オーストラリア出産事情と体験談!

オーストラリアで子育て
スポンサーリンク

初出産で不安いっぱい・・・さらには言葉の違う国で出産ということで、ダブルの不安でしたが・・・・そして私は日本で出産したことがないので比べることができませんが、オーストラリアでの出産は、私としては良かったです!

私の初出産は選択権は無く帝王切開でしたが、オーストラリアではバースプランは本人希望を優先してくれます☆彡

ただ出産には色々と予期せぬことも、出費も重なるので・・・・計画性を持ったほうが良いですね (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

オーストラリアの出産事情、保険が使えなかった苦い経験

妊娠3ヶ月の時期にオーストラリア移動してきたのですが、日本では海外移住届けを出していたので出産手当をもらうことができず・・・オーストラリアでは着いてすぐに保険に加入したものの、すでに私は妊娠していたので、妊娠のための保険を使うには12ヶ月のWaiting Period が必要だったため、オーストラリアでも保険を使うこともできませんでした(泣)(妊娠の場合は12ヶ月間という待ち期間が適応されるので加入してから12ヶ月間は保険を使用することができないのです。妊娠以外の他の理由であれば加入してからすぐに使えますが・・・)

そんな訳で妊娠期間中の定期検診、および出産にかかる全ての費用は実費で支払うことになりました∑(゚Д゚)

 

    

 

これから赤ちゃんが生まれて色んなことにお金が必要になるのはわかりきっていたことなので、出産費用を実費で支払うというのは我が家の家計簿にはかなりの痛手でした(泣)

それでも赤ちゃんが元気に生まれてきてくれることを考えれば、そんなことを心配している余裕はありませんでした。(←もちろん赤ちゃんが生まれてからの生活や、色んな先のことを考えると不安がなかったとは言えませんが。)

きっと計画性のある賢明な方なら、そういうこともきちんと計画した上で渡航時期を決めるなり、どうにかして保険があもらえるように計画を立てることができるのでしょうが、私の場合後になって「あ~、こうすればよかったかなぁ・・・ああすればよかったかなぁ・・・」という始末です。 これも経験したから思えたことなんだろうな(^^;;・・・と自分に言い聞かせました。

3人ともそれぞれ違うオーストラリアの病院で出産

初めての妊娠・出産を親やお友達のいない海外で経験することは、それなりに不安で、言葉もドクターの使う英語が理解できないこともあり、難しい言葉はその単語を紙に書いてもらって調べたりしていましたが、なんとかなるものです〜♬

今思えば、日本での出産経験がなかったことが逆に良かったのかな?と思うのですが…..

オーストラリアで自分が直面することに対して、日本での出産経験がなかったのでたくさんの知識がなかった私は、「日本だったら・・・こうなのに?ああなのに?」と比較する経験がないので、起こることをそのまま素直に受け入れられたのではないかな?と思います。

私自身、日本での出産経験がないのでわかりませんが、聞いたことのある日本の出産情報と違ったなぁ〜と思ったのは、まず初めてドクターのところに診察に行った時に言われたのが、持って行った日本の母子手帳の体重のところにバツをつけられて、「これは気にしなくていいから」と言われました。もう一つは、定期健診の時に内診がないということです。日本では何度も内診がある?と聞いていましたが。私は一度も内診を受けませんでした。☆彡

          

まずひとり目は定置胎盤、そして私が高血圧だったので、帝王切開による出産を余儀なくされました。

1人目 → 2人目 → 3人目と生まれた時の体重がだんだん増えていきました(^ ^) 

そして三人ともそれぞれ違う病院で出産したのですが、これも良い経験でした♬

一人目  (体重)2,810g    帝王切開   クイーンズランド州 P私立病院  

二人目  (体重)3,155g 帝王切開    クイーンズランド州 J私立病院

三人目  (体重)3,380g 帝王切開   ニューサウスウェールズ州 公立病院

          

一人目は色々なタイミングのズレによって保険が使えなかったとお話ししましたが、二人目・三人目はちゃんと保険が使えたのとメディケア(国民健康保険)があったのでほぼ実費はかかりませんでした(^_^)v

三人の出産を経て、病院も私立病院・公立病院共に出産経験しましたが、私が実際に体験した感想としては……どの病院にもとてもお世話になりましたが、3人目のニューサウスウェールズ州の公立病院が一番心地よかったように思えます。

オーストラリアの公立病院と私立病院で出産経験

ひとり目はオーストラリアに着いたばかりで全く病院情報を持っていなかった私は、「公立病院での出産は絶対に進めないわ!絶対にP私立病院でうむべきよ!」と他人に言われたことを鵜呑みにして、P私立病院に決めました。まぁ、旦那の職場が近かったのと保険が使えない私にとって、公立だろうと私立だとうろ値段があまり変わらなかったので、それなら私立で?と言う理由もあったのですが。

二人目を出産したJ私立病院は、ただ単に家から近かったと言う理由と、なおかつ二人目の時はプライベート保険にも加入していたので、メディケア(国民健康保険)と、更にプライベート保険が使えるので、せっかく保険料も払っていることだし……という理由でした。

三人目はニューサウスウェールズ州の公立病院ですが、このニューサウスウェールズ州の公立病院はクイーンズランド州からも近く、公立病院だと永住権でメディケアカードを持っていればほぼ実費の支払いなしで出産できることからそこを選びました♬ 

          

この時はプライベート保険を既に解約していたので、私立病院で出産するとある程度の実費がかってしまうので私立病院はやめておきました(^^;;

総合的な私の感想は、どこの助産婦さんたちもとても良くしてくださったのですが、最後のニューサウスウェールズ州の公立病院が一番居心地が良かったように感じます。

たまたま私はその公立病院でも出産後に少し高血圧気味だったので、個室に入れていただいたということもあり、さらに快適でした (^^;;

そこの病院で働いていた助産婦さんとも色々お話しをしましたが、彼女はたまたまその公立病院で働く前は私立病院で働いていたようで、色々お話を聞かせてくれましたが、私立病院は人手が足りずひとりの助産婦さんが何人かの妊婦さんを担当しなければいけないことが多々あり、時間的にも一人の妊婦さんにかける時間があまりなかったようなので、助産婦さんとして働いている彼女自身も彼女が思うような仕事ができなかったようです…… 私が3人目を出産した公立病院はそれぞれの妊婦さんに十分な時間を費やすことができ、とても働きやすいと話していました。 

まぁ、病院のスタッフさんの働く事情は私にはわからない様々なことがあると思いますが。あくまでも妊婦として経験させていただいた私の感想ですので、妊婦のつぶやき程度に聞いていただければ….と思います。それに、私立病院で出産を経験をした大半の人が、もしかしたら私立病院での出産は最高♬….と思っているかもしれませんしね(^_^)

オーストラリア生まれの三者三様

さて・・・十人十色とよく言いますが、私の3人の子供達もそれぞれがそれぞれに違ってとても面白いです!

彼らの性格はもちろんのこと、彼らの好きな食べ物も全然違います。

私のお腹の中にいた時に私が食べたものがかなり影響しているのか?それとも私のお腹の中にいた時に既に彼らがお腹の中で自分たちの食べたいものを私に要求していたのか?

一人目を妊娠中、私はなぜだか「うな重を」をよく食べていました。そしてその子は今でも「うな重」が大好きです♬ 

         

二人目を妊娠中、とにかく私はひどいつわりにもかかわらず「トンカツ」が食べたくなり、朝から朝食でトンカツを食べることが多々ありました。そしてその子は今、とにかく「トンカツ」が大好物です!

 

         

 

三人目を妊娠中、私はとにかく「フルーツ」が食べたくなり、フルーツを食べまくっていました。そしてその子は今「フルーツ」が大好きです♬

 

          

 

妊娠中何が食べたいか….と言うのは、自分の好き嫌いに関係なく普段特に大好きなものでもないのに、勝手に体が欲してしまうのです!だからお腹の中で赤ちゃんがそれを食べたがっているのでしょうかね(^^;;?

 

最後に・・・

私は特に子供好きというわけではなかったのですが、三人の子供を授かったことは私の人生を大きく変えました! 日々子供達からたくさんのことを学んでいます!

みんな健康に生まれてきてくれてありがとう・・・感謝の気持ちでいっぱいです。

     

        子供の笑顔は私を幸せな気分にしてくれます♬

コメント