【この差って何】「うな重」と「うな丼」の違いと、2種類の器がある理由は?4月23日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年4月23日(火)TBS系列【この差って何?】の放送で、

『うなぎ』について紹介されます。

 

うな丼とうな重・・・あまり考えたことがないですが、

確かに何が違うんでしょうね!?

そして、うなぎは「夏バテ防止にうなぎを食べよう!」と

夏の「土用の丑の日」にはうなぎを食べる人が多いですが、

一体うなぎの何が良いんでしょうか!?

 

私が気になったので、調べて見ましたヽ(^o^)

 

スポンサーリンク

うな丼とうな重の違いは?

 

うな丼

 

 

 

うな丼は、丼鉢に盛られた白飯の上に

うなぎの蒲焼を乗せた日本の丼物ですよね。

 

この料理は、江戸(東京)の郷土料理とされる

日本料理の一つです。

 

丼鉢にご飯をよそって特製のタレをかけ、

うなぎの蒲焼をのせます。

 

地域によってはその上にさらにご飯を盛り、

うなぎを覆い隠すこともあるそうですよ。

 

うな丼は丼飯の歴史の中でも最も古く、

文化年間(1804年〜1818年)に誕生したそうです。

 

 

うな重

 

 

 

入れ物として重箱を使った場合は、「うな重」と呼ばれます。

うな丼とうな重の違いは入れる器のみだと言われますが、

うな重の方が必然的にその器の形から、

入っているうなぎの量が多いとも言われます。

 

また「うな重」ではほとんどの店が肝吸いがついていますよね!

 

『うな丼』と『うな重』の違いは?

 

うな丼とうな重の違いは、「うなぎの量が違う」

だそうですよ!

うなぎの質はどちらも同じで、中に入れる量が

うな重の方が多いようです!!

 

たったそれだけでしたΣ(‘◉⌓◉’)

 

 

スポンサーリンク

「うな丼」と「うな重」2種類の器があるのはなぜ?

 

むかしむかし・・・・

洋食中心の食事をしていたお役人さんが

うな丼屋さんのそばを通りかかった時に・・・

 

うな丼屋さんが庶民に人気で行列ができているのをみて、

うな丼が食べたいと言い出し、お役人の執事が

うな丼の出前を頼みました。

 

しかし、お役人さんに届けられたうな丼は

配達に時間がかかりすぎて、

すっかり冷めてしまったのです。

 

そのため、次の日にもう一度届けることになり、

今度は、お正月などに使われていたおせちの重箱に

うなぎとご飯を詰めてうな重を作り、

 

さらに

その重箱は重ねることができるので、

うな重を冷めさせないために、

下にお湯を入れた重箱を重ねることにしました。

 

⬇︎こんな感じで・・・

(お湯を入れた重箱➡︎うな重➡︎お湯の重箱)

 

その結果、うな重が冷めることなく

お役人さんのところにホカホカのうな重を

届けることに成功したのです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

お中に入ったうなぎが、うな丼よりも高級感がある!

と、庶民の間でも評判になり、

 

店主は「うな丼」とは別に「うな重」も

お店で出すことにしたそうですよ。

 

そして、当時の重箱は丼器よりもひと回り

大きかったため、うな丼と同じ大きさのうなぎを

のせると下のご飯が見えてしまいスカスカになって

しまうので・・・

 

『うな重』はうなぎを増量し、

その分値段も高く設定して販売したそうです!

 

その名残から、今でもうなぎ屋さんでは

「うな丼」と「うな重」2種類のうなぎが

あるんですってヽ(^o^)

 

な〜るほどですね♬

 

 

スポンサーリンク

『うなぎ』が夏バテ防止に良いわけは?

 

うなぎには、体に良いとされる栄養素がたくさん含まれています!

 

うなぎは、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2

ビタミンD・ビタミンE・DHA・EPA・

ミネラル(鉄・亜鉛・カルシウム)・・・などなど

体にとても大切な栄養素が豊富に含まれています。

 

昔から夏の暑い「土用の丑の日」ひうなぎを食べるように

夏バテ解消に効果的だと言われていますよね。

 

でも、それだけではないんです!

 

うなぎは、視力の低下や皮膚などの健康を維持するための

美容効果があるんです♬

 

そして、脳卒中の予防・口内炎・丈夫な骨の維持・

高血圧予防など様々な効果が期待されます。

 

しかも、うなぎって以外に低カロリーなんですって!

そんなことから、うなぎは人の体にとってはとても

理想的な健康食品のようですよ(^_−)−☆

 

「うなぎ」のビタミンA

 

ビタミンAは皮膚の粘膜の潤いを保ってくれる

効果があると言われています。

 

うなぎ一匹で、成人が1日必要とる量をじゅうぶんに

満たしてくれるそうですよ。

 

ビタミンAは目の働きを良くする効果があると言われています。

 

 

「うなぎ」のビタミンB群

 

ビタミンB1は、体が疲れた時などの疲労回復効果が

あります。

ビタミンB2は口内炎や髪・爪・皮膚などを健康に

保ってくれる言われています。

その結果、美肌や美容に効果的だとされているんですよ♡

 

しかし一つ残念なことに、

美容には欠かせないビタミンCがうなぎにはかけているので

ビタミンCは、うなぎと一緒にお野菜などで補いましょうね!

 

 

「うなぎ」のビタミンD

 

健康なはや骨を維持するのに大切な栄養素のひとつです。

ビタミンDはカルシウムと一緒に摂取することによって

骨粗しょう症の予防にも効果的だと言われています。

 

 

「うなぎ」のビタミンE

 

ビタミンEは抗酸化作用があり、細胞の老化を防止する

働きがあります。

アンチエイジングにはもってこいの食べ物ですネ(^_−)−☆

 

 

「うなぎ」のDHA

 

頭が良くなる栄養素として有名なDHAがうなぎには

豊富に含まれています。

記憶力や視力の回復効果の他にもDHAは、ガンや心臓病、

高血圧、糖尿病、脳卒中、動脈硬化の予防と改善にも

効果的だと言われています。

また、DHAには悪玉コレステロールを減らす作用も

あると言われています。

 

 

「うなぎ」のEPA

 

EPAは血管の病気と言われている脳梗塞や

心筋梗塞などの予防にも効果があります。

また、コレステロールや中性脂肪を減らす

働きもしてくれるそうですよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

うなぎには栄養がある!・・・というのは

わかっていましたが、うなぎは「カロリー高そう!」

「脂質が多そう!」「太りそう〜」って思っていましたが、

それは間違いだったようですね(^_^;)

 

むしろ、うなぎは女性にとって嬉しい美容効果や

アンチエイジング効果がある栄養素たっぷりの

食べ物だったんですね!

 

今やサバの缶詰でもおなじみになりましたが、

DHAやEPAもうなぎから摂取できるということですね♬

 

しかし、唯一含まれていないのがビタミンC・・・

ということで、ビタミンCは野菜や果物や他のものを

一緒に食べておぎ合わないとですねヽ(^o^)

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました(*´◒`*)