田中彰(渓谷探検家)の経歴プロフやキャニオニングスキルとは?【情熱大陸】7月7日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年7月7日(日)TBS系列の【情熱大陸】は『田中彰 / 世界初!台湾のお口・前人未到の激流へ・・・命知らずの探検に密着』が放送されます。

ここでは渓谷探検家・田中彰さんが日本人としての第一人者であるウォーターアクティビティ「キャニオニング」についてや、田中彰さんについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

田中彰さん(渓谷探検家)のwiki風プロフィール

 

田中彰さんは渓谷の合間を駆け抜けることで人気の、新しいウォーターアクティビティ『キャニオニング』の日本人としてその第一人者で、世界トップレベルの知識と技術を持っていますヽ(^o^)

 

名前:田中 彰(たなか あきら)

生まれ年:1972年

出生地: 兵庫県淡路島

最終学歴:関西大学文学部私学・地理学科

(大学の探検部に所属)

大学卒業後:海外放浪生活を送る

2017年:国際キャニオニング協会(CIC)認定インストラクターになる

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Akira Tanaka (@akira.tanaka.canyoneer) on

 

スポンサーリンク

田中彰さん(渓谷探検家)の経歴は?

 

田中彰さんは1972年兵庫県・淡路島で種屋さんの長男として生まれました。

大学は関西大学文学部史学・地理学科で学ぶ傍ら探検部に所属し、アウトドア活動に目覚めました。

 

田中彰さんは大学在学中「木登り」で京都大学のある研究に参加し、アフリカの樹上で一ヶ月半という長い期間一度も木から降りずに暮らしたという経歴を持っています。

 

大学卒業後は海外での放浪生活を経て古来より川遊びが盛んな吉野川でラフティングのガイドを始めると同時に、大きな茅葺き屋根の住居を構え、トレーニングの日々を送ります。

 

「死ぬまでに何かで一番になる」ことを夢見ていた田中彰さんは、29歳の時にキャニオニングと出会ったそうですよ。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Akira Tanaka (@akira.tanaka.canyoneer) on

 

 

2017年にはアジア人として初めて世界でも9人しかいないという国際キャニオニング協会(CIC)認定インストラクターになります。

現在は自然の宝庫として有名な観光地・群馬県みなかみ町のウォーターアクティビティ体験施設・キャニオン図を拠点に、日本各地でアウトドアを楽しむ人たちのガイドをしながらアウトドアガイドなどで稼いだ資金を元手に、オセアニア・アジア・ヨーロッパ・南米などへの遠征を繰り返して「自分だけの道」を開拓し続けています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Akira Tanaka (@akira.tanaka.canyoneer) on

 

これまでの渓谷探検で大怪我をして再起不能になりかけたこともあったそうですよΣ(゚д゚lll)

それでも「前人未到の地」に自分の足で踏み入れて誰もみたことのない景色を目にしたい・・・と渓谷探検を続けています。

 

 

スポンサーリンク

田中彰さん(渓谷探検家)のキャニオニングとは?

 

キャニオニングとは、アメリカではキャニオニアリング(Canyoneering)として知られ、アウトドアスポーツのトレッキング・クライミング・懸垂下降・カヌー・水泳・飛び込みなどの要素を用いて渓谷の中を目的のポイントまで下っていく活動です。

登山の沢登りとは逆に渓谷を下っていくことを目的とします。

 

 

特別な要素を用いない沢遊びもキャニオニングと呼ばれることもありますが、本来のキャニオニングはより高度な下降技術高度な飛び込み・水泳技術やアクセスが容易でないところに入るため、地図とコンパスを用いたナビゲーションスキルやそのほかの野外活動スキルも要します。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Akira Tanaka (@akira.tanaka.canyoneer) on

 

【情熱大陸】では渓谷探検家・田中彰さんの挑戦(台湾・カーサ渓)に密着してくれるので、また追記したいと思います。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Akira Tanaka (@akira.tanaka.canyoneer) on

 

スポンサーリンク

田中彰(渓谷探検家)まとめ

 

◎ 田中彰さんは(渓谷探検家)は、渓谷の合間を駆け抜けることで人気の、新しいウォーターアクティビティ『キャニオニング』の日本人としての第一人者で、世界トップレベルの知識と技術を持っています。

◎ キャニオニングとは、アメリカではキャニオニアリング(Canyoneering)として知られ、アウトドアスポーツのトレッキング・クライミング・懸垂下降・カヌー・水泳・飛び込みなどの要素を用いて渓谷の中を目的のポイントまで下っていく活動です。

◎ キャニオニングは登山の沢登りとは逆に渓谷を下っていくことを目的とします。

◎ 田中彰さん(渓谷探検家)は、大学在学中「木登り」で京都大学のある研究に参加し、アフリカの樹上で一ヶ月半という長い期間一度も木から降りずに暮らしたという経歴を持っています。

◎ 田中彰さん(渓谷探検家)は、2017年にアジア人として初めての世界でも9人しかいないという国際キャニオニング協会(CIC)認定インストラクターになります。

◎ 田中彰さん(渓谷探検家)は、現在自然の宝庫として有名な観光地・群馬県みなかみ町のウォーターアクティビティ体験施設・キャニオン図を拠点に、日本各地でアウトドアを楽しむ人たちのガイドをしながら、オセアニア・アジア・ヨーロッパ・南米などへの遠征を繰り返して「自分だけの道」を開拓し続けています。

 

 

 

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活