オーストラリアに教習所がないってホント?運転免許の取得方法まとめ!

オーストラリアライフ
スポンサーリンク

オーストラリアには教習所がないってホント?

今回はオーストラリアの教習所やオーストラリアでの運転免許の取得方法について紹介します^ ^

ちなみに、オーストラリアは広いです。州によって運転免許を取得の規則は異なります。

ここでは私の住んでいるクイーンズランド州をもとに解説させていただきます。

スポンサーリンク

オーストラリアには教習所がないってホント?

 オーストラリアには教習所がないってホント?・・・

そうなんです・・・

オーストラリアには教習所がありません!

えっ!?・・・
じゃ、運転免許はどうやって取得するの?・・・って思いませんか?

これは、日本人の私としてはオーストラリアに来てびっくりしたことのひとつです^^;
実は教習所のないオーストラリアで運転免許を取得するには、なんと、、、いきなり路上に出ます!
Σ(゚д゚lll)マジッ!?Σ(゚д゚lll)ホントに!?Σ(゚д゚lll)

と言っても、驚いたのは私だけなんでしょうか?・・・というのも、実はたいていの国がいきなり路上に出て練習するそうですね。
逆に教習所がある国が日本と韓国だけなんだとか!?

私はオーストラリア在住18年ですが、どうしてもオーストラリアに教習所がないことが不思議でしょうがなかったんです。でも実は教習所がある方が珍しいようですね^^;

日本で運転免許を取得した私にとっては、いきなり路上は怖すぎです💦
ですが、そのうちわが子が免許取得したいっ!と言い出す時期がすぐに来ると思うので、そんなことも言ってられないんです。
わが子をいきなり路上に出さなければいけないんですから(・_・;

スポンサーリンク

教習所がないオーストラリアで運転免許を取得する方法

では、教習所のないオーストラリアではどうやって運転免許を取得するのか、免許取得までのステップを簡単に紹介していきます。

教習所がないオーストラリアで運転免許を取得する方法

日本のように教習所がないオーストラリアでは、運転免許を取得するには大きく分けて以下の3つのステップをふまなければいけません。
ちなみに、正式な運転免許取得までは最低でもおおよそ3年はかかります^^;

  1. Lプレート
  2. P1(赤Pプレート)またはP2(緑Pプレート)
  3. 正式な運転免許

 

それでは、免許取得までの3ステップをひとつずつ簡単に解説します。

ステップ1|Lプレートで路上練習 (Learner Licence)

Lプレート申請は16歳以上

筆記テスト → Lプレートで路上練習開始

 

教習所のないオーストラリアで運転免許を取得するには、まず初めに道路規則についての筆記テストを受けます。(テストは30問の選択問題が出題され、90%以上の正解が必須です)

テストに合格し、その時点で16歳以上ならばラーナー免許(Lプレート)を申請できます。
その後、路上で運転の練習が始められます。

25歳未満の場合は、路上で100時間の監視付き運転練習を完了(10時間の夜間運転を含む)しなければいけません。

監視付きとは、フルライセンスを保持している人が助手席に同乗して運転することです。

走行時間などを記入するロゴブックというものがあるので、毎回それに運転記録をつけます。(車にはLプレートをつけて運転します)

ステップ2|Pプレートで運転 (Provisional Licence)

こちらはPプレート(仮免許)で費やすおおよその参考時間です。

年齢 P1最低必要期間 P2最低必要期間
25歳未満 1年 2年
25歳以上 1年

路上での練習期間を終え、路上試験を受けて合格するとP1(赤Pプレート)またはP2(緑Pプレート)への仮免許へのステップアップができます。
(※2021年7月1日からは仮免許テストの前にハザード知覚テストの合格が必須)

  • 25歳未満 → P1(赤Pプレート)
  • 25際以上 → P2(緑Pプレート)

 

P1ライセンス(25歳未満)を最低12ヶ月所持するとP2ライセンスを申請することができます。(ただし、18歳以上であることとオンラインで試験に合格する必要があります)

参考までに、LearnerのLライセンス(仮免許)を6ヶ月経つとハザード知覚テストを受けることができます。

Hazard perception test changes
ハザード知覚テストは、コンピュータで行われます。
路上の潜在的に危険な状況を認識し、適切に対応する能力を測定するそうです。

ステップ3|運転免許取得 (Full License)

Pライセンスで必要な期間を終えると以下の条件を満たし、申請書を提出すことによって正式な運転免許取得となります。

  • 身分証明
  • 健康的に運転に支障がないこと(必要であれば診断証明を提出)
  • ライセンス費用の支払い

 

Lライセンスから正式な運転免許取得までは最短でもおよそ3年ほどかかります。

参考までに・・・調査の結果16歳〜24歳の若いドライバーやライダーは、25歳〜59歳の大人のドライバーやライダーよりも衝突事故に巻き込まれる可能性が60%高いことがわかっているそうです。

スポンサーリンク

教習所がないオーストラリアで運転免許を取得する値段

教習所がないオーストラリアでは、運転免許を取得するために、それぞれの段階で支払っていきます。(トータル金額で言えば、日本の教習所で免許取得するより安いですよ)

教習所がないオーストラリアでは、免許取得までの金額はパッケージになっていないため年齢や取得までの期間、またはその他の条件によって運転免許取得までの金額はそれぞれで異なります。

ここでは参考までに大まかなものにかかる値段をこちらに紹介しておきます。

  • Lライセンスのための講習費 $25.75
  • 3年のLライセンス $137.30
  • ハザード知覚テスト $37.05
  • Pライセンスのためのテスト $60.25
  • Pライセンス $82.15〜$183.95
  • ライセンス付与の追加料金 $325.35

他にも色々と細かいものがあります。詳細が知りたい方はQueenlsand Governmentのサイトから確認できます。

参考までに・・・
Lライセンス時に必須の監視付き100時間の運転で同乗者を会社に依頼した場合1時間のレッスンで$60〜$90ほどかかるため、たいていは家族や知人にお願いして乗ってもらうことが多いです。

スポンサーリンク

オーストラリアは教習所がないってホント?【まとめ】

教習所がないオーストラリアでの免許取得方法、どうでしたか?

日本で教習所に通って免許取得するよりも、オーストラリアで免許取得する方が費やす金額は安いですが、オーストラリアでの正式な免許取得まではかなり長い期間が要されます。

世界を見たときに教習所のない国方が多いとしても、私的には全く運転初心者がいきなり路上で運転するのは怖いかな・・・という気持ちがあります(・_・;

うちの1番上の娘はオーストラリアでは免許取得の年齢になったのですが、母に似て怖がりなので教習所のないオーストラリアで免許取得するのはいやなようです^^;
なので、彼女は日本に帰った時に短期間で取れる教習所の合宿で免許を取得したいそうです^ ^
合宿で短期間で取得できるところを↓調べてみました♪

スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

オーストラリアライフ
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog