名医の太鼓判 最強の黄色い鍋はなに?突然死の原因AGEとは? 12月10日

気になる情報
スポンサーリンク

12月10日の「名医のTHE太鼓判」では、老化の元凶、悪玉物質【 AGE 】に着目!です。

AGEが体内に大量に蓄積されると、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こし、突然死のリスクを高めると言われています。

美味しく食べて、健康効果倍増!そんなAGEの多量摂取を防ぐ名医オススメの「鍋料理」のレシピとは??

 

スポンサーリンク

最強の黄色い鍋って?

突然死のリスクを低下させる最強の「黄色い鍋」

それは 【 生姜鍋 】!!!

生姜はAGEを抑制して、血糖値の上昇も抑えてくれます。

生姜以外にもニンニクやネギが効果があるとされていますが、生姜はニンニクの8倍!、ネギの2倍!の効果があるそうです。

 

【 生姜鍋の作り方 】

材料

たっぷりの千切り生姜

白だし

バラ肉

にら

(ポイント)

生姜は千切りにしたものを水に一度晒すと辛みが抑えれるそうです。

またこれに生姜をすりおろしたものを加えるのも良いそうです。

 

作り方

1、 鍋に白だしスープを入れます。

2、 火にかけて食べやすく切ったバラ肉、ニラを加えます。

3、 たっぷりの千切り生姜(1キロほど)を入れて蓋をし、

   生姜がしんなりとなったら完成です。

 

 

 

スポンサーリンク

悪玉物質 AGEとは?

AGEとは【 Advanced Glycation End Produgacts 】の略語で、終末糖化産物、後期糖化生成物 ・・・などと訳されるそうです。

 

これはタンパク質の糖化反応によって作られる生成物の総称で、身体の様々な老化に関与する物質だそうです。

 

AGEが蓄積することで、血管が痛み、動脈硬化が進むことで糖尿病性抹消血管障害をはじめとしたさまざまな病気が進行します。

またAGEは動脈硬化以外にも、アルツハイマー病の進行や、肺の炎症にも大きく関与しています。

さらに、活性さんそとも密接に関係しているので、老化そのものとも深く関わっています。

 

スポンサーリンク

AGEが多く含まれている食べ物とは?

食事でも摂取量を考えなければいけません。

どんな物質を摂取することでAGEが増加するのでしょうか?・・・

まず、タンパク質がとうと一緒に加熱されることでAGEが作られます。

 

ホットケーキは小麦粉を牛乳を混ぜて焼いているのでAGEが多く含まれます。

タレをつけて焼いた肉や、焼き鳥、唐揚げなどにも多く含まれます。

特に、揚げ物・焼き物・とんかつ・ステーキ・フライドポテトなどの炭水化物やタンパク質を多く含み、かつ熱が加わっているような食品にはAGEが多く含まれます。

 

 

名医の太鼓判【めまい・むくみ】予防・治療法!弾性ストッキングと食事法の効果は?1月7日
1月7日放送の【名医のTHE太鼓判】では『冬の不調むくみ・めまい一週間で改善』が紹介されました。 【番組日時】 1月7日 19時00分〜20時00分 放送 【出演者】 MC : 渡部建(アンジャッシュ)さん・山瀬まみさん レギュラ...