和歌山グリーンソフトの通販お取り寄せはココ!【がっちりマンデー】7月14日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年7月14日(日)TBS系列【がっちりマンデー!!】の放送で、和歌山県民を虜にする緑色のアイス・・・グリーンアイスが紹介されます。

 

 

和歌山県で有名なアイスは緑色のソフトクリームなんです。幼稚園児から大人まで虜にさせて年間200万個を売る人気のアイスです。

それほどのアイス・・・ぜひぜひ食べてみたいですよね!?

通販お取り寄せができるので紹介しますねヽ(^o^)

 

スポンサーリンク

和歌山県で有名な緑色のソフトクリームとは?

 

和歌山県で有名な緑色のソフトクリームは、安政元年創業の老舗茶店・玉林園で昭和33年(1958年)に誕生したソフトクリームです。

お茶の売り上げの落ちる夏場に何か良い商品がないかという事で、発明好きの玉林園の先代社長が開発したのです。

その当時は抹茶入りの食品など皆無だったので、世界初の抹茶ソフトクリームだったと言われています。

そして現在では、抹茶のソフトクリームを和歌山では「グリーンソフト」と呼びます。

グリーンソフトには2種類あります。一つは店で売っているコーンの上にソフトクリームをくるくる巻いてのせたもので、その場ですぐに食べれる人向けです。

もう一つはコンビニで売っている袋に入ったタイプのアイスです。(こちらのは低い温度で凍らせているので、アイスが硬めで持ち帰りに便利です。)

地元和歌山では、店のグリーンソフトを『ソフト・やらかいの』と言い、コンビニタイプを『ハードタイプ・ハード』などと呼んだりするそうですよ。

グリーンソフトは、石臼で丁寧に引いた抹茶を本来の色や風味を損なわずにさっぱりとした甘さに仕上げられています。

 

スポンサーリンク

和歌山・グリーンソフトの通販お取り寄せはココ!

 

和歌山県のこのグリーンソフトは”めざましテレビ”や”秘密のケンミンSHOW”で紹介され、注文が殺到しているそうです。

がっちりマンデーで紹介されるので、さらに注文殺到ですね☆彡

 

↓↓グリーンソフトがこちらから購入できます↓↓

 

 

 

スポンサーリンク

和歌山・グリーンソフトが東京でも食べれる!?

 

和歌山のグリーンソフト・・・ちなみに↓↓SNSに東京でも食べれる・・・という投稿をみつけました。

有楽町駅前の交通会館というところのちか1Fの和歌山紀州館という物産展で売っているみたいですよ♬

近くに行くことがあれば立ち寄ってみても良いですよね(^_−)−☆

 

スポンサーリンク

和歌山・グリーンソフトの口コミは?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ(和歌山・グリーンソフト)

 

◎ 2019年7月14日(日)TBS系列【がっちりマンデー!!】の放送で、紹介される和歌山県民を虜にする緑色のアイスは和歌山の老舗お茶屋さん玉林園さんの『グリーンアイス』です。

◎ 玉林園さんは、安政元年創業の老舗茶店で、『グリーンソフト』は昭和33年(1958年)に誕生したソフトクリームです。

◎ お茶の売り上げの落ちる夏場に何か良い商品がないかという事で、発明好きの玉林園の先代社長が開発しました。

◎ グリーンソフトは、石臼で丁寧に引いた抹茶を本来の色や風味を損なわずにさっぱりとした甘さに仕上げられています。

◎ グリーンソフトは通販お取り寄せができます。

↓↓溶けないアイス・北極のアイスキャンデーはちらです↓↓

 

溶けないアイス・ムース(福岡の給食)の通販お取り寄せはココ!【がっちりマンデー】7月14日
2019年7月14日(日)TBS系列【がっちりマンデー!!】の放送で、『地元限定「地元アイス」』が紹介されます。 その中で、福岡県では博多っ子が学校給食で奪い合う謎の『溶けないアイスが』大人気なんだとか!? とっても気になったので通販購...

 

北極アイスキャンデーの通販お取り寄せはココ!【がっちりマンデー】7月14日
2019年7月14日(日)TBS系列【がっちりマンデー!!】の放送で、大阪でナニワっ子が大量買いするアイスが紹介されます。 そのアイスとは?また、アイスの棒が曲がっているのですが・・・その理由も調べてみました。 大阪でナニワっ子が大...