海外・オーストラリアは自転車を電車に持ち込めるってホント!?

自転車 オーストラリアライフ
スポンサーリンク

※当サイトには広告が含まれています

海外・オーストラリアでは自転車を電車の中に持ち込めるのです!

これって、日本では考えられなくないですか?
さすが日本の21倍ほどの広大な国、自転車を電車に持ち込めるなんて、なんとも豪快ですよね。

オーストラリア

実はですね、最近うちの息子はお友達と自転車に乗るのが楽しくて楽しくて仕方がないんです。
だから自転車に乗ってどこまでも走り続けるんですよ^^;
時には、自転車を電車に持ち込んで遠くまで出かけることもあります。
まぁ…なんというか、とても健康的に遊んでいます♪

なので母としては、正しい自転車の乗り方をして欲しいので、自転車を電車に持ち込む場合の決まりや、乗る時のルールなどを調べました。

ちなみに自転車に関しての決まりですが、オーストラリアでは規則は基本的に各州によって異なることが多いんですよね。
だから、自転車を電車に持ち込む件についても州によって多少の違いがあるようです。

オーストラリア

ここでは私が住んでいるクイーンズランド州をもとに紹介させていただきます。

スポンサーリンク

オーストラリアで自転車を電車に持ち込む時の決まり

電車に自転車を持ち込む

当たり前のことですが、自転車のように大きなものを電車の中に持ち込むのですから、きちんと決まりを守って人に迷惑をかけず、安全に気をつけて電車を利用しなければいけませんよね。

オーストラリアでは自転車を電車に持ち込むことができますが、持ち込む際にはルールもあります。
参考までに、クイーンズランドをはじめとするいくつかの州について紹介しさせていただきます。

クイーンズランド州の場合
基本的に午前7時〜9時半そして午後3時〜6時半のピークタイムは自転車を電車に持ちこうことはできません。

ですが、2021年7月1日から、ピーク時を含む全てのクイーンズランドの電車に自転車と電動スクーターを持ち込める、”6ヶ月間の試し期間” が設けられています。

自転車を電車に持ち込む
(↑実際に自転車を電車に持ち込んだときに撮影した写真です)

ただし以下のことに注意する必要があります。

  • 電車の先頭車両と最後尾のドアを経由して搭乗する
  • 優先席エリアを妨げないようにする
  • 自転車で通路や出入り口をふさがないようにする
  • スタッフの指示に従う

ニューサウスウェールズ州の場合
自転車はいつでも電車に持ち込むことができますが、予約が必要です。

南オーストラリア州の場合
自転車はピーク時以外は電車に持ち込むことができます。
ちなみにバスや路面電車では、持ち込みが許可されているのは “折り畳み自転車” のみです。

西オーストラリア州
午前・午後のピーク時を除き、自転車を電車に持ち込むことができます。
ですが、折り畳み自転車と、チェーンレス一輪車はどの電車やフェリー・バスにも持ち込むことができます。

スポンサーリンク

オーストラリアで電車やバスに安く乗るためのカード

チケット

クイーンズランドでは公共の乗り物に乗る際は、ゴーカード(go card)といカード、または電車に乗る前に駅の改札で購入できる紙チケットが必要です。
(クイーンズランド州南東部は現在キャッシュレスなのでカードでの購入のみです。)

駅の改札

参考までに、電車に乗る際に購入する紙のチケットとは、↓こんな感じでレシートみたいに長細い紙切れです。
(↓駅の改札前に設置されている↓このような機械で購入できます)

電車のチケット

ゴーカード(go card)とは、公共の乗り物に乗るための電子チケットです。
また、ゴーカードは大人・子供・譲歩・高齢者の利用でき、年齢層によって色分けがされています。
乗り物に乗る際の運賃は自動的に計算され、カードの残高から差し引かれます。
わが家でもゴーカードは使っているので、参考までに写真を載せておきますね^ ^

ゴーカードゴーカードゴーカードゴーカード

ゴーカードは利用者の年齢によって分かれています。

  • オレンジ:こども用 (14歳まで)
  • みどり   :年金受給者または学生用 (15歳〜高校卒業)
  • あお  :大人 (15歳以上)
  • えんじ :高齢者用

ゴーカードを持っていることで、公共の乗り物はより安く、簡単に乗ることができます。
つまり、毎回紙チケットを買う方が断然高い料金を払うことになります。

ゴーカードのメリット

  • 紙のチケットより断然安い(1枚の紙チケットよりも30程安い)
  • 管理に便利
  • 料金の補充や、使用が便利で簡単

ゴーカードの入手方法

  • オンラインで購入
  • ニュースエージェンシーや駅の窓口で購入

ゴーカードはカードの持ち主の情報を登録することができるので、登録しておくと、以下のようなメリットがあります。

  • カード内に残高が残り少なくなった場合、オンラインや電話で補充ができる。
  • 自動補充を設定しておくと、利用する際に残高がなくなっている心配をしなくてすむ。
    (残高が5ドルを下回ると自動的に追加される)
  • 紛失または盗難にあった場合に残高を守ることができる。
  • 旅行履歴などを見ることができる。

うちの娘はつい最近、ゴーカードを紛失してしまったのです💦
ですが、登録していたのですぐに新しいカードを作り、紛失したカードの残高を移動することができました!!

そうそう、

週末は、オレンジのゴーカード(5歳〜14歳)を使うと無料で電車に乗れるんです!!なんともうれしいサービスがあるので、うちの子供たちは目一杯利用させてもらっています♪

スポンサーリンク

オーストラリアで子供が自転車に乗るときの注意点

子供と自転車

オーストラリアでは、自転車に乗る際にはオーストラリア規格の自転車用ヘルメットを着用する必要があります。

子供の年齢によって以下のようなことに注意を払うのが望ましいです。

5歳未満の子供が自転車に乗る場合
子供は常に大人の監視の下で歩道や自動車道を乗ることとされています。
そして、子供が自転車を乗る際には積極的に安全な場所を選んで乗るようにしなければいけません。

5歳から9歳までの子供が自転車に乗る場合
5歳〜9歳の子供は、まだ大人の監督の下、自転車に乗ることとされています。
そして、道路を横断する際には『停止・見る・聞く・考える』といった、道路を横断するための安全確認の方法を子供に教える必要があります。
歩道や自転車道で自転車を乗る場合は大人の同伴が必要です。

10歳から13歳の子供が自転車に乗る場合
10歳から13歳の子どもは、基本的に交通安全に対処できるとされています。
ですが、これは子供が「実際の交通環境」でどれだけ練習したかによっても異なってきます。

実際にヘルメットを着用していないティーンエイジャーをよく見かけますが、事故が起こってからでは遅いので、親としても子供にヘルメットをちゃんと被らせるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

海外(オーストラリア)は自転車を電車に持ち込める【まとめ】

まとめ

日本では自転車を電車に持ち込むなどということは、まず経験がなかったので、オーストラリアで初めてその光景を見た時は、なんて便利なんだろう!!・・・と、ちょっと感動してしまいました^^;

最後に、クイーンズランドの電車の中がどうなっているのか、参考までに写真を載せておきますね。

電車 

電車
↑写真の左側に見える大きなドアはトイレです^ ^

参考までに、オーストラリアの電車は、乗り降りの際には電車のドアに設置されているボタンを自分で押し、電車のドアを開けて乗り降りします。
なので、待っていても日本の電車のように開かないので気をつけてくださいね。

ちなみに今はコロナの影響で↓ボタンは『肘で押すように』とい書かれています。

電車

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

オーストラリアライフ
スポンサーリンク
シェアする
りかをフォローする
G'day Lika-blog