タサン志麻伝説の家政婦のプロフやレシピ紹介!プロフェッショナル!10月8日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年10月8日(火)NHK【プロフェッショナル仕事の流儀】は『伝説の家政婦、再び〜タサン志麻の新たな挑戦』です。

《22時30分〜23時20分》

タサン志麻さん(料理専門の家政婦)の作るお料理のバリエーションは600以上だそうです。3時間で一週間分の作り置きを即興で作るタサンさんのお料理レシピが気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

プロフェッショナル/タサン志麻さんのプロフィールや仕事は?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 三原奈美@Nami PARKバランスボール (@miharanami) on

 

タサン志麻さんのプロフィール

 

タサン志麻さんは、1979年山口で生ました。

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュラン三つ星レストラン『ジョルジュ・ブラン』で研修生として厨房で研修をしました。

その後は、帰国して日本の有名フランス料理店などで15年働きその道のキャリアを積み、2015年にフリーランスの家政婦として独立活動を開始しています。

家事代行マッチングサービスの『タスカジ 』で定期契約顧客数がナンバーワンとなり、タサン志麻さんは「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれ評判になりました。

タサン志麻さんは、以前にも【プロフェッショナル仕事の流儀】で紹介されています。

 

 

タサン志麻さんは現在『作り置きマイスター養成講座』の講師や食品メーカーのレシピ開発などでも活躍されています。

タサン志麻さんは、フランス人の夫と子供2人と暮らしています。

 

 

タサン志麻さんの家政婦としての仕事

 

タサン志麻さんの人気は”予約が取れない伝説の家政婦”と呼ばれることからもわかると思いますが、依頼殺到の人気者です。

タサン志麻さんは、訪ねた家庭に残された食材と調理器具だけで、3時間でおよそ1週間分15品を超える作り置きを即興で作り上げてしまうのです。

しかも、ただ作ってくれるだけではなく・・・タサン志麻さんは本場フランスで三つ星レストランや、日本での長年の有名レストランでの経験からレストラン顔負けの本格フレンチや和食・中華・デザートまでバリエーションはなんと600以上もあるそうです☆

また、タサン志麻さんは訪れた家の中の状況や会話からヒントを得て、お客さんが求めている料理屋好みの味付けを生み出してくれます。

 

 

タサン志麻さんは、「世の働くお母さんは本当に忙しい・・・だから愛情込めて、家族のことを考えて少しでも助けになりたい・・・」という思いでお料理されているそうです♡

 

スポンサーリンク

プロフェッショナル/タサン志麻のレシピ本通販お取り寄せ!

 

”伝説の家政婦”として人気のタサン志麻さんはテレビや雑誌などかず多くのメディアで注目されています。

 

志麻さんは仕事で依頼を受けるとそれぞれの家庭でたった3時間で1週間分の食事を作り置きしてしまします☆それにはコツがあるようですね!?

 

志麻さんの自宅料理を一冊にまとめたレシピ本が↓↓こちらからも購入できますよ↓↓

 

↓↓「沸騰ワード10」で見たメニューがお家で作れるレシピ本です↓↓

 

 

 
↓↓志麻さんのルーツとなったレシピです↓↓

 

↓↓志麻さんの紹介する家庭料理でも応用できるフレンチスタイルの献立作りです↓↓

 

スポンサーリンク

プロフェッショナル/志麻さんの人気レシピ紹介

 

【志麻さんの鶏ハムレシピ】

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kengo Sakamoto (@kengo.sakamoto) on

 

材料(4人分)

 

鶏ムネ肉 1枚(250g)

片栗粉  適量

 

【だし】

市販のつゆ(濃縮4倍) 50ml

水   400cc

 

【ソース】

★プチトマト 1/2パック(1/4〜1/8に切ります)

★青じそ 2枚(粗みじん切りにします)

★玉ねぎ 1/4個(みじん切りにして水にさらします)

★レモン 1/4個(しぼります)

★オリーブオイル 小さじ1杯

★市販のつゆ(濃縮4倍) 大さじ1杯

 

作り方

 

① 鶏ムネ肉は皮をとって開きます。

② ①で開いた鶏ムネ肉にフォークで全体に穴を開けます(味をしみこみやすくするため)

③ ②で穴を開けた鶏ムネ肉に片栗粉を全体にまぶします

片栗粉をつけるとしっとりと下出来上がりになります。
④ 鍋のだしが沸騰したら③の片栗粉でまぶした鶏ムネ肉を入れます。
  市販つゆ(濃縮4倍) ➡︎ 
⑤ お肉全体がだしに使ったら火を止めて蓋をして20分そのまま置いておきます。
  余熱で火を通します。

⑥ 20分経ったら⑤の鍋から取り出して切り、お皿に盛り付けます。

⑦【ソース】の★材料を全てボウルに入れてよく混ぜます。⑥の切った鶏ムネ肉の上にトマトをのせて自家製ソースをかけたら完成です。

 

そのほかの人気レシピも⬇︎こちらから動画でチェックできますよヽ(^o^)

 

 

スポンサーリンク

プロフェッショナル/タサン志麻さんのタスカジとは?

 

タサン志麻さんが定期契約顧客数がナンバーワンとなった「タスカジ」とは、インターネット上でハウスキーパーを探して依頼できるマッチングサービスを提供してくれるところです。

一般の家事代行業者とは少し異なり、依頼者自身が自分の条件にぴったりあったフリーランスハウスキーパーの方を探して契約し、依頼することができるサービスです。

タスカジ上で結ばれる契約は”個人間直接契約”なので、依頼後にはタスカジのシステムを使って直接メッセージをやりとりし、自分のお願いしたい希望をタスカジのフリーランスハウスキーパーの方に直接伝えることで、自分の好みにオーダーメイドでお願いすることができます☆彡

 

 

↓↓志麻さんのようにあなたも特技が発揮できるかも!?↓↓

 

スポンサーリンク

プロフェッショナル/タサン志麻・まとめ

 

◎ タサン志麻さんは、1979年山口で生まれ、大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュラン三つ星レストラン『ジョルジュ・ブラン』で研修生として厨房で研修をしました。

◎ 日本の有名フランス料理店などで15年働きその道のキャリアを積み、2015年にフリーランスの家政婦として独立活動を開始しています。

◎ タサン志麻さんは、家事代行マッチングサービスの『タスカジ 』で定期契約顧客数がナンバーワンとなり、志麻さんは「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれ、数々のメディアにも取り上げられて注目されています。

◎ タサン志麻さんは『作り置きマイスター養成講座』の講師や食品メーカーのレシピ開発などでも活躍されています。

◎ タサン志麻さんは、フランス人の夫と子供2人と暮らしています。