【世界で一番受けたい授業】5秒筋トレのやり方!2週間のダイエット効果検証!5月25日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年5月25日(土)日本テレビ系列【世界で一番受けたい授業】で話題の5秒筋トレのやり方が紹介されました。

教えてくれたのは、「体を動かさずにお腹が凹む」「痩せる5秒筋トレが15分でわかる」・・・などの大ヒット本、5秒腹筋の考案者「松井薫先生」の5秒筋トレです。

お腹・太もも・お尻のたるみを引き締める5秒筋トレを紹介します。

テレビを見ながらでもできてしまいますよ♬

 

ちなみに・・・

日常生活で基礎代謝を低下させてしまうのは、睡眠不足なんですってΣ(゚д゚lll)

 

 

スポンサーリンク

お腹を引き締める『5秒筋トレ』のやり方は?

 

たるんだお腹を凹ませるためには腹斜筋を鍛えます。

腹斜筋は日常生活ではあまり使わないため、余分な脂肪がつきやすいんです。

 

 足を肩幅に開き、手は頭の後ろで組みます。

 息を大きく吸いながら腰を右へ、

  上半身を左へ動かしながらそのまま5秒キープします。

 息を吐きながら最初の体制に戻ります。

 反対側も同じように行います。

 

腰を動かした時に体全体を動かさないように注意しましう      腰の横になる大きなボタンをグッと押すイメージで行うといいですよ
左右それぞれ1日1セット(10回)が目安です。

 

 

応用編

 

慣れてきた人は、腰を早く動かします。

腰を動かすスピードを上げるとより効果が期待できます。

 

5秒で15回が目安です

 

 

スポンサーリンク

太ももを引き締める『15秒筋トレ』のやり方は?

 

たるんだ太ももを引き締めるには、太ももの内側にある内転筋です。

普段の生活であまり使わない内転筋は鍛えないとどんどんたるんでいきます。

 

 

 足を肩幅に開き、手を胸の前で軽く合わせます。

 (ここからスタートです)

 合わせた手を下に向け、息を吐きながら5秒かけて膝を内側に絞ります。

 息を吸いながら元の体制に戻ります。

(太ももでスイカを挟んで割るイメージで行うといいですよ)

 

1セット(10回)を1日3セットが目安です。

 

5秒筋トレが逆効果になってしまうやり方は?

 

毎日同じ筋トレばかりすることです。

同じ筋トレばかりすると筋肉が刺激に慣れてしまい効果が出にくくなってしまいます。

日によって違う部位にしたり変化をつけて鍛えるとより効果的です。

 

スポンサーリンク

お尻を引き締める『5秒筋トレ』のやり方は?

 

たるんだお尻を引き締めるために鍛えるのは深層外旋六筋です。

 

 腕を頭の下に入れて横になります。

 上側の足をおへその前で90度曲げ、膝も90度に曲げます。

 足を膝を曲げたまま大きく息を吸いながらゆっくりと上にあげます。

 足が上がりきったら息を吐きながらゆっくりと元の状態に戻します。

 反対側も同様に行います。

 

足を上げる時に膝が伸びたり曲げすぎるのはNGですよ                思い掛け布団を足で持ち上げているイメージで行うといいですよ
左右それぞれ1セット(10回)を1日2セットが目安です。

 

 

スポンサーリンク

大鶴義丹さん『5秒筋トレ』の結果は?

 

大鶴義丹さんが2週間食事制限なしで5秒筋トレをした結果です。

大鶴義丹さんの結果は素晴らしいですよヽ(^o^)

 

体重    80.5kg ➡︎ 77.05kg( ー3.45kg 

ウエスト  88.5cm ➡︎ 84cm   ( ー4.5cm 

内臓脂肪面積 120㎠ ➡︎ 74㎠  ( ー46㎠ 

 

スポンサーリンク

松井薫先生の筋トレの本

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

◎ お腹を凹ませるためには腹斜筋を鍛えます。

  【左右それぞれ1日1セット(10回)が目安です】

 

◎ 太ももを引き締めるには、太ももの内側にある内転筋です。

  【たるんだお腹を凹ませるためには腹斜筋を鍛えます】

 

◎ お尻を引き締めるために鍛えるのは深層外旋六筋です。

  【左右それぞれ1セット(10回)を1日2セットが目安です】