オーストラリアの4月イースターホリデー2019はいつ?イベントや店の営業時間/お役立ち情報!

オーストラリアライフ
スポンサーリンク

 オーストラリアの「イースターホリデー」って・・・・

 

どんな感じ?

 

お店は開いてる?

 

旅行に行くにはどうなんだろう?

 

・・・といった感じで、

日本ではイースタをお祝いするという習慣が

まだまだあまりないので、

イースター自体がピンとこないですよね!?

私もオーストラリアに来た頃は、なんとなくわかっていても、

何だろうなぁ〜・・・

という感じでした(^_^;)

 

今回はそんなイースターホリデー(休暇)の

オーストラリアの様子をお伝えしたいと思いますヽ(^o^)

 

 

⬆︎カフェにはこんな大きなエッグも Σ(゚д゚lll)

 

スポンサーリンク

2019年のイースターはいつ?

 

イースターの日にちは上にも⬆︎書きましたが、

毎年少ずつ変わります。

 

今年2019年のイースターは・・・

 

4月19日(金)Good Friday(グッドフライデー)

4月20日(土)Good Saturday(グッドサタデー)

4月21日(日)Easter Sunday(イースターサンデー)

4月22日(月)Easter Moday(イースターマンデー)

 

 

スポンサーリンク

イースターとは?

 

イースターは、歴史上最も古いキリスト教徒のお祭りです。

 

 

「イースター」=「復活祭」を意味し、イエス・キリストが3日目に

復活したことを祝う日とされています。

 

ということで、キリスト教ではとても大事な日なのです。

 

 

イースターの期間 

 

*「金曜」➡︎ Good Friday/グッドフライデーは、

 Jesus(イエス・キリスト)が十字架にはりつけにされて亡くなった日・・・

 とされています。

 

*「土曜日」➡︎ Good Saturday/グッドサタデーは、亡くなった

 イエス・キリストがお墓に安置された日です。

 

*「日曜日」Easter Sunday/イースターサンデーは、安置されたはずの

 イエス・キリストの死体がお墓から消えた日、つまり人類の罪を背負って

 死んだイエス・キリストが生き返った日だと言われています。

 

キリスト教の信者は宗派に関わらず、イースターの期間は特に

金曜日と日曜日の朝は教会に行きます。

そして、イースターの日曜は、教会が一年で最も混み合う日です!

 

 

イースターは毎年日にちは変動しますが、3月〜4月の間に行われます。

 

これは毎年月の満ち欠けのサイクルによって変動するそうですよ!

 

* 3月の春分(南半球にあるオーストラリアでは秋分です)の後に来る、

  最初の満月の週末がイースターとされているので、毎年ズレてしまいます

 

 

スポンサーリンク

オーストラリアのイースターホリデー(休暇)は?

 

オーストラリアでは、イースターはクリスマスと並ぶ大きなお祝い何です!

イースターホリデー(休暇)は、1年に2回ある大型連休の一つでもあります。

 

そしてそのイースターが近づくと、オーストラリアのスーパーなどでは

復活の象徴である、『タマゴ』あるいはイースター・バニー(うさぎ)

の形をしたチョコレート菓子や、ホットクロスバンなどが、

ほとんどのお店の店頭に並びます。

 

 

 

 

 

これが子供たちにとっては毎年お楽しみの一つになっています。

 

イースターバニー(うさぎ)は、良い子にお菓子やキャンディを運んでくれ。

という言い伝えがあるので、クリスマス時期のサンタクロースのような

存在でしょうか。。。。

子供たちの学校もお休みなので、この時期家族でお出かけなどして

休暇を楽しんでいます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

オーストラリアのイースターのイベントや過ごし方は?

 

オーストラリアのイースターは、

日本でいうとゴールデンウイークのような感じです。

 

 

長期お休みなので、子供がいる家は家族でキャンプや旅行に行ったり、

様々なイベントが開催されつので、イベントに行ったりもします。

 

シングルやカップルの人たちは、友達や家族と集まったり

旅行に行ったり、多くの人たちがイースターを家族と過ごします。

 

キリスト教の人たちは、イースター中の金曜日と日曜日の朝は

教会に行く人が多いですが、キリスト教徒ではない人たちにとっては

4連休の嬉しい連休です。

 

イースター時期は、観光地が1年で最も賑わう時期ですよ♬

 

国内線の飛行機が最も混み合い、道路も混雑する時期でもあり、

ホテルなどは予約でいっぱいとなります。

 

イースターの金曜日(グッドフライデー / Good Friday)と

日曜日(グッドサンデー / Good Sunday)は、ほとんどのお店が

お休みとなるので、旅行で遊びに来るときはそれも頭に置いておきましょうネ♬

 

お店がお休みでも、ショッピングをしなくても・・・

自然が豊富なので、日本とは違った過ごし方ができますよ(*´◒`*)

 

土曜日と月曜日は営業するところが多いです。

 

イースター期間中の土曜日のショッピングセンターは、

買い物客でめっちゃ混み合います!

 

都市部のバスや電車などの公共機関は運行していますが、

田舎の方だと公共の交通機関も運休だったりします。

そしてイースター期間中は交通機関の時刻表も

特別になっている場合が多いので、

利用する際は事前に確認した方が安心ですよ(^_−)−☆

 

 

シドニーでは毎年イースターホリデー/休暇の4日間をはさんで、

『シドニー・ロイヤル・イースター・ショー』が2週間開催されます。

 

南半球ではちょうど秋の収穫の時期にも重なるので、

農業国オーストラリアならではの魅力が詰まった

イベントになっていますよ!

 

同じく、ニュー・サウス・ウェールズ州の海沿いの町

「ウラデュラ(Ulladulla)」というところでは、

イースターの週末、イタリア系の地元住民が漁師の守護聖人であり、

十二使徒の一人でもある聖ペテロのおまつりを開催します。

 

また、ビクトリア州でイースターホリデーといえば、

プロ・サーフィンの歴史ある大会『リップ・カール・プロ』が

毎年グレート・オーシャン・ロード沿いの海岸の

ベルズ・ビーチ(Bells Beach)で開催されています。

 

 

世界最高峰のサーファー達が集まってその実力を競います!

 

スポンサーリンク

イースターの伝統と食べ物は?

 

私はイースターといえば、まず思いつくのが・・・・

Easter Egg(イースターエッグ)と

Easter Bunny(イースターバニー)でしたが、

 

イースターエッグ(Easter Egg)

 

イースターの伝統には、イースターエッグ(たまご型のチョコレート)を

食べます♬

 

イースターには、そのたまご型のチョコレートを配ったり、

Eatster Egg Hunts(イースター・エッグ・ハント)を行います。

 

 

Eatster Egg Hunts(イースター・エッグ・ハント)は、公園や庭に隠して

置かれたたまごを探す、イースター恒例のゲームです♬

 

イースター中にはどこかしらで子供多肥がエッグ・ハントをしている

姿を見かけると思いますよ(^_−)−☆

 

 

イースターバニー(Easter Bunny)

 

Easter Bunny(イースターバニー)は Easter Rabbit(イースターラビット)

とも呼ばれます。

 

イースターバニーは、たまごを運んできてくれるうさぎさんのことです。

 

オーストラリアでは、ウサギが農作物を荒らす害獣として扱われていたので、

ウサギの代わりに、オーストラリアの絶滅の危機にある小動物(有袋類)である

Bilby(ビルビー)に変わられ、’Easter Bilbyになることもあるそうです。

 

 

ホットクロスバン(Hot Cross Buns)

 

 

 

イースターシーズンには必ずスーパーなどでたくさん出回る

「Hot Cross Buns(ホットクロスバン)は、トップに十字架があしらわれた

スパイシーな味のドライフルーツが入ったパンです!

最近では、チョコレート味なんかもよく見かけますよ♬

イースターでなくても普段から売られることもありますが、

特にイースターの金曜日「Good Friday(グッドフライデー)」に

食べるのが昔からの習慣です。

 

 

スポンサーリンク

イースター期間中のイベント情報

 

シドニー・ロイヤル・イースター・ショー

 

こそし2019年の「シドニー・ロイヤル・イースター・ショー」は、

4月12日〜23日開催!

『シドニー・ロイヤル・イースター・ショー』は、オーストラリア全土の

地方都市が毎年イースターに集まって、農業・酪農の紹介や、動物たちと

触れ合ったりします。

コンサート・遊園地の乗り物・ショッピングなどが楽しめるので、

年齢をと会わずに遊べる12日間の祭典行事です。

 

 

 

オーストラリアと特産の「アクーブラ・ハット」「アグブーツ」

「マヌカ・ハニー」、新鮮な野菜・果物・ワインなどを買うことができますよ。

 

人気のショーバッグ(福袋)には、商品の良いオーストラリア産の品々が詰まっています。

イースターショーでは毎晩花火・ライブコンサートや気球などで華やかに盛り上がります。

 

 

4月12日から23日まで毎日【シドニーオリンピックパーク】のショーグランドで開催されます。

 

公共の交通機関で簡単にアクセスできますよ♬

(『シドニー・オリンピック・パーク』内の「シドニー・ショーグランド」で開かれます)

 

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

 

 

ビクトリア州/ベンディゴ(Bendigo Easter Festival)

 

今年のベンディゴ・イースター・フェスティバルは、

2019年4月19日(金)〜4月22日(月)の期間で開催されます。

⬇︎ちらから写真で、雰囲気が観れます⬇︎

ベンディゴ・イースター・フェスティバル

 

 

リップカール・プロ(サーフィン世界大会)

 

リップカールプロは、今年で52年を迎えるサーフィンの世界大

ASPワールドツアーのうちのひとつです。

場所は、メルボルンの西にあるグレートオーシャンロードの入り口の町で、

オーストラリアのサーフィンの本場トーキーのベルズビーチです。

この大会は毎年イースターに開催され、今年は4月17日〜27日に行われます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

イースター期間中のお店の営業は?

 

イースター期間は、お店はほとんどが閉まります。

大手スーパーでさえもこの期間は締まるところが多いです。

 

特にグッドフレイデー・イースターサンデー・イースターマンデーは

高確率でやってないと思っていた方が無難ですね(^_^;)

 

イースターは日本のお正月みたいな感じだと思ってもいいと思います。

ただ、イースターサンデーは、大手のスーパーやショッピングセンターなど

営業しているところも多いです!

 

レストランやカフェはやっていたとしても休日のサーチャージが

上乗せされてしまうので、この時期に外食などする場合は、

そのぶんを多く支払わなければいけないケースが多いです。

10%〜15%くらいが上乗せ料金だと思っていた方がいいかもしれませんね。

(ドミノピザでさえもこのサーチャージがかかってきます)

 

ちなみにこの時期に働くことがあれば、賃金は非常に高いです。

貰う方はいいですが、払う方は大変ですね(^_^;)

 

まとめ

 

イースターホリデー(休暇)はオーストラリアでは

特に観光地が最も賑わう時期です。

期間中はお店やレストランがおやすみするところがほとんどです。

バスや電車などの公共の交通機関は運行していますが、

普段とは違う時間帯で(イースター期間の特別運行)運行していることが

多いので、そういうものを利用するときは事前に確認した方が良さそうですネ。

 

イースター期間は各地でイベントが盛りだくさんなので、街に出てお祭りの

雰囲気を満喫しましょう♬

 

定番のイースターバニーとイースターエッグのチョコレートや、

ホットクロスバンなども食べるのも

忘れないでくださいね(^_−)−☆

 

ちなみに、イースター期間は、「Happy Easter!(ハッピーイースター)」

と挨拶をするのが一般的です(*´◒`*)

 

⬇︎地球の歩き方!

私もオーストラリアに来るときは読み倒しました♬

 

 

⬇︎言葉に困った時のポケトーク♬

 

 

ここまで読んでいただいてどうもありがとうございました (*´◒`*)