子供の英語はいつから始めればいい!?海外生活でわかったこと!!

子供の英語 子供の英語
悩んでる人
悩んでる人

子供の英語って、いつから始めればいいんだろう?

子供の将来を考えて、子供に英語を身につけさせたいと考えた時、こういう疑問が頭をよぎりますよね。

2020年から小学校の英語教育も学年が早まり、力を入れるようになり….また年々バイリンガル教育の人気が高まることもあり、英語は子供の習い事ランキングで常に上位です。
英語を習う子どもの年齢もどんどん早くなっているのが現状ですが、一体いつから自分の子どもに英語を習わせればいいの?って悩んじゃいますよね💦

文部科学省も英語教育に関してはこう提言しています。

社会の急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は我が国にとって極めて重要な問題。
これからは、国民一人一人にとって、異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になる。その際に、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって不可欠であり、アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべきである。
今後の英語教育改革において、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育成することは、児童生徒の将来的な可能性の広がりのために欠かせない。

文部科学省より

ちなみに、世界の国々を見てみると、公用語が複数ある国にもあります。
国民の大半が2カ国語を話す国はたくさんあるんです。日本でも英語を話す人は年々増加しています。世界共通語の英語は、これからの子供の将来を考えてもぜひ習得させておきたいですよね。

子供の英語はいつから始めればいい?

結論から言うと、子供に英語を習わせるには早ければ早い方がいいです。

かと言って、大人になってから英語が身につけられないと言うわけではありません。
ですが、年齢が高くなればなるほど英会話を習得するのにはたくさんの時間とものすごい労力が必要になります。

実際に、神経科学者のジャクリーン氏らによる年齢と英語習得度の関係を調査した結果によると、年齢が上がるにつれて英語習得のパフォーマンスが低くなることがわかっています。調査結果では、思春期後は特にパフォーマンスが低くなっています。

この記事を書いている私は現在海外で生活していますが、現地で生まれ育った子供や幼少期に移住してきて英語環境の中で暮らし始めた子供と、中学や高校になってから海外に住み始めた子供では違いが見えます。幼少期から英語環境の中で生活している子供たちは、ネイティブとほぼ同じです。

とは言っても、成長してから英語を学ぶのが不可能だと言うわけではなく、大人になってから英語を頑張って学び海外の企業に入り、現地の人たちに勝るとも劣らない活躍をしている人たちだっています。

ですが、もし可能であれば早いうちから子供には英語環境を与えてあげたいものですよね。

もちろん、それぞれ仕事や生活環境が違うので、英語環境が必要だからと言って誰しもが簡単に海外に行ける状況にあるわけではないですよね。日本にいながら子供を少しでも英語環境にするにはどうすれば良いのかを考える必要があります。

子供の英語教育を早期に始めるメリットとデメリット

すでに、「子供の英語はいつから始めるのいい?」という疑問に対して、結論は「早ければ早い方がいい」と言いました。

ですが、人によってはその考えに対して反対意見もあるようなので、子供の早期英語教育に関してのメリット・デメリットを考えていきましょう。

子供の英語教育を早期に始めるメリット

子供の早期英語教育のメリットは、こんなことが考えられます。

早期に始めるメリット 
  • 英語に対する抵抗感がなくなる
  • きれいな発音になる
  • 英語脳が形成できる

早ければ早いほど英語に慣れ親しむことができるので、英語を習うという感覚ではなく英語が当たり前の感覚になります。

また、大人になってから学ぶ英語の発音ではなく、小さい頃から英語を聞いたり話したりすることでネイティブのようなきれいな発音になると言う最大のメリットがあります。

早くから英語を聞くこで英語脳が形成できるので、早期に英語教育をするメリットは間違いなくあります。誰もが思うことでしょうが、早い時期から英会話を始めることによっての最大のメリットは、やはり『発音』です。

発音は英語学習を始める年齢が早ければ早いほど、ネイティブに近い自然な英語の発音が身につきます。

子供の英語学習を早期に始めるデメリット

では今度は実際に私が海外で3人の子供を英語環境と日本語環境の両方で育てている経験から、子供の英会話を早期に始めるデメリットについて紹介していきます。

子供の早期英語教育については、デメリットというほどのものは正直思いつかないです。
ですが、2つの言語を学ぶことになるので、学び方を間違えないように気をつける点はいくつかあります。

《子供の早期英語教育で気をつけること》 
  • 母語(日本語)もしっかりと学ぶ必要がある
  • ママやパパが子供に英語で話しかける必要はない
  • 子供が楽しめるように英語環境に触れさせる

言語が脳に蓄積されるスピードは日本語と英語の2つ分の蓄積をしなければいけないので、1つの言語を習得するよりも時間がかかるのは確かです。
当然言葉が達者になるのまでに、1つの言語だけを覚える子供に比べると時間がかかります。
なのであせらず、気長に子供を見守る必要があります。言語がある程度脳に蓄積されたら、言葉は一気にあふれ出てきます。

2つの言語を学ぶには母語(日本語)をしっかりと学ぶ必要があるので、日本語はママやパパがしっかりと話しかけてあげる必要があります。

もともと母語が日本語だとすると、子供にとってママやパパは日本語を話す人だという認識になっているので、英語ネイティブではないママやパパが子供に英語で話しかける必要はありません。(これについては『バイリンガル子育てで大事なことは?海外に住んだら簡単になれる?』の記事で解説しています。)

親の希望で子供に英語を強要して無理やりさせると拒否反応を示すようになるので逆効果です。あくまでも楽しんで自然に英語環境に触れさせることが大事です。

子供の早期英語教育は日本語に問題がでるってほんと!?

英語は赤ちゃんの時から聞かせる習慣をつけておいてもオッケーです。

「小さいうちから英語を聞かせると、日本語が遅れたり日本語と英語が混乱したりしないの?」と疑問に思うかもしれませが、その疑問については、バイリンガルの人を思い浮かべてください。
バイリンガルの人は小さい頃から日本語と英語のどちらも同時に聞いていますが、実際に彼らは日本語と英語をごっちゃにして混乱したりしていないですよね?

 

バイリンガルの人の頭の中には2つの思考回路がある

んです。彼らは日本語脳とは別に英語脳も持っているんです。このことについては、別記事の『バイリンガル子育てで大事なことは?海外に住んだら簡単になれる?』で紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

実際うちの子供たちも現在海外で育っています。私と旦那は日本人なので子供たちが生まれた時から家の中の会話は全て日本語を使います。そして一歩外に出れば耳に入ってくるのは英語、テレビをつければ英語というように言語としては彼らが生まれた時から日本語と英語の両方を耳にしています。

なので、すでに書いたように言葉が達者に話せるようになるまでには少し時間がかかりました。
ですが一旦言葉が溢れ出してくると問題なくどちらも話しています。そして発音は大人になってから英語を学んだ私には真似のできないきれいな発音です。

ただ、海外で生まれたからといって、それだけで必ずしもバイリンガルにはなれません。それなりに努力をしなければどちらも中途半端になってしまうので気をつけなければいけません。

しかし、早期に言語を耳にするメリットは間違いなくあります。なんども言っていますが、発音です。少しでも早くから英語を始めることによって確実にネイティブのような発音が身につきます。

子供の英語・オンライン英会話は何歳から受講可能?

実際には、日本で英語環境ってどうやって?って思うかもしれませんが、英語教育に関心の高い方は、赤ちゃんがお腹の中にいる時から英語の歌を聴かせてあげたり、英語に関わることをしている方もいます。

子供の英語教育は早ければ早い方がいい!!

赤ちゃんの頃から英語の歌を聴かせてあげたり、英語のDVDを見せてあげることもできます。些細なことかもしれませんが、そういった1つ1つが大切な英語環境になります。
そして周りに海外からの人がいれば積極的に交わるのも良いことですよね。

また、最近では子供専用のオンライン英会話というのもたくさんあるので、選択肢1つとして利用するのもありです。実際に早期英語教育として子供専用オンライン英会話を利用する人がたくさんいます。
オンライン英会話は、英会話を習うために英会話教室に足を運ぶ必要がありません。ネット環境さえ整っていれば自宅にいながらオンラインでできるので、小さいお子さんでも安心して受けることができます。

では、実際に子供専用のオンライン英会話スクールは、何歳から受講が可能なのかを参考までにチェックしてみましょう。

以下7社オンライン英会話スクールをみていきましょう。
ちなみにこれらの子供オンライン英会話は常に人気上位に上がっているところです。

子供のオンライン英会話は何歳から受講可能?

子供のオンライン英会話スクールの受講可能な年齢は、以下の通りです。を見ていただけると分かりますがほとんどのところが3歳からです。

【オンライン英会話で受講可能な子供の年齢】

英会話スクール 受講年齢
リップルキッズパーク 3歳〜18歳
グローバルクラウン 3歳〜12歳
ハナソ キッズ 4歳〜15歳
グローバルステップアカデミー 3歳〜12歳
ハッチリンクジュニア 2歳〜18歳
キッズスターイングリッシュ 3歳〜15歳
クラウティ ママの膝に座っていられる年齢なら何歳でも

子供のオンライン英会話スクールの受講可能な年齢は、見ていただけると分かりますがほとんどのところが3歳からです。ハッチリンクジュニアのように2歳から、またはクラウティのように”ママのお膝に座っていられる年齢なら何歳でも構わない”というように、要は子供の英語に関してはレッスンが受けれる状態であれば何歳からでも構わないと言うことでしょうね。

ただ、これはあくまでも『オンライン英会話スクールの受講可能年齢』が3歳から対応されているということに過ぎません。それより早い年齢のお子さんに英語学習をおすすめしないということではありません。

3歳という年齢は、あくまでもオンライン英会話を受講する上で『子供がパソコンの前に座っていられる年齢』を考慮した上でそれぞれのスクールが条件としているにすぎません。

と言うことで、言語を学ぶのは早ければ早いほうが良いということです。
なので、英語は赤ちゃんの頃から歌でもテレビでも聞かせたりみせたりする習慣をつけておくのは良いことです。

ただ、あくまでも親の希望で嫌がる子供に無理やり英語をさせることはおすすめしません。
嫌がる子供に無理やりさせようとすると良いことなんて1つもありませんから💦
そんなことをしてしまうと逆効果で、英語が嫌いになってしまうこともあります。

こちらで紹介した子供専用オンライン英会話がきになる方は、別記事『子供オンライン英会話比較10選!!料金・特徴・選び方のポイント!』からどうぞ。

子供の英語・バイリンガル教育に興味がある

ところで、この記事を読んでいる方でバイリンガル教育に興味がある方は以下のスクールをちょっとチェックしてみてください。英語教育に興味がある方はすでに知っているかもしれませんが、とりあえず紹介しておきますね。

「Global Step Academyオンラインインターナショナルスクール」はインターナショナルスクールが運営しています。
もともとのインターナショナルスクールというバックグラウンドを活かし、3歳からの子供を対象に英語学習をオンラインで提供してくれるオンライン・インターナショナルスクールです。

先生は全てアメリカ・カナダ・オーストラリアなどのネイティブの先生で、マンツーマンレッスンで行われます。この学校の良いところは、さすがにインターナショナルスクールというだけあって、英語はもちろんですが、算数やサイエンスなどなど他のプログラムも全て英語で行われるんです。なので、日本の学校に通いながら「インターナショナルスクールの教育も受けさせたい」という多くのママやパパに支持されています。

グローバルステップアカデミーは最高5回(1ヶ月間)をさせてもらえるので、気になる方はまずはオンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academy の無料体験を利用してみるのも良いかもしれませんね。

また、グローバルステップアカデミーオンラインインターナショナルスクールについての口コミ評判を別記事『グローバルステップアカデミーオンライン英会話の口コミ評判は?』にまとめているので興味のある方はチェックしてみてください。

さらに興味のある方はGlobal Step Academy 公式サイト でどうぞ。

子供の英語教育はいつから始めればいい?【まとめ】

この記事の結論は、子供の英語教育は早ければ早い方が良い。ということです。

ただ、ネイティブではないお母さんやお父さんがあえて家で英語を使って話しかける必要はありません。幼児期から英語学習を始める場合は、英語の番組を見せたり音楽を聴かせたり楽しく英語環境を作ってあげて、お母さんやお父さんは母語である日本語をしっかりと話して聞かせてあげましょう。

また、たいていの子供向けオンライン英会話スクールは3歳(または2歳)から受講可能ということがわかりました。
どっちにしても、お子さんに英語教育を考えている場合は早ければ早いほうが良いということです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。