シワ改善美容液ポーラのリンクルショット!開発者末延則子さんとは?

気になる情報

2019年10月7日(月)NHK【逆転人生】の放送で、シワ改善美容液・ポーラ(POLA)の『リンクルショット』を長い年月をかけて開発をした末延則子さんの逆転人生が紹介されました。

シワ改善美容液・【POLA】リンクルショット は初めて国が認めた医薬部外品として承認された商品で、発売から2年で260億円を売り上げています。

末延則子さんをはじめとした研究員の方の長年の開発や、販売員さんの情熱などをみて、とても素敵な商品だと思ったので、開発に携わった末延則子さんの逆転人生を踏まえながら商品を紹介したいと思います。

 

シワ改善美容液ポーラのリンクルショットとは?

 

【POLA】リンクルショット は”シワを改善する美容液”で医薬部外品として初めて国に承認された商品です。

 

※スキンケア用品には3つのカテゴリーがあります☝︎

①化粧品

②医薬部外品 国の承認を受けて販売・症状の防止、緩和、美容、衛生が目的

③医薬品   国の承認んを受けて販売・病気の治療を目的とした薬

 

紫外線や日常的笑ったり泣いたりなどによる表情圧による炎症を、肌がキズだと勘違いしてシワを作ってしまう働きを改善してくれる医薬部外品が『リンクルショット 』シワ改善美容液です♡

 

シワ改善美容液ポーラのリンクルショットの効果は?

 

シワ改善美容液の開発者・檜谷さんは自身の顔の半分に使用して、半分は使用しない・・・ということでご自分の肌で実際に試して、その効果を証明されています。(番組でも見せてくれました。)

 

POLA リンクルショット スペシャルムービー①/株式会社ポーラ

 

シワ対策に重要な3つの成分とは?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rie (@riepuu.56124) on

 

シワ対策に最も重要な成分には↓3つ↓あります☝︎

★ コラーゲン

★ ヒアルロン酸

★ エラスチン

 

コラーゲンやヒアルロン酸は馴染みのある言葉だと思いますが、エラスチンというのは、私は初耳でした(^_^;)

エラスチンとは、コラーゲンが横になったり斜めになったりしないように間にクッション役として支えているものなんですって☝︎

 

 

そこで、末延則子さんの研究チームでは、シワがある皮膚とシワがない皮膚ではそれぞれの組織にどんな違いが隠されているのか!?・・・ということを調べるために皮膚のサンプルを取り、違いがわかるまでコツコツと1年半の期間をかけて徹底的に観察をしました。

 

その結果、シワがある皮膚には好中球エラスターゼという成分が含まれていることがわかりました。

『好中球エラスターゼ』とは、もともとは皮膚が傷ついた時に白血球から分泌される酵素です。

 

皮膚が傷つくと、その周辺のコラーゲンやエラスチンも傷ついてしまいます。そしてその時に『好中球エラスターゼ』が傷んだコラーゲンやエラスチンを取り除くことで傷が治るのを助ける役割をします☝︎

シワは傷ではないのになぜ「好中球エラスターゼ」が集まっていたのか!?ということですが・・・

それは・・・紫外線を浴びたり笑ったりすると皮膚に軽い炎症が起きます。それを体が傷だと勘違いしてしまい「好中球エラスターゼ」が分泌されるんだそうです。そして近くにある正常なコラーゲンやエラスチンを壊してしまうんです(>_<)

 

なので、シワを改善するには「好中球エラスターゼ」の働きを抑える物質を見つけなければいけません。

末延則子さんの研究チームは、地道な実験をさらに1年半続けた結果、たったひとつの有効成分『ニールワン』にたどり着きました。

 

 

『ニールワン』の好中球エラスターゼを抑え込む成分は抜群だったのです!!

しかし、

ニールワンは水と混ぜると徐々に効果がなくなっていく・・・という弱点がありました。

化粧品を肌に浸透させるには大抵は水と混ぜているのです。しかしニールワンは水と混ぜると効果がなくなっていき、その効果は2年しか持たないそうです。

 

国の承認を得て医薬部外品として売り出すには、品質が3年は持続することが必須条件です☝︎

 

シワ改善美容液ポーラのリンクルショットの末延則子さんとは?

 

末延則子さんが開発を始めたのは35歳の時でした。

それまでは末延則子さんの研究が商品化につながったことは一度もなく、いわば落ちこぼれ研究員だったようです(>_<)

 

末延則子さんの転機となったのは、2002年1月に辞令を受け取ってからです。

辞令はシワ部門のリーダーへの任命でした。

そこから苦節15年、リンクルショット は末延則子さんにとって50歳で初めての商品化となりました。

 

 

完成させたリンクルショット はものすごい大ヒットとなり、末延則子さんは見事ウーマン・オブ・ザ・イヤーに輝きました👏👏👏

 

シワ改善美容液リンクルショットはチョコミントアイスがヒント!?

 

ニールワンは水と混ぜると徐々に効果がなくなっていく・・・という弱点を持っていますが、水を使わなくても成分を肌に浸透させる方法を研究員の檜谷さんがチョコミントアイスから思いついたそうです💡💡💡

 

 

檜谷さんは、ニールワンを無理やり水に溶かすのではなくチョコミントのチョコのようにそのまま練りこんでしまえばいい!ということに気づいたんです!

もともと肌の持っている水分を利用して、どんどんニールワンを肌に浸透させていくことができる!と気づいたんです。

水に不安定なニールワンをワセリンのようなものに混ぜることで、(ニールワンは溶けないで練り込めるので)安定配合できるようになるようです。

 

シワ改善美容液・厚生労働省の審査のポイントは!?

 

【POLA】リンクルショット を医薬部外品として発売するには厚生労働省の審査をパスしなければいけません。

その審査の内容は↓これら3つの項目です。

①シワ改善美容液が本当にシワを改善する効果があるかどうか

②製造から3年経っても品質が維持できるかどうか

③安全かどうか

 

リンクルショット は被験者が数ヶ月使用した結果、シワの深さが平均でおよそ10%改善・アレルギーのパッチテストで安全性試験もクリアしました。そして2009年6月に結果を厚生労働省に提出しますが、他者の化粧品を使った人に肌がまだらに白くなる症状が現れ、およそ2万人の人たちが被害にあったことから、シワ改善美容液の審査は完全にストップになってしまいました。

 

それでも研究チームは諦めず、140人の被験者に1年間リンクルショット を使用してもらい異常が起きないか徹底的に調べました。その費用は1億円かけた異例の安全性試験でした。

医師が1年間診断した結果、リンクルショット は全ての項目で安全と判定され、その半年後に厚生労働省から審査再開の連絡が入りついに医薬部品として承認され、【POLA】リンクルショット は国が認めたシワ改善美容液の第1号となったのです☆

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yoshiharu amour (@yoshiharu_amour) on

 

シワ改善美容液ポーラのリンクルショット/末延則子さん・まとめ

 

【POLA】リンクルショット は”シワを改善する美容液”で医薬部外品として初めて国に承認された商品です。

◎ 紫外線や日常的笑ったり泣いたりなどによる表情圧による炎症を、肌がキズだと勘違いしてシワを作ってしまう働きを改善してくれる医薬部外品が『リンクルショット 』シワ改善美容液です。

◎ シワ改善美容液リンクルショット の効果は、開発者・檜谷さんが自身の顔の半分に使用してその効果を紹介しています。

◎ リンクルショット は1億円をかけ140人の被験者に1年間使用してもらい異常が起きないか徹底的に調べるという異例の安全性試験をしています。

◎ 開発リーダーの末延則子さんがリンクルショット の開発を始めたのは35歳の時です。 そこから15年かけて末延則子さんが50歳で初めてリンクルショット が商品化となりました。