【秘密のケンミン】てこね寿司の作り方!伊勢志摩の名物レシピ6月20日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年6月20日(木)日本テレビ系列【秘密のケンミンSHOW】の放送で、三重県伊勢志摩地方の名物『てこね寿司』が紹介されます。

「てこね寿司」を調べたところ、とても美味しそうだったのててこね寿司のレシピ(作り方)を調べてみました。

伊勢志摩の「おかげ横丁」にある老舗『すし久』さんの「てこね寿司」レシピ(作り方)をシェアしますねヽ(^o^)

 

スポンサーリンク

『てこね寿司』レシピ(伊勢志摩の郷土料理)

 

 

 

材料(4人前)

 

カツオ   1サク(7〜8切れ)

(魚を短冊状に切り分けたものはサクと数えます)

ご飯    3合

 

 

 漬け汁 

濃口醤油  200cc

砂糖    小さじ4杯

 

 

 合わせ酢 

酢    大さじ4杯

砂糖   小さじ½杯

昆布   少々

塩    少々

 

 飾り用 

しょうが  適量

シソの葉  適量

白ごま   適量

三つ葉   適量

◎好みで刻み海苔  適量

 

作り方

 

【1】下ごしらえをします。

①《漬け汁》を鍋に入れ、混ぜながら一煮立ちさせ冷ましておきます。

②《合わせ酢》を別鍋に入れ、混ぜながら一煮立ちさせ冷まして昆布を取り出します。

③《漬け汁》のうちの大さじ2杯を②に加えて混ぜ合わせます。合わせ酢とつけ汁の割合は2:1です。

④ 炊きたてのご飯に③をまわしかけます。ご飯が冷めてからではべたつくので熱いうちにかけて冷ましながらかき混ぜます。ムラがなくなるまでしゃもじできるように混ぜ合わせてあら熱をとります。

⑤ かつおは刺身より薄めの5mmくらいの暑さに切り、①につけ汁に漬け込みます。

カツオはつけ汁につけることで身が引き締まり美味しく食べれます。つけ汁が冷めてから漬けます。
 

⑥ シソの葉は細かく刻み、しょうがはおろします。

⑦ ④のすし飯が冷めたら⑥とこのみで白ごま、三つ葉を混ぜます。

 

【2】すし飯を器に盛りつけます。1人分ずつで盛りつけても、まとめてそのまま飯台を器にしても大丈夫です。

 

【3】カツオの汁気をよく切りながら漬け汁から出して、すし飯の上に並べて完成です。(お好みで刻み海苔を散らします)

 

カツオの代わりに季節によってハマチ鮪赤身を使用してもいいです♬

 

 

スポンサーリンク

てこね寿司レシピを教えてくれた『すし久』とは?

 

『すし久』さんは天保元年(1831年)料理旅館として創業し、純日本風のたたずまいの中で・・・窓の外には清流五十鈴川が広がり、春には桜・・・秋には紅葉がみられる、そんな季節の移ろいを感じながらお料理がいただけるお店です。

お料理は「てこね寿司」や伊勢志摩の田舎料理がいただけます。

 

 

 

『すし久』の場所は?

 

 

住所 : 三重県伊勢市宇治中之切町20(おかげ横丁内)

電話 : 0596-27-0229

営業時間:10:30〜19:30 (L/O. 19:00)

定休日 : 無休

(毎月1日・末日・毎週火曜の夜間営業は休み)

URL : おかげ横丁『すし久』

 

 

スポンサーリンク

てこね寿司「すし久」の口コミは?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

もともとは漁師さんが豪快に作って食べたてこね寿司ですが、漁師飯というのはなんでも美味しいですよね♬ このてこね寿司もぜひぜひ作ります(╹◡╹)♡

ちなみに伊勢志摩の手こね寿司は通販お取り寄せできますよ(^_−)−☆

 

秘密のケンミン『てこね寿司』は通販お取り寄せ購入できる?6月20日
2019年6月20日(木)日本テレビ系列【秘密のケンミンSHOW】の放送で、三重県伊勢志摩地方の名物『てこね寿司』が紹介されます。 「てこね寿司」を調べたところ、とても美味しそうだったので「てこね寿司」が通販お取り寄せできるか調べてみまし...

 

『てこね寿司』東京のおすすめ店はどこ?(秘密のケンミン6月20日)
2019年6月20日(木)日本テレビ系列【秘密のケンミンSHOW】の放送で、三重県伊勢志摩地方の名物『てこね寿司』が紹介されます。 「てこね寿司」・・・とても美味しそうだったので「てこね寿司」が東京で食べれるおすすめのお店を調べてみました...