【この差って何】『令和』の「レイ」2種類の漢字がある理由は?4月16日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年4月16日(火)TBS系列放送の【この差って何ですか】では

5月1日から新しい元号にも使われている、

『令和』の「令」という漢字には2通りの漢字があります。

 

番組ではその『令』という漢字について教えてくれました。

 

ここでは、その『令』という漢字が2種類あることについて

番組で教えてくれたことを紹介します。

 

スポンサーリンク

2通りある『令』の漢字の違いについて

 

新元号の発表でも使用された

下の部分が「刀」のような形をした漢字と、

カタカナの「マ」のような形をした漢字の2種類です。

 

これらは明朝体と楷書体の違いで、どちらを使っても

間違いではありませんヽ(^o^)

 

しかし、そもそもどうして2つの異なる漢字が

存在するのでしょうか・・・ということで・・・

 

「この差って何ですか」の番組の中では、

大東文化大学文学部准教授の

「山口謡司先生」が教えてくれました。

 

多くの方が「刀」のような形の方の『令』が先にできたと

思っているようですが・・・・

実は「マ」の方が先にできた漢字だそうです。

 

下が「マ」のような漢字の方は?

 

 

もともとこの漢字は、どういう風にして生まれてきたかというと、

『象形文字』からですが、

令月 ➡︎ 美しい という意味(令和の由来)

命令・司令 ➡︎ 言いつける という意味

建物の下で言いつけを聞いている様子の象形文字からできました。

だいたい7世紀くらいに今の漢字の形になったそうです。

 

 

下が「刀」のような漢字の方は?

 

 

もう一つの下の部分が「刀」のような形の方は・・・

16世紀頃の中国の明という時代に作られました。

とういうことで、先にできた漢字は下が「マ」の方です。

 

スポンサーリンク

なぜ下の部分が「マ」➡︎「刀」に変わった?

 

なせ『令』の下の部分が「マ」➡︎「刀」に変わったかというと、

 

『木版印刷』が原因だったようです。

 

当時は木に文字を彫って版画のように印刷をして

書物などが作られていました。

 

その時に、「マ」の部分を掘るのが難しいので、

彫りやすい「刀」のような「令」になったそうです

 

ということで、どうして2通りの「令」という

漢字が存在するかについては、

ただ単に印刷屋さんの問題だったようですね(^_^;)

 

『令』以外にも木版印刷の彫りやすいから・・・

という理由で元々の感じから変わった漢字が

他にもたくさんあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活