の中で言葉を変換するような考え方は彼らの中では理解できないようです。

そう考えると、同時通訳ができる人の頭の中って、本当に素晴らしいですよね!!!

スポンサーリンク

バイリンガルの持つ2つの思考回路

既に少し話ましたが、バイリンガルの人の頭の中は2つの思考回路があります。
それがどう言うことなのかを説明していきます。

バイリンガルの人の頭の中には2つの思考回路がある

バイリンガルの人の頭の中には、日本語と英語の2つの思考回路があると言いましたよね!?
そうなんです、バイリンガルの人の頭の中には日本語と英語2つのコップがあると想像してみてください。

 

そしてその2つのコップが日本語と英語のそれぞれの言葉で満たされると、言葉が自然に口から溢れ出てくるという仕組みになっています。

「バイリンガルの人の頭には2つのコップがある」というのはよく言われることなので、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。

そこで、バイリンガルの子育ては言葉の発達が遅いと言われることがありますが、1言語だけではなく2言語なので、2つのコップにそれぞれの言葉をためていくため、たまるのに時間がかかるのです。たまりきっていないと言葉は出てこないので。

会話言葉の発達は頭の中にあるコップにインプットされる言葉の量によって決まると言われています。

頭の中のコップいっぱいに言葉が詰まると自然に口から出てきます。

ただ、コップがいっぱいになる早さには個人差があるので、コップから言葉が溢れるのが早い人もいれば、少し時間がかかってしまう人もいます。
ですが、頭の中のコップにインプットし続ければいずれば言葉はちゃんと溢れ出てきます。

ということで、

親は日頃からコップを満たすことを意識して子供に言葉を話かけたり、絵本を読み聞かせてあげることってとても大切です。

そうすることで、親子のコミュニケーションが取れて信頼関係が築かれたりします。

バイリンガル子育て、2つの思考回路を作る注意点!!

バイリンガル脳を作るときの注意点を解説します。
結論は、頭の中にある英語のコップを満たすには、片方のコップにひたすら英語をインプットすればいいのです。

ただ、そのときに注意しなければいけないことがあります

普段から日本語を話す日本人の親が、ある時急に子供に英語で話しかけたとしてもその言葉は英語のコップにはたまりません。

なぜかというと、子供の頭は話す相手に応じて自動的にコップを使い分けるようになっているので、日本語で話していると認識している相手の言葉は、自動的に日本語のコップにたまっていってしまうのです。

なので、既にさらっと言いましたが、普段日本語を使っている親があえて英語と日本語の両方を教えようとして英語と日本語の言葉を混ぜて使う…なんてことはしなくていいんです。

例えばこんな感です。

「りんご」という言葉を子供に教えるときに、

  

「りんご  ➡︎ アップル」「りんごはアップルっていうんだよ」と同時に教える必要はないんです。

普段日本語を話すママやパパがこのように日本語と英語の両方を教えても、日本語のりんごと英語のアップルは別々のコップに分けて入らず、同じ日本語のコップに入ってしいます。

英語のコップを満タンにするには、英語だけの情報をインプットしたほうがいいです。

そこで、一番良いのは、英語をネイティブに話す人とコミュニケーションをとる機会を増やすことです。

そうすることで子供の思考回路は英語に切り替わり、英語の言葉は英語のコップに溜まっていきます。発音もよくなります。

日本語を母語として話す親の場合は、子供の母語である日本語に関してはしっかりサポートできるので、しっかりと日本語のコップをいっぱいにしてあげましょう!!

そして英語のコップにをいっぱいにすることに関しては、英語をネイティブとする人たちと率先して関わるような英語環境を与えてあげたり、英語の音楽やDVD、テレビを見せるのが好ましいです。

ちなみに、バイリンガル子育てに関心のある方はお子さんの英語学習として、インターナショナルスクールが運営する『グローバルステップアカデミー』に興味があるかもしれませんね。よかったらチェックしてみてください。

>>> Global Step Academy公式サイト

スポンサーリンク

バイリンガル子育ては母語の土台がポイント

母子

冒頭でも書きましたが、バイリンガル子育をする上で日本語(母語)の土台をしっかりと築いておくことが大切です。

海外で子供を育てる多くの親は子どもの習得する言語に対して、このような不安が予想されます。

  • 海外で育ててるんだから英語を優先すべきなんじゃないか?
  • 子供の学校の先生に「家庭でも英語だけで会話したほうがいい」と言われた
  • 周りから入ってくる何らかの言葉によって親の心が左右されることがある

私はまさにこんな感じで、子どもたちの言語に関して不安になったことがあります。

また、実際に子供が小学校に上がったばっかりの時に、当時時担任だった先生に「家でも英語で話した方がいいわね」と言われましたが、私は断固として家の中では英語を使いませんでした。

他にも私の周りで同じようなことを、学校の先生から言われて悩んでいたお母さんたちが何人んもいましたが、バイリンガルの育て方を理解している先生は「家で英語を使う必要はない」と言ってくれましたよ。

『バイリンガル子育ての大事なことは「幼児期に母語の土台をしっかりと築くこと』

外野から何を言われようと、親は自信を持って子供に日本語を教え続けることがポイントです!!

ただ、この行為は思っているよりかなり大変なことです。何と言っても、母語は主に家の中で学ぶので、親の努力と忍耐が求められます。

どうしても頭の中にコップを2つ持っていると、そのコップがたまるのに時間がかかってしまうので、同じ年代の現地の子供と比べると英語が弱いし、同じ年代の日本に住んでいる子供と比べると日本語力が弱いし・・・それでもいつかはコップから言葉が溢れ出てくるので気長に待ってあげることが大事です。

私自身、かなり心配やもどかしい思いをしたこともありますが、今では子供は両方の言葉をちゃんと使いこなしています。

ただ、私の経験から『幼児期に母語の土台をしっかり築くこと』ということはとても大切だということです。

なぜなら、わが家には3人子どもがいますが、一番上の長女の時は、まさに彼女の幼少時期に母語の土台をしっかりと築きました。その結果、彼女は日本語も英語も達者になるまで時間がかかりましたが、コップから言語が溢れ始めたら全く問題がありません。

しかし、3番目の息子に関しては、母語の土台作りが少し甘かったので、英語が少し強くなり、2言語のバランスを取るのが少し大変でした。

このような実体験から『バイリンガル子育てには母語の土台作りをしっかり築くこと』ということがとても大事だと、身を以て実感しています。

スポンサーリンク

バイリンガル子育ては子供のメンタルサポートが大事

母子

『アイデンティティクライシス』って聞いたことありますか?
海外で育つ子供に見られがちなのですが「私って一体何者!?」と、自分のアイデンティティがわからなくなるんです。

実際うちの子供も一時期悩んでいました。うちの子供は純日本人ですが、本人にはその自覚も何にもなく、自分は学校にいるお友達と同じオーストラリア人なのに、みんなと違うと思っていたようです。

これについては子供といろんな話をしたので、今ではしっかりと自分のアイデンティティを持っています。

このように日本人でありながら海外で育つと、このような時期がある子供もいます。

  • 母国である日本に馴染めない
  • 日本の習慣や文化が理解できない
  • 海外では外国人と言われ、日本でも外国人扱いされ自分を見失ってしまう

こんな時は親のサポートがとても大事です。

そして、既になんども言いましたが、幼少期に母語の土台をしっかり築いておくことがアイデンティティクライシスなど、様々な問題の対処にも関わってきます。

スポンサーリンク

バイリンガル子育ての注意点【まとめ】

この記事は私の経験談を交えて学んだことを紹介したので、『子供をバイリンガルに育てるにはこういうすれば絶対バイリンガル子育てが成功しますよ』と断言するものではありません。

子供の教育はそれぞれの家庭によってそれぞれ多様に違うので、わが家のケースが必ずしも万人に当てはまるわけではありませんが、実際に3人の子供たちに対して行なってきたことなので、ある程度の参考になるのではないでしょうか。

ただ経験から思うことは、確かにバイリンガル子育てには母語の土台作りをしっかり築くことが大事で、バイリンガルの頭の中の2つのコップがたまるまでに少し時間がかかりますが、一旦溜まってしまえば言葉が溢れ出てくるということは実感しています。

参考にしていただければうれしいです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。