オーストラリアのワーキングホリデー仕事の探し方や賃金を在住者が徹底解説

ワーキングホリデー オーストラリアライフ
スポンサーリンク
悩んでる人
悩んでる人

オーストラリアのワーキングホリデービザに興味があるんだけど、ワーキングホリデービザって、現地に行ってからちゃんと仕事って見つかるのかな?・・・やっぱり英語力は必要だよね?・・・

こんな疑問にお答えします。

海外経験をするために、学生でもなく、観光でもないワーキングホリデービザは、人生の中で貴重な経験ができるとても魅力的なビザです。

とは言っても、実際に現地に着いてからちゃんと仕事が見つかるかな?…どうやって仕事を見つければいいんだろ?…などなど、正直未知の世界で不安もあると思います。

そんなあなたの不安が少しでも解決できるように、この記事ではオーストラリア在住17年の日本人が現地から解説していきます。

スポンサーリンク

【オーストラリア/ワーキングホリデー】で仕事をするには!?

ビザ

ワーキングホリデービザは海外に行くために取得できるビザのうちの1つです。ですが、ワーキングホリデービザは海外滞在のための目的が1つではなく、かなり自由に海外で過ごすことができるとてもありがたいビザなんです!! 何が自由か何が自由かっていうと….観光ビザの場合、3ヶ月と決められていてその期間に働くことはできません。学生ビザは学校に通わなければ滞在できません。でもね、ワーキングホリデービザというのは、目的は自由!! つまりオーストラリア国内であれば観光も勉強も仕事も自由にしていいんです。なんだかワクワクしませんか!?

とは言ってもやはりワーキングホリデービザにも一応規則はありるので、以下にまとめて紹介しますね。

オーストラリアのワーキングホリデー基本情報

ワーキングホリデービザは、18歳〜30歳まで1度だけ取得できるビザで、もともとのワーキングホリデービザの第一目的は働くことのビザではないので、働くことに対して少し制限がつけられています。

つまり、本来ワーキングホリデービザは、出稼ぎが目的のビザでは無く、定義としては以下のようになっています。

「それぞれの国の若者が他国で生活しながら、その国の文化や習慣を学び国際理解や関係の強化を図ることが目的」

ワーキングホリデービザで滞在中に現地で働くためには、いくつかの条件が定められているので、以下にまとめました。

  • ワーキングホリデービザが取得できる年齢は18歳〜30歳です。
  • ワーキングホリデービザは、オーストラリアに入国した日から12ヶ月の滞在が可能です。
  • 同じ雇用主の元では最長6ヶ月間しか働くことができません。
  • 最長4ヶ月まで学校に通えます。
  • オーストラリア国内は好きなだけ旅行ができます。

オーストラリアのワーキングホリデー申請料は?

オーストラリアドル

ワーキングホリデービザは12ヶ月の滞在期間の生活費を稼ぐために働くこともでき、自由に観光もでき、現地の人との交流も楽しめるとても素敵なビザですが、ワーキングホリデービザを取得するには「ビザ申請料」が必要になります。ビザ申請料は、観光ビザでも学生ビザでもどのようなビザ取得に関してもビザ申請料がかかります。

《ワーキングホリデービザの申請料》

ワーキングホリデービザ申請料 ▶︎ AUD485 (※2020年6月現在)

《ビザ申請時に注意しておくこと》

  • 日本のパスポートを持っている
  • 年齢が18歳〜30歳であること
  • オーストラリア国外から申請
  • 扶養の子供を連れていかないこと
  • 以前にワーキングホリデービザを取得したことがない人

さらに詳しいことが知りたい方は、以下のサイトから確認できます。

ちなみに、法律がよく変わるオーストラリアなので、ビザについての決まりや料金も一応最新の情報を上記から確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

【オーストラリア/ワーキングホリデー】現地での仕事について

ウエイトレス

すでに書きましたが、ワーキングホリデービザは同じ雇用主の元で働ける期間に6ヶ月という制限があります。つまり、オーストラリア滞在中にワーキングホリデービザで働くということは、一時的なアルバイトになるので、働ける場所にも限りがありがあります。なので、基本的にはサービス系の仕事が多くなるのが現状です。

ワーキングホリデーで働ける仕事の例を紹介

オーストラリアのワーキングホリデービザで実際に現地に来た方達の多くが働いている場所を例にあげると以下のようなところになります。

  • 日本食レストラン(キッチンスタッフ・ホールスタッフなど)
  • 日本食料品店(販売)
  • 免税店・お土産やさん(販売)
  • ツアー会社(日本語ツアーガイドなど)
  • 留学会社(オフィスワーク)
  • 宿泊施設(クリーナー)
  • ローカルのカフェ(ホールスタッフ・バリスタ・キッチン)
  • 農場の仕事(ピッキング・パッキングなどなど)
  • オーペア(住み込みの家事手伝いなど)

以上がオーストラリアにワーキングホリデービザできた人たちの多くが働いている場所になります。見ていただくとわかりますが、やはりほぼサービス系の仕事ですよね。

とは言っても、こうやってみると海外に行ってお初で働くことを考えると結構仕事の種類がありますよね。

 

ちなみに、オーペアに関しては住み込みということになるので、住居費はかかりませんが、お給料は基本的に出ないと考えておいた方が良いです。もし出してもらえたとしてもほんのお小遣い程度になります。

上記で紹介した仕事先の例以外でも働いている人たちはいます。
例えば、英語力や持っている資格そして本人の熱意によっても働ける場所にはかなり違いが出てきます。

ワーキングホリデーの時給の相場は?

ワーキングホリデービザを取得して、オーストラリアに行く前にはある程度の軍資金をためておくと思いますが、それでも12ヶ月間海外で生活するというのは大変ですよね。そこで、せっかくワーキングホリービザを取得していくのですから、現地に着いたらぜひ働いてみることをお勧めします。海外で働くことは一生の中でも貴重な経験になりますからね。

そこで気になるのがオーストラリアの賃金ですよね。
それでは、オーストラリアの雇用形態・賃金について紹介していきます。

オーストラリアの雇用形態には、以下のような種類があります。

  • Full time worker (フルタイム)
  • Part time worker (パートタイム)
  • Casual worker (カジュアル)

すでに書きましたが、ワーキングホリデービザで働くとなると最長6ヶ月までしか同じ雇用主の元では働けません。なので大抵はカジュアル契約として働くことになるでしょう。(※雇い主次第)

そして賃金についてですが、オーストラリアで働く場合には最低賃金というのが設定されています。

オーストラリアの最低賃金は以下のようになっています。(2020年7月1日)

  • フルタイム/パートタイムとして働く場合:AUD19.84 (1時間あたり)
  • フルタイム/パートタイムとして働く場合:AUD753.80(1週間あたり)
  • カジュアルとして働く場合:AUD24.80 (1時間あたり)

時給に関しては、経験や職種によっても異なってくるので、詳しくはこちらのサイトから確認することができます。

とは言っても、日本と比べるとかなり時給が高いですよね。ですが物価も高いです💦 外食に関してだけでも、日本で外食することを考えるとかなり高いですよ💦

スポンサーリンク

【オーストラリア/ワーキングホリデー】仕事に必要な英語力は?

英語

悩んでる人

私…英会話に自信がないんだけど大丈夫かな…

こんな風に、海外に行くからにはやっぱり英会話力が心配になるところですよね。

英会話力に関して言えば、中級以上の英会話力を求められるところもあれば、中級レベルやそれ以下でも大丈夫だったり….または場所(仕事の内容)によってはほぼ英語が話せなくても大丈夫だな場合もあるので、一概には言えません。

とは言っても、やっぱりオーストラリアという英語圏に行くのですから、もちろん英語のコミュニケーション力が高ければ高いほど仕事が見つかりやすいのも事実です。

英会話力が高くなければ、飲食店だとしてもオーストラリア人の経営するところで働くことは非常に難しいです。
なので英語力が高ければ高いだけ、仕事選びの幅も広がります。

ちなみに、英語力がなければどうなるかというと・・・・

せっかくオーストラリアで生活するのに日本の飲食店やお土産やさんで働かなければいけないというのが現状です。また、いくら日本の飲食店やお土産やさんだとしても、来てくれるお客さんが全て日本人相手ではないので、やはり最低でも初級程度の英語力は求められると思います。ただ、日本人オーナーのお店で洗い場などで接客をしなくても良い場合は英語に関係なく真面目に働ければ雇ってもらえるかもしれません。(※オーナーさんや職種次第)

英語力が高ければ選べる仕事の幅も広がり、時給もしっかりとした時給をいただいてで働くことができます。

17年間ワーホリの人達の生活をみて来たり私自身の経験から、もし私の身内やお友達にアドバイスをするとすれば、こう言います。

ワーホリで渡豪する前に少しでも英会話力をあげた方がいいよ!! 現地で楽しむためにも頑張って!!

・・・・と言います♬

もちろん英会話力が無くても先に書いたように、日本食屋さんやお土産やさんなどで働いている人たちもいるので、渡豪してしまえばなんとかなってしまう…というのも現状なのかもしれません💦

そして実際に、”なんとかなるから”….とアドバイスする人もたくさんいると思いますが、あなたの大事な時間とお金を使って行くのですから、可能なら渡豪までに少しは英語に馴染んでおくと、よりオーストラリアの生活を満喫し、オーストラリアの文化の中で有意義に過ごすことができます。
そしてオーストラリアについてからもでさらに英語のスキルアップができます。

私の経験上、英会話を上達するには「とにかく実践あるのみ」なので、出発まで頑張っておいて現地でオーストラリアの人たちと混じって仕事ができれば、すぐに会話にはなれるようになります。

ちなみに、最近は英会話教室に高いお金を払って通わなくても『オンライン英会話スクール』のように、かなり手軽に隙間時間で英会話が学べるサービスがあるので、そういうサービスを利用するのもアリですね。

例えば・・・リクルートの運営する スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) は、「海外生活や海外旅行、おもてなし」などの日常生活に便利な英語が学べるので、渡豪前の良い練習になるのではないでしょうか。

他にも、オンライン英会話のネイティブキャンプ は、予約を取らなくても自分の空いている好きな時に英会話レッスンが受け放題なので、これまた良い練習になりますね。
どちらも初心者の人には特におすすめです。

今はコロナの影響でワーキングホリデーに行くこともできないので、オンライン英会話などで今のうちに英会話力を少しでもつけておくことをおすすめします。そして行ける時が来たら思いっきり現地生活をエンジョイしちゃいましょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

スタディサプリENGLISH新日常英会話コースや、ネイティブキャンプについて気になる方は、別記事『スタディサプリ新日常英会話の口コミ評判!!初心者におすすめ』や『ネイティブキャンプの口コミ評判はいいの?悪いの?実体験から紹介』で紹介しているのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

【オーストラリア/ワーキングホリデー】仕事の探し方

カフェ

ではでは、ここからは仕事探しについて解説していきます。

オーストラリアのワーキングホリデーで仕事を探すには?

悩んでる人

実際、どうやって仕事を探せばいいの?

仕事を探す方法のおすすめは、インターネットで求人情報サイトから探します。

もちろん、履歴書片手に直接出向いて行って熱意を語るのもありの場合もありますが、せっかく足を運んでもその時は募集していなかったり・・・渡すだけのために時間を咲いてしまう・・・ということになったり・・・さらには、相手側としては忙しい時間帯に来られてしまうとかえって迷惑だったりする場合もあるので気をつけましょう。(熱意で成功例も中にはあります!)

一番効率的な方法としては、知り合いから紹介してもらうことですが・・・海外についたばかりではこれはなかなか難しいですよね💦

オーストラリア・ワーキングホリデー/仕事の検索サイトはココ

渡豪前から以下のような求人サイトを見ておくのも良いと思います。 

【日本語サイト】 

  
  日本語月刊新聞『NICHIGO PRESS/日豪プレス

 

【オーストラリアサイト】

ちなみに『日豪プレス』は日本人関係のお店などに行くと新聞として↓↓(こういうのです)置いてあるので、無料でもらうことができます。

スポンサーリンク

【オーストラリア/ワーキングホリデー】保険加入は大事!!

保険

これ、結構大切なことですが、海外に行くんですから保険は入っておきましょうね!!
「保険なんて入らなくても大丈夫ですよ。私は健康だし、今までだって病院なんて通ったことないし!」・・・なんて思っていませんか?

病院なんて縁がないほうがいいですし、確かに保険に入っていても結局は必要ないことの方が多いかもしれません。ですが、こればっかりはお守りだと思って入っておきましょう。
保険に加入しないで海外に行って、万が一病院のお世話になることになってしまうと、びっくりして腰を抜かしてしまうほどの請求がきてしまいますよΣ(゚д゚lll)

実際に私の知り合いも、オーストラリア滞在中に予期せぬことで入院することになったのですが、保険に入っていたのでなんとか支払いは大丈夫でした。入っていなかったら何万ドルもの支払いになっていたそうですΣ(゚д゚lll)
私もその時ばかりは、保険は必要!! と強く思いました(>_<)💦

海外保険がついているカードなどもあるので、今使っているカードもチェクして、何かしらの海外保険には入っておきましょうね。

ちなみにワーキングホリデー用の保険ならAIG損保 (←無料で資料請求もできます)というのもあるので気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデー仕事の探し方や賃金【まとめ】

オーストラリアで仕事を探すには、インターネットで下記のような求人情報サイトを見るのが良いです。 出発前にどんな仕事の募集がされているかちょくちょくチェックしておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

オーストラリアライフ
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog