【東京コーヒーフェスティバル2019春】いつ・場所/アクセス・値段・出店カフェ情報まとめ!

気になる情報
スポンサーリンク

2015年に始まった日本最大級のコーヒーフェスティバル!

今回は約60店舗のコーヒーロースターやカフェショップが国内外から

集まりますヽ(^o^)

 

日本初出店のお店もあります!

 

フェスティバルでは、

世界各地の100種類以上のコーヒーの飲み比べができますよ♬

 

ここでは、『東京コーヒーフェスティバル2019』の

イベント情報をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

『東京コーヒーフェスティバル2019』日程は?

 

開催日 : 2019年4月13日(土曜日)〜2019年4月14日(日曜日)

開催時間: 11:00〜17:00(予定)

 

 

スポンサーリンク

『東京コーヒーフェスティバル2019』場所は?

 

東京・青山国連大中庭にて日本最大級コーヒーイベント

『東京コーヒーフェスティバル2019 spring/TOKYO COFFEE FESTIVAL』

が開催されます。

 

【 住所 】 

〒150−8925

東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学中庭

*Farmer’s Market@UNUと同時開催

 

 

 

アクセス 

【 電車 】

表参道駅B2出口より徒歩約5分

渋谷駅より徒歩約15分

 

入場料金

 

入場料金は無料ですヽ(^o^)

雨天決行、荒天中止になる場合があります。

 

(注)イベントの諸々の状況が変更になる場合があるかもしれないので、

事前に最新情報をご確認ください。

 

⬇︎ お問い合わせ先 ⬇︎

お問い合わせ URL : https://tokyocoffeefestival.co/contact

 

⬇︎東京コーヒーフェスティバル 公式サイト⬇︎

東京コーヒーフェスティバル2019 spring 

 

 

スポンサーリンク

『東京コーヒーフェスティバル2019』出店舗は?

 

海外からの出店14店舗(最大20店舗)が集まり、

コーヒーロースター、カフェ、コーヒーの

お供となるフード、アイテムなどを含む約60店舗が出店予定です。

 

毎回大好評の100種類以上のコーヒー飲み比べでは、今回も恒例の

陶磁器製のオリジナルミニマグに加え、イベントの後も使える

オリジナルタンブラーも紹介されます。

 

また、新企画の『GUSET CITY』と言って海外の都市を取り上げ、

コーヒーカルチャーや歴史などをピックアップし、注目のロースターを

紹介する企画が、今回から開始されます。

 

初回に取り上げられるのは、「オーストラリア・メルボルン」で、

イタリア文化がベースのメルボルンのコーヒーはここ数十年で、

文化や民族が急激に多様化することによって劇的な変化を遂げながら、

メルボルン独自の文化として成長してきましたが・・・

そんなメルボルンのコーヒーカルチャーを感じてもらうことを目的に、

現地から『ST.ALi』(セントアリ)「Patricia Coffee Brewers」など

6つのカフェとクラフトチョコレートメーカー「Hunted+Gathered」

が、日本初出店となります。

 

 

さらに、東京とアジアのコーヒーファーマート繋ぎ、

アジアの新しいコーヒーカルチャーを作る「CUP OF ASIA(カップ・オブ・アジア)」がスタートします。

日本に最も近いコーヒー生産地で、今まさに盛り上がろうとしている『アジア』

のコーヒーに注目し、1回目は生産者を交えたトークと、ロースターと

生産者を繋ぐことを目的とした『カッピング&オークション』が実施されます。

(注)これは事前申し込み制のようです。

 

そのほかには、

ベトナム、イエメンの新しい収穫のコーヒーのほか、

インドネシア、ミャンマー、ネパール、ラオス、タイ、中国など・・・

アジアのコーヒーを気軽に味わえる貴重な機会です!

 

 

これを機にお気に入りのコーヒーが見つかるといいですね(^_−)−☆