英語苦手な私が独学で英会話を身につけた5つの方法紹介!

オーストラリアライフ

 

外国人観光客に道を聞かれたけど英語が苦手で上手に説明できなかった。なんて経験ありませんか?

英語の勉強は嫌いだけど、英語を話せるようになりたくないですか? 

昔の私は英語が話せなかったので、道で地図を開いている外国人観光客に声をかける勇気がありませんでした。
そもそも中学・高校の英語の先生が苦手で、授業はほぼ受けたことがなかった…..という感じで、どちらかというと英語の勉強は嫌いでした。

そんな私でも好奇心だけは旺盛で、海外の色々な国から来ている人たちと話がしたくて「世界共通語が日本語ならいいのになぁ〜」とくだらないことを考えていましたが、残念ながら英語を話さないとコミュニケーションが取れないので、いわゆる教科書を使った勉強はしませんでしたが、英語で会話するための努力をした結果、英語が話せるようになりましたよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

なので相変わらず「主語+動詞+なんちゃら〜・・・」みたいな勉強は嫌いです(^_^;)

そこでこの記事では、英語嫌いの私でも英会話が身につくまでに実践したことを紹介します♬

 

私のように勉強は苦手!机に向かって教科書開いてにらめっこするような英語の勉強はイヤ!…..だけど英語は話したいし、字幕なしで映画が観たいな!という人は、ぜひトライしてみてくださいネ。効果あると思いますよ♬  それに、2020年の東京オリンピックには海外からたくさんの人たちが来ますよね!それまでに英会話が少しはできるようになりたくないですか?

 

TOEICや英検、IELTSなどといった資格試験を控えてスコアを取らないといけない・・というような場合はまた別の話ですよ。

 

この記事は基本的に「海外旅行で困らないようになりたい」とか、「誰かと英語で会話を楽しみたい」「映画を字幕なしで観たい」……こんな感じの人におすすめです。

 

英語が苦手な私でも英会話が身についた独学方法5つとは?

 

私も英会話学校に通ったこともありました。ですが予約を入れたりキャンセルしたり、決められた時間に束縛されてしまうことが苦痛になり、私の性格では続きませんでした。

 

英語嫌いの私がどうやって英語が話せるようになったかというと、答えは⬇︎⬇︎これです。この5つのことをとにかく毎日繰り返して、行なっただけです♬

 

① 日本語字幕の映画を観る

② 英語の本を読む(ペーパーバッグを読む)

③ 英語で日記を書く

④ 英語でひとりごと

⑤ 英語で会話、実践あるのみ

 

お金や時間に余裕のある人にとっては英会話教室も内容の濃いところを選べば、きっと上達への一つの方法だと思います。昔は英会話スクールも高額のものが大半でしたが、今では結構リーズナブルで良心的なところがたくさんありますよね。なので、上の5つ+英会話スクールもいいですね(^_−)−☆

 

ここから先は、私の行なった5つのこと【日本語字幕の映画を観る英語の本を読む英語で日記を書く英語でひとりごと英語で会話、実践あるのみ】をひとつずつ詳しく説明していきますね♬

 

日本語字幕付きの映画やニュースを徹底的に観る

 

私のしたことは、自分の興味のある字幕付きの映画をとにかく何度も何度も繰り返して観ました。

 

① まず一通りしっかりと映画を観てストーリー内容を頭に入れます。

② 映画のストーリーは一通り頭に入っているので、字幕の部分を隠してもう一度観ます。

③ 映画に出てくる言い回しで実際の生活でもあり得そうなことや、使えそうなところはノートに書き出しておきます。(ただ、当時は日本語の字幕は出るのですが、英語の字幕はなかったので、英語がわからなかった私はなんどもその部分だけを巻き戻しては聞き直して必死に聞き取って紙に書き出していました。)

 

私が映画から学んだ時は、英語学習用に作られたものではなくて一般に観る映画だったので何を言っているのか英語の一語一句の言葉を読解するのが大変でしたが、最近では英語学習用にとても親切な解説付きの映画やアニメ・ニュースなどが教材になってるんですね☆

数ある動画を使った英語学習サイトの中の一つで、英語やアニメやニュースなどを英語字幕と日本語訳で学べるサイトがあるので別記事で紹介しています。興味のある方は『英語学習映画やアニメで楽しく学べるEEvideoの無料サイト紹介』をどうぞヽ(^o^)

 

私はとにかくひたすら映画を使ってこの①②③の3つを繰り返しました。

もちろん初めのうちは、えーーーーΣ(゚д゚lll)!?

何いってるのか全然わかんない!(・・?)・・という状態でしたが、全部のフレーズを完璧に聞いて理解しようとすると気の遠くなる話だったので、初めはかなり流して聞いて、とにかく目で見て想像から使えそうなフレーズや気に入ったフレーズだけを繰り返し巻き戻してはノートに書き出す・・・これを繰り返していました。

初めは小さな子供向けの番組や子供の映画・アニメなど、とにかく子供用のものから始めるのが良いと思います。

子供が使う英語って難しい単語が使われていないので、とっかかりやすいと思います。

耳が英語に慣れてきたら徐々に内容のレベルを上げていくのがいいですね(^_−)−☆

 

使えそうなフレーズは常にノートに書き留めて置いて、現実の生活に当てはめて一人で心の中でつぶやいていました。

 

英語の本(ペーパーバッグ)や新聞を空き時間にとにかく読む

 

私はペーパーバッグ(英語の本)にも挑戦しました。ペーパーバッグや新聞など英語の読み物を常に持ち歩き、電車の中や待ち時間などとにかく時間があったら必ず読むようにしていました。

 

① 英語の本や新聞を時間があれば常に読む。

② 何度も出てくる単語や使い回しはノートに書いて意味を調べる。

 

英語が話せないのに英語の本なんて読めるわけないじゃーん!!って思うかもしれませんが、意外にに大丈夫です!読めちゃいます♬

もちろん初めから完璧に全てを理解することは難しいです。一語一句を完璧に理解する必要はありません。私はなんとなくゲスしたり(きっとこう言う意味だろうな・・・)わからない単語があっても読み進んでいました。

 

何度も頻繁に出てくる単語があればその言葉をノートに書き出して、ちゃんとした意味を辞書で調べますそうやって読み進めていくうちにノートに書き出される単語の数が増え、何度も本の中で使われるのでその言葉を覚えていったのです。

 

最初の頃は、読み終えても内容を理解できていないこともありましたが、本のストーリってなんとなくゲスできちゃうんです(^_^;)

初めは字がおっきくて楽しそうな絵の多い絵本から始めましたよ♬絵を見ているだけでなんとなく話の内容が分かっちゃうし、字が大きいので読みやすいんです。

慣れてくると次は小学生の本 ➡︎ 中学生の本・・・へとレベルを上げていきました。

 

日本語で本を読むときもそうですが、難しすぎる本を選ぶのはダメ❌ですよ!

難しいと私は読み始めてすぐに眠くなってしまうか、意味がわからず最初の数行から前に進むことができなくて同じところを何度も読む羽目になり、つまらなくなって撃沈してしまいます。

英語の本も同じです。優しい本から始めることをおすすめしますヽ(^o^)

 

私はお気にいいりの本を見つけたら同じ著者の本を全シリーズ制覇しました。著者が同じだと内容が受け入れやすかったりしますよ。

 

私が読んだ本の中で、かなりお気に入りだったのが『Charlie and the Chocolate Factory / Roald Dahl』です。

このストーリーはかなり私のツボに入ったので、DVDも購入し、何度も何度も観ました。そしてRoald Dahlの本を全シリーズ制覇しました。

 

↓↓これがCharlie And The Chocolate Factoryです↓↓

Roald DahlCharlie and the Chocolate Factoryのストーリーが気に入ったら「Roald Dahl」の他の本も読んでみるといいと思いますよ(^_−)−☆

 

Charlie and the Chocolate Factory🍫は初心者にはかなりおすすめの本だと思いますよ。これ、私が大学生の時に読んだものを大切にとっていたので➡︎ 娘 ➡︎ 息子 ➡︎ 息子とみんな読みました。

 

ちなみにRoald Dahlの他の本が読みたい方は別記事で紹介しているので『英語初心者におすすめのペーパーバッグ紹介!無理なく読める洋書はこれ!』をどうぞヽ(^o^)

 

英語で日記を書く

 

英語で日記なんてかけないよー!って思うかもしれませんが、私が実際にやった「英語で日記を書く」ということは、日記というよりもその日1日あったことを箇条書きで書いていました。

文章でちゃんと書かなくては・・・と思ってしまうと、難しく考え込んでしまって書くのがおっくうになってしまいます。

 

初めはその日あったことやしたことなどの事実だけを短い文で箇条書きにしていきました。

今は、「Google翻訳」を使って自分が英語で書いたことがちゃんと意味が通じるかどうかチェックすることができますよね。

 

英語でひとり言

 

私が行なった「英語でひとりごと」というのは、ブツブツ声を出して独り言を言うのではなく、心の中で思ったことや頭で考える時などの全てを英語で考えるようにしたのです。

 

例えば、「お腹ペコペコだな・・・」と思うところを、『I’m so hungry』または『I’m starving』と心の中で呟くのです。

 

ついつい心の中のどうしても日本語になっていますが、「違う!違う!」と自分に言い聞かせて英語で考えるようにするのです。それをずっと繰り返して、「あれ?なんていう単語を使えばいいんだっけ?と気になるときは調べます。」

もちろん家にいるときは口に出して言った方がいいのですが、外にいるときは声を出してひとりごとは私的にちょっと恥ずかしかったので、心の中でつぶやいていました(^_^;)

 

また、この記事の先で説明ましたが、映画を観て使えそうなフレーズをノートに書きとめていたので、その中のフレーズが使えそうなシチュエーションに出くわしたら自分の中で使ってみましたよ♬

 

「ひとりごと」は私的には結構楽しんでやっていました♬ 

 

 

実際「そんなの小学生でも知ってるよー!」って言うような「1、2、3、4、5、6・・・」と、数を数える時なども「いち、に、さん、し、ご、ろく・・・」ではなく「one, two, three, four, five, six・・・」と言うように、常になんでも英語で考えるようにしました。そこで単語がわからないときは辞書で調べます。

 

 

英語は実践あるのみ

 

英語を話せるようになるには実践あるのみです♬ とにかく知っている言葉を使ってできるだけ話してみましょう。

海外観光客が訪れるところに行ってみるとか、写真をとっている観光客の人たちがいたら、自分から「写真撮りましょうか?」「Would you like me to take a photo foryou?」と申し出てみたり、積極的に使う場面があればどんどん使ってみました。

基本的に海外から観光できている人たちはとってもフレンドリーです♬

 

また、日本にワーホリできているけど日本語をもっと勉強したい人も中にはいます。そいういう人と知り合う機会があれば、日本語と英語をお互いに教えあう・・・ということもしました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mei (@mei.stugram) on

 

とにかく実践あるのみ!とは言っても、なかなか使う場面なんてないよ!というのが現実かもしれませんが、今はオンライン英会話というものがかなり浸透していますよね。そいういうのを上手に利用してみるのも考え方によってはありじゃないかと思います。

 

英語が苦手な私でも英会話が身についた独学方法5つ・まとめ

 

最後に英語嫌だった私が英会話で困らなくなった独学方法をまとめておきますね♡

 

① 日本語字幕の映画を観る

② 英語の本を読む(ペーパーバッグを読む)

③ 英語で日記を書く

④ 英語でひとりごと

⑤ 英語で会話、実践あるのみ

 

この5つをとにかく毎日続けているうちに、ある日朝起きて….あれ?….『夢』が英語だった!?な〜んてこともありましたよ♬

以上、英語が苦手な私が行なった方法ですが、人それぞれやり方は色々だと思うので、あくまでも参考に色々アレンジしてみてくださいネ☆

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。