【噂の東京マガジン】京風親子丼の作り方/鶏料理 文鳥のレシピ7月14日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年7月14日(日)TBS系列【噂の!東京マガジン】の放送で、鶏料理 文鳥の大将・渡邉文浩さんが『京風親子丼』の作り方を教えてくれました。

 

スポンサーリンク

京風親子丼のレシピ

 

材料(1人分)

 

鶏もも肉  80g

九条ねぎ  10g

卵(M玉) 3個

ごま油   大さじ1杯

山椒    少々

丼つゆ   80cc

 

親子丼のつゆ作り方

だし(かつおと昆布を合わせたもの)100cc

みりん   20cc

薄口醤油  20cc

 

だしの割合は = 5(だし):1(しょうゆ):1(みりん) 甘さ控えめです。

 

 

作り方

 

① フライパンにごま油お引き、鶏肉をそのまま1枚大きいまま(切らずに)皮目から焼きます。

鶏肉を煮る前に焼くことによって風味が増します

② 皮に少し焦げ目がついたらひっくり返して表面は焼く程度で大丈夫です。そのあとはフライパンから取り出して少し冷まします。

冷ましてから使うのがポイントです☝︎

③ 少し冷ましたら厚みを揃える感じで、そぎ切り(斜め)にしていきます。中は火が通っていなくても煮るので大丈夫ですか。そぎ切りにしたあとは大きめにカットします。

④ 鍋に鶏肉80g・だし80cc、刻んだ九条ねぎを入れてフタをして火にかけます。

あまり煮詰めると鶏肉が硬くなってしまいます☝︎

⑤ ボウルに卵3個を入れて(1個は卵黄だけだしておきます)軽くかき混ぜます。

⑥ ④に火が通ったら⑤の半分を回しいれてフタをします。

⑦ 30秒ほどしたらフタを開け、鍋にくっついてしまわないために鍋を軽く振ります。

⑧ 残りの卵を回しいれたら再度フタをします。

⑨ 丼にご飯を盛り付け⑧をご飯の上にのせ、真ん中に取っておいた卵黄をのせ、最後に山椒を散らしたら完成です。

丼にご飯を盛る時は平らに盛ると綺麗に出来上がります☝︎

 

 

 

 

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活