ガッテン!コレステロール下げるには?【数値を下げる食事とあげる食事】11月28日

気になる情報
スポンサーリンク

あなたは日頃の食事について考えたことありますか?!

何気なく口にしている毎日の食事・・・・きちんと考えた食事をしないと大変なことに!!

血液中の脂質に異常があっても自覚症状がない場合がほとんどなので、そのまま放置してしまい …… 血管の壁に血液中のコレステロールが付着して動脈硬化が進行してしまい …… 心筋梗塞・脳梗塞などの命に関わる病気や日常生活に支障をきたす病気を起こしやすくしてしまい、最終的には取り返しのつかないことになってしまうかも?! Σ(・□・;)

 

スポンサーリンク

コレステロールとは?

コレステロールとは脂質の仲間です☝︎

脂質にはコレステロールの他に中性脂肪(いわゆる脂肪と言われているもの。トリグリセライド)、リン脂質(レシチンなど)、脂肪酸(リノール酸・EPAなど)があります。

 

スポンサーリンク

コレステロールの働き

コレステロールは全身の細胞膜の成分になります☝︎

ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン、ステロイドホルモン)などや、ビタミンDの原料となり、食事の脂質やビタミンの吸収のお手伝いをします。

が、コレステロールはエネルギー源として使われることはありません☝︎

コレステロールには主に『LDLコレステロール』と『HLDコレステロール』があます。

 

スポンサーリンク

LDLコレステロール

LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」とも言われます。

LDL(低密度リポ蛋白)とは肝臓から出てきたリポ蛋白が小さくなったもので、血液中で最も数が多い粒子です。

この中に含まれているコレステロールをLDLコレステロールと言います。

全身組織や細胞は主にこのLDLからコレステロールを取り込みます。 

LDLは血管壁に入り込み、動脈硬化の原因にもなります。

そしてLDLコレステロールは肝臓から出てきたコレステロールを全身の細胞に運ぶ役割があります。

そのため、LDL(悪玉)コレステロール量が多いと、血管壁にコレステロールが蓄積して血液の通り道が細くなったり、血栓ができやすくなり、動脈硬化を促進させるため心筋梗塞や狭心症、また脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険を増すことにになってしまいますΣ(゚д゚lll)

なので、善玉をパワーアップさせるEPAを増やす必要があります!

 

スポンサーリンク

HDLコレステロール

HDLコレステロールは「善玉コレステロール」とも言われます。

全身の細胞で使い切れずに余ったコレステロールを肝臓に運ぶ役割があります。

血管壁の余分なコレステロールが取り除かれ、動脈硬化の防止につながります。

 

 

スポンサーリンク

コレステロールを下げるためには肉?魚?

レムナントコレステロールや悪玉コレステロールのように、血管に悪い影響を及ぼすコレステロールを下げるには、どのような食事をすれば良いのでしょうか?

魚の脂です!

特に青魚に多いEPAという「不飽和脂肪酸」は血液をサラサラにするだけではなくて、レムナントコレステロールの増加を抑える働きがあると言われています。

善玉コレステロールの機能が大事!だということがわかったのは今から7〜8年ほど前です

*善玉は量ではなくて、機能が重要!!

 

        ★ 善玉の能力が低い ➡︎➡︎➡︎ 脳梗塞になりやすい

        ★ 善玉の能力が高い ➡︎➡︎➡︎ 脳梗塞になりにくい。

 

これとは反対に、「悪玉コレステロール」を増やしてしまうので注意しなければいけない食べ物が、肉の脂です!

コレステロール数値の高めの場合は、必要以上にお肉を取り過ぎないように注意してください。

 

スポンサーリンク

青魚にEPAがたくさん含まれているのはなぜ??

 

青魚は、寒い海を旅するからなんです (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

青魚のほとんどは寒い海を回遊します。

そして、この冷たい海の流れには植物プランクトンが豊富に漂っています!

この植物プランクトンをイワシが食べ、植物プランクトン由来の油をゲットします。

それがEPAです。(EPAは血管を柔らかく保ち、動脈硬化を防ぎ悪玉を吸う力を高めます

 

 

スポンサーリンク

悪玉コレステロール(LDL コレステロール)を下げる最強の食べ物

 

          ☆☆☆ 青魚 ☆☆☆

     青魚 = さば・いわし・あじ・さんま・・・など

 

善玉には働くコレステロールの善玉と、働いてくれない善玉があります!(働いてくれる善玉は悪玉を吸い取ってくれるのです!!)

そこで、悪玉を吸ってくれる働く善玉を多くしなければいけません (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

働く善玉の数値を上げるための最強の食べ物は青魚です!!

    悪玉(LDL)の数値が高い人は要注意!!

 

一週間に2〜3回は青魚を食べましょう! 1ヶ月に一度しか青魚を食べない人と比べると、働く善玉の量は断然良いです! 

しかし、新鮮なお魚をそんなにしょっちゅう買ってきて食べるのは大変なこともありますよね?!

そんな時は、さば缶などの缶詰でも十分EAPを手軽に取ることができます!

(さば缶なら、一日1/4缶を食べることをオススメします☝︎

 

青魚のEAPは善玉の吸う力をパワーアップさせます!! 食生活に上手に取り入れて、病気を未然に防ぎましょう (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

*EPAは加熱によって参加されやすいので、お刺身でいただくのは効果大です!

 しかし、オリーブオイルにはEPAの酸化を防ぐ働きがあると考えられています。(カルパッチョ!いいですね〜)

 

また・・・日々の生活で、お肉をお魚に置き換えれば悪玉これロールを減らす効果も!

 

ちなみに、青魚だけではなくて・・・ナッツと緑茶にも善玉の吸う力をアップすることができます!

            ( ナッツ25g / 緑茶1杯 )

スポンサーリンク

悪玉コレステロールを下げるため、そのほかの食事

植物繊維の多い食事に心がける。

玄米、麦飯、雑穀、納豆、野菜、海藻、きのこ類、こんにゃく、、、などを増やした食事に心がけ、青背の魚や、大豆を増やした食事が良いです。

 

逆に、脂身のついた肉、ひき肉、鶏肉の皮、バター、マーガリン、ラード、ヤシ油、生クリーム、洋菓子、スナック菓子などは控えましょう!!

動物性のレバー、臓物類、卵類は控えた方が良い食事です。

 

基本的には日本食の魚、大豆野菜、未精製穀類、海藻、、、などなどを十分に、そして果物、卵を適量に、肉の脂身、バター、砂糖、黒糖を控えた食事に意識してみましょう!

 

☆ 植物繊維の力でコレステロールを排出 ☆

野菜や海藻、きのこ、玄米などの植物繊維の多く含まれている食事は、腸内のコレステロールや脂肪分を包み込み、体外に排出する働きがあります。

また、大豆や胚芽に多い植物ステロールは、コレステロールの吸収を妨げる役割もしてくれるので、日々の食事には植物繊維と植物ステロールをたっぷりとるように心がけましょう!!

 

 

スポンサーリンク
\忙しいママもお家で程よい運動ができますよ/
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog