オーストラリアのラウンドアバウト(環状交差点)とは?ルール必見!

オーストラリアライフ
スポンサーリンク

 

オーストラリアの道路には「ラウンドアバウト」という道路があるって知っていますか?

ん・・・・!?

日本ではあまり見かけない道路なので珍しいかもしれませんね(^_^;) 

この記事ではオーストラリアのラウンドアバウトを運転する時の正しいルールを紹介しますヽ(^o^)

読み終わった後は、あなたがオーストラリア旅行でラウンドアバウトを運転することがあっても、大丈夫です!

スポンサーリンク

オーストラリアの【ラウンドバウト】道路とは?

 

そもそもラウンドアバウト (Roundabout)とは日本語では「環状交差点」の一種のことで、3本以上の道路を円形スペースで接続した道路のことを言います。

 

円形の中央はスペースになっていてそこは通行できない地域になっています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Drone Photography & Travel🚁 (@fiitbe) on

 

車はこの⬆︎円形区域の周りの道路を一方の方向だけに走行します。

 

スポンサーリンク

オーストラリアのラウンドバウトはどっち回りに走行するの?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by The Online Driving Instructor (@theonlinedrivinginstructor) on

私はオーストラリアに住み始めてから、我が家の3人の子供たちのために毎日鬼のようにひたすら運転していますが、日本と違うな….と感じたところは、日本では遭遇したことがなかったラウンドアバウトです。

ではそのオーストラリアではいたるところにある「ラウンドアバウト」の正しいルールを紹介しますねヽ(^o^)

 

ちなみに、オーストラリアの運転事情は日本とほぼ同じような感じで、車は基本的に右ハンドルで左通行です。

 

 「ラウンドアバウト」は、一方向にしか走ってはダメで、オーストラリアでは時計回りの右回りに回る規則になっています。

 

スポンサーリンク

オーストラリアのラウンドアバウトのルールとは?

 

オーストラリアのラウンドアバウト優先するのは右から来る車?

「常にどんな時であっても右から来る車が優先される」というのが正しいと思っている人が多いのですが、(実際私もそうでした)

しかし、

オーストラリア・クイーンズランド州の政府の動画によると↓↓こうなっています。

Give way to vehicles already on the roundabout (先にロータリーに差し掛かった車両に道を譲ります)

 

↓↓これがそれを説明している動画です↓↓

 

Queensland Road Rules – giving way at roundabouts

 

※この動画⬆︎では、Aの車はBの車に道を譲らなければいけません。

 
 

オーストラリアのラウンドアバウト2車線以上ある場合のルールは?

 
Queensland Road Rules – turning right at roundabouts

⬆︎この動画の車を見てください。

ラウンドアバウトを左や右に曲がる場合は、道路に白色で矢印が記されているので、それに従います。

 

 

右に矢印がないない場合はそこから右に曲ってはダメ🙅❌です。

 

ラウンドアバウトに入る前の道路に記されている矢印の方向はかならず従ってくださいねヽ(^o^) 矢印がない方向には曲ってはダメ🙅❌ですよ。(↓↓動画を参照してください)

 

Queensland Road Rules – signalling at roundabouts

 

ラウンドアバウトのルールはオーストラリアQueensland Governmentのサイトを参照しています。

 

スポンサーリンク

オーストラリアのラウンドアバウト標識(この先ラウンドアバウト有のお知らせ)

 

ラウンドアバウトがある手前には、運転者が気づくように⬇︎⬇︎こんなサインが設置されています。

 

          

         

 

このような標識を見かけたら、「この先ラウンドアバウト有り」ということなので、どちらに曲がりたいのか注意してラウンドアバウトに入りましょうねヽ(^o^) 曲がりたい方向の車線に行けなかった場合、道路に矢印がない方向には絶対に曲がらないでくださいね☝︎

スポンサーリンク

ラウンドアバウトのルールーを守らないと危険!

「australia roundabout rules」の画像検索結果"

 

ラウンドアバウトはルールを守らない人がいると大変すぎる事態になってしまいます(>_<)

私も今までに何度か冷や汗をかいたことがあります!・・・・信じられないことにラウンドアバウトを逆回りをする車がまれにいるんですよΣ(゚д゚lll)

想像してください!あなたがラウンドアバウトをちゃ〜んとルールに従って走っている時に、目の前から逆走してくる車がいるんですよっ((((;゚Д゚)))))))

ぇえええええーーーーっ!!! ((((;゚Д゚))))))) ちょっと待ってーーーーー!!!って….何が何だか….怖いってもんじゃないですよ:;(∩´﹏`∩);:

幸いそんな状況で事故にならなかったことが不幸中の幸いで、運がよかったのか何と言っていいのかわかりませんが。。。

 

今思い出しても、その時に逆走して来た車と正面衝突していたとしても不思議ではない状態だったので、怖くて2車線以上のラウンドアバウトは好きじゃないですが、怖い経験をしたのでメチャクチャ慎重に運転しています(^_^;)

その後もまれに逆走の車を目にしますけど。。。。

 

交通量の多い時間帯や場所によっては、同じ方向から来る車が立て続けに来てしまい、なかなかラウンドアバウト内に入ることができないことがあって焦ってしまうことがありますが、事故の原因にもつながるので、気長に待ちましょうね(^_−)−☆

(場所によっては、交通量が偏ってしまうところはその時間帯だけ信号が作動するようになっていたりします。)

 

・・・ということで、ラウンドアバウトを運転する時はいつ誰が逆走するわからないので、万が一に備えてくれぐれも気をつけくださいね。

 

スポンサーリンク

オーストラリアで運転するには?

日本からオーストラリアに旅行で行った場合、運転するためには日本の運転免許証と国際免許証を携帯するか・・・・もしくはオーストラリア政府が認定した翻訳機関による、日本の運転免許証の英語翻訳を取得すればオーストラリアで運転をすることができます。

 

オーストラリアの道路事情は、日本人にはあまり馴染みのないラウンドアバウト以外は日本とほぼ同じような感じで、オーストラリアは広大なので日本の道路と比べると広いですし、比較的運転しやすすいで。日本ではペーパードライバーだった私でも運転できているくらいですから(^_^;)

なのでオーストラリアに行くときは前もって国際免許書を取っておいたら運転できて便利ですよヽ(^o^)

 

ちなみに・・・日本にもラウンドアバウトはあるところにはある↓↓ようですね(^_^;)

 

スポンサーリンク

オーストラリアのラウンドアバウト(環状交差点)とは?ルール必見・まとめ

ラウンドアバウト (Roundabout)とは日本語では「環状交差点」の一種のことで、3本以上の道路を円形スペースで接続した道路のことを言います。

2車線以上あるラウンドアバウトでは好きなところから曲がれるわけではなく、曲がり方にルールがあり、大事故を引き起こしてしまう恐れがあるので、くれぐれも気をつけてください。