それダメ!骨を強くする方法【食べ物・運動・週間】骨ホルモンを増やす方法は?2月27日を

気になる情報
スポンサーリンク

1月27日(水)放送テレビ東京【ソレダメ?〜あなたの常識は非常識!?〜】で、「新常識で骨丈夫&花粉症予防SP」が紹介されます。

この番組は誰もが当たり前のように行なっている生活習慣や行動に潜んでいる、とんでもない間違いに「ソレダメ!」・・・

意外と知らないダメなことに対して、正しいやり方を再現VTRや専門家の解説・実証実験などを交えて紹介してくれます。

 

ここでは骨ホルモンについてまとめます。

 

骨が弱くなってしまうと・・・

骨粗鬆症になってしまいます Σ(゚д゚lll)

 

スポンサーリンク

骨ホルモンを増やす方法は?

 

骨ホルモンとは骨から分泌されるたんぱく質の一種です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

そして骨ホルモンが減ってしまうと、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

★ 骨ホルモンは、脳の神経細胞を活性化させ、記憶力や認知機能を高める

  という実験結果が得られたそうです。

 

骨を強くすれば(骨の密度が高まれば)予防になる。

 

そのために・・・・・(骨を強くするには)・・・

 

カルシウムはあくまでも骨の材料なので、それだけではダメです!

 

40歳頃から、骨の破壊と再生スピードが徐々に低下します。

          ⬇︎

  骨が弱くなってスカスカになってしまいます。

 

骨づくりを活発にするには、みかんがいいんですって (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

みかんに含まれるβークリプトキサンチンは、骨破壊と再生を促進しスピードアップしてくれます。

 

甘いみかんを選ぶには ➡︎ お尻の部分がボコボコになているのを選ぶといいです!

 

骨を強くするには食生活だけではなくて、お風呂に入ることが良いです!

(ポイント)は入る時間です!!

骨を強くするには、朝風呂に入るのが効果的です。

 

増やした骨ホルモンは「ビタミンK」で骨ホルモンがより活性化します。

 

ビタミンK納豆(特にひき割り納豆)を食べることによって増加します☝︎

 

 

スポンサーリンク

骨ホルモンが増えるとどんな効果がある?

 

骨ホルモンが増えると、糖尿病を改善する働きがあることが判明しているそうです。

運動をすることで骨ホルモンの量を現状維持、または微増が期待できます!

 

見た目が老けているように見える人たちは骨密度が低く、見た目が若そうに見える人は骨密度が高いのだそうです!

骨ホルモンが増えると老化予防にも期待ができるようです。

また、骨ホルモンが全身の臓器や組織に働きかけて様々な疾患を予防・改善できます。

 

さらに、動脈硬化や認知症などの予防効果も期待されていると言われています。

 

骨ホルモン維持にはジャンプをすることが効果的です!

ジャンプをすることで、骨ホルモン破壊防止になります。

 

骨を強くする超簡単な運動とは・・・・

★ 自宅で簡単にできる運動 ➡︎ かかと落とし ★

 ➡︎ 

爪先立ちしてからかかとを落とします。

10回を1セットで1日3セットを目安にします。

 

スポンサーリンク

骨を強くする方法は?食べ物・運動・習慣

 

大豆にふくまれるイソフラボンという成分。納豆とか油揚げとか豆乳、大豆食品を食べると、

骨に非常にいいことがわかっています。

 

骨を強くするためには、カルシウムだけではなくたんぱく質ビタミンD

ビタミンKも必要です。

 

タンパク質は骨の大切な材料になるので、十分摂るようにしましょう!

 

牛乳大豆などはアミノ酸バランスの良い良質なたんぱく源です。

ビタミンDは腸でのカルシウムの吸収を高める働きがあり、などのキノコ類に多く含まれます。

 

骨を丈夫に保つために、食事でカルシウムを十分に摂取する必要がありますが、1日に必要なカルシウムは、男性で700mg〜800mg、成人女性で650mgですが、日本人の多くがこれが不足しています。

 

そして適度な運動も必要です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

例をあげると・・・・

散歩なら1日30分程度

水泳なら週2回、自分でできるスタイルでゆっくりと30分泳ぐと良いそうです。

また、泳げない人はプールを自分のペースで30分程ゆっくりと歩きましょう

水中散歩は膝や腰に負担をかけずにできる手頃な運動です。

 

骨は強度を保つためにホルモンの働きによって常に作り替えられます。