教えてもらう前と後『ごまだし』の作り方!佐伯の郷土レシピ!6月11日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年6月11日(火)TBS系列【教えてもらう前と後】の放送は『日本全国「絶品ダレ」ご飯のトモNo.1は!?』です。

 

ここでは大分県佐伯市の漁師の家庭で受け継がれている『ごまだし』と呼ばれる郷土料理の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

「ごまだし」とは?

 

もともと「ごまだし」とは、佐伯の漁師家庭に受け継がれる郷土料理です。

 

 

「ごまだし」の期限は正確にはわからないようですが、代々受け継がれるには2つ理由⬇︎があるのではないかと佐伯の漁師の方はおっしゃっています。

 

① 巻き網漁が専門で、競りに合わないと換金されずせっかく獲った魚が勿体無いので、その魚が新鮮なうちに焼いて「ごまだし」を作ったと言う理由。

② 忙しい漁師のお嫁さんが、出汁をとったり味付けをする手間がなく「ごまだし」を載せることで味わいが出るので、これは便利だと言うことが理由。

 

スポンサーリンク

「ごまだし」のレシピ

 

「ごまだし」の材料

 

焼いた魚    500g (例:アジ10匹くらい)

薄口醤油    180cc

濃口醤油    180cc

みりん     100cc

すりゴマ    200cc

 

「ごまだし」の作り方

 

① 焼き魚を素焼きにし、大きな骨は取り除き身をほぐしてすり鉢に入れます。

② すりこ木でこすりながら目に入る2〜3cmの骨をざっとつまみ出します。

③ ざっと擦り潰したら醤油を入れて混ぜ、みりんを入れて混ぜ、すりゴマを入れて混ぜて完成ですヽ(^o^)

 

最初にごまをすり鉢で擦ってそのあとで焼いた魚を入れると、すり鉢1つで完成します。

 

 

スポンサーリンク

「ごまだし」の保存期間は?

 

「ごまだし」は常温・冷蔵保存がで大丈夫です。

使い切る目安はだいたい1ヶ月くらいです。

(夏場は冷蔵庫に!)

 

作ったごまだしを使ったレシピは⬇︎こちらの本に載っていますよ♬

 

 

スポンサーリンク

『ごまだし』の通販お取り寄せ情報

 

教えてもらう前と後『ごまだし』の通販お取り寄せ購入やアレンジ料理紹介!
2019年6月11日(火)TBS系列【教えてもらう前と後】の放送は『日本全国「絶品ダレ」ご飯のトモNo.1は!?』です。 ここでは大分県佐伯市の漁師の家庭で受け継がれている『ごまだし』の通販お取り寄せ情報や「ごまだし」を使ったアレンジ...

 

↓↓同時放送ご当地ダレ関連記事↓↓

 

万能おかず生姜の作り方とアレンジレシピ!教えてもらう前と後6月11日
2019年6月11日(火)TBS系列【教えてもらう前と後】の放送で『日本全国「絶品ダレ」ご飯のトモNo.1は!?』ということで、ご当地ダレが紹介されます。 番組で紹介されるのは高知県産のしょうがを使った『万能おかずしょうが』ですが、こ...