オーストラリア 学校の様子 末っ子君の個別面談 【第二談】

オーストラリアで子育て
スポンサーリンク

オーストラリアの学校事情・・・

前回に引き続き、今日は子供の学校の様子第二談です♪( ´θ`)ノ

第一弾もあるので、もしよければ寄って見てください(๑˃̵ᴗ˂̵) ⬇︎⬇︎⬇︎

 

オーストラリア 学校の様子 末っ子君の個別面談 【第一談】
オーストラリア小学校の個別面談今週はうちの末っ子(9歳)の学校の個別面談がありました。事前に保護者達に先生の面談可能日のリストが渡され、その中で希望の日時を先生に早い者勝ちで予約するのです。 日本は家庭訪問というのがありましたよね? 一軒一

 

 

オーストラリア小学校のランチタイム         

 

         

 

オーストラリアでは、給食制度がないので子供達は毎日お弁当を持参しなければなりません。

日本の学校の給食制度っていいですよね~~♬ 

最近の給食は栄養管理もきちんとされていて、とっても美味しそうですよね~♬

娘が小学校一年生の頃、日本に1ヶ月程帰国することがあり、その時に彼女を実家の近くの小学校に1ヶ月間受け入れていただいたのです(o^^o)

娘はオーストラリアでは経験したことの無い給食がとっても気に入って、学校から帰ってくると毎日給食のお話をしてくれました♬ 未だに話します。

毎日のお弁当作り・・・お母さんにとって結構大変です(T_T)・・・と言っても日本のお母さん方みたいに手のこったキャラ弁とかは作りませんが・・・と言うか私は作れません(T_T)(←キャラ弁、雑誌で見たことありますが、すごいですよねー!!あんな素敵なものは私にはできないです~。

芸術ですよ!!!

オーストラリアの子供達のお弁当って、とってもシンプルです。

ほとんどみんなサンドイッチとかですね~。 中にはツナ缶を缶のまま持ってきて、学校で開けて食べる子供達もいますよΣ(゚д゚lll)ツナ缶にも色々な味付け(マンゴーチリ、スイートチリ、トマトバジル、マレーシアンカレー、コリアンバーベキュー、ハラペーニョ、レモンペッパー、マイルドインディアンカレー、などなどまだまだ色々な味があるんです。)(゚o゚;;

パスタ缶もありますよ~。(←パスタ缶、知ってますか??缶の中にパスタが入っているんです・・・言葉のままですね(^^;; 私は初めて見たとき・・・えぇーーーっ?!?! パスタが缶の中にーーー!?!? 自分の目を疑いました。。。)

授業時間は大抵1時間くらいで、日本のようにそれぞれの授業間に短い休憩はありませんが、”モーニングティー”と呼ばれている45分くらいの休憩が午前中に一度あり、(←これが少し早いお昼時間のようなものですね)子供達は持ってきたフルーツやおやつをその時間に食べることができます。

そのあと午後にまた30分程の休憩があり、そこでも外にお弁当を持って出て、食べた子供から遊べます。(学年が小さいうちは遊びが気になって、お弁当を食べる時間がなかったー!と言っていつも帰りの車の中で食べていましたよ~)

(注)アレルギー体質の子供達も結構いるので、お弁当をお友達にあげたり交換したりというのは、基本的にはしてはダメです!(高学年になると勝手に交換したりしちゃってますけどね〜)

それにしても、やっぱり日本の給食制度は素晴らしいですよね~。

その制度・・・お母さん達の味方です☆彡

オーストラリア小学校の運動場は

 

           

 

オーストラリアの学校の運動場は、私の知る限りでは全て芝生です!

日本の運動場と比べると、それって結構恵まれてますよね~(^з^)-☆ 

こけてもそんなに痛くないし^_^

オーストラリアの小学校はお掃除しない?!

 

         

 

オーストラリアの学校教育の中で私がいつも気になるのは・・・お掃除です!

日本の学校では、教室やトイレなど全てを毎日子供達がちゃんとお掃除しますよね??

オーストラリアでは子供達ではなく、学校が終わった後にお掃除をしてくれる人がいるんですよ。

私はこのシステムが好きじゃありません( ̄^ ̄)ゞ・・・

だって自分たちで使う学校ですよ? ちゃんと自分たちでお掃除しないとダメですよね!? 使ったら →→ 綺麗にする! これは当たり前です! 自分たちが使ったところを他の誰かをにお掃除してもらうのはおかしいですよね??

子供達が学校でお掃除をする機会がないので、我が家では必ず週一度は子供達全員で家中をお掃除する『お掃除DAY』を作っています。

以前は私が全部していたのですが、自分たちが心地よく家を使えるのは、自分以外の誰かが綺麗にしてくれているからであって、それが当たり前になり、感謝できなくなるのは悲しいことです。

お掃除は嫌いな人もいるでしょう・・・現に大きい声では言えませんが、うちの子供達も好きではありません。でも、全てのことにおいて・・・嫌なことを自分がしなくても済んでいるのだとしたら、その嫌なことを自分以外の他の誰かが代わりにしてくれているということです!

自分の子供達を、そうやっていつも嫌なことは人任せにするという人間にはなって欲しくないですよね~^_^; 

それに実際に自分でやってみないと、全てに関してその大変んさってわかりませんよね~?

その気持ちがわからないと、感謝の気持ちも生まれませんよね?  

と言う事で、お家は綺麗になる♬ 子供達は大切なことを学べる♬・・・・一石二鳥です!!

だから学校でも本当はぜひ子供達にお掃除させて欲しいのです~。

オーストラリアの小学校の授業

 

          

 

オーストラリアでは、日本のように政府で決められた教科書がないんですよΣ(‘◉⌓◉’)

私も見たことありませーん!(←そりゃ、ないんだから見たことないですよね(汗))

授業内容や子供達の関心に合わせて、各先生によってプリントされたものが配られ、そのプリントを使って授業するんです。 各教科ごとに教科書があるというわけではないのです。(←いつもくしゃくしゃになったプリントがペラァ~っとカバンの中に入っています(-_-)・・・・)

なので、子供達が学校に通うために背負っている大きな大きなリュックサックの中には・・・ほぼお弁当しか入っていません(^^;

オーストラリアの小学校の制服

 

         

 

制服については、公立でも私立でも制服着用です。

その中には帽子も含まれていて、外で遊ぶときは必ず帽子をかぶらなければNGです。

オーストラリアは紫外線の強さが日本の6倍~7倍と言われるほどなので、皮膚への悪影響を避ける為に(皮膚ガンも深刻な問題です)必ず学校の帽子をかぶる必要があります。

帽子を忘れたら遊ばせてもらえません❌ (←オーストラリアでは、これとっても大事)

NO HAT ! NO PLAY! が決まりです! 

うちの息子は、朝学校に行く時の車の中で、宿題を忘れたことに気づいても・・・・「大丈夫~明日持って行けばいいから~」と平気なのですが、帽子を忘れたとなると大変です!!

泣きながら私に取りに戻って欲しいと懇願します・°°・(>_<)・°°・ (←何しに学校に行ってるんでしょうね~・・・)

オーストラリアの小学校の宿題

 

         

 

うちの息子たちにとってはオーストラリアの夏休みは天国です♬

オーストラリアは長~い夏休みに全く宿題がないのですΣ(゚д゚lll) 

日本は長い夏休み、必ず山のような宿題が出ますよね?  

まぁ、お休みはしっかり遊べ??ですね~٩( ‘ω’ )و

こんなので将来大丈夫なのかなぁ・・・って日本の勉強熱心な教育を知っている私は、たまに心配になってしまいますが・・

 

まぁ・・・・子供が元気で笑顔で学校に通ってくれれば、オッケ~と思うことですね👌

 

 

コメント