オーストラリア ゴールドコーストの空をコウモリの大群が!

オーストラリアライフ
スポンサーリンク

    

 

最近ブログを書くようになって、いろんな懐かしいことを思い出すことが多くなりました。

オーストラリアのゴールドコーストでは、夕方空を見上げると大量のコウモリが飛んでいますΣ(゚д゚lll)

そんなコウモリを見ながら・・・私、コウモリ一晩飼ったことがある!!ということを思い出しました(^_^;)

そうしたら、昔々小学生の頃に飼っていたペット達のことを思い出しまして懐かしくなりました〜。

手乗り文鳥・・・ダルマインコ・・・コウモリ・・・猫・・・犬・・・かな?

 

『コウモリ』

                                        

 

というのは、うちの兄は何でもかんで捕まえて持って帰ってきてたんですよ(u_u)

で、ある日・・・「テニスボールを投げたらそれを目掛けてコーモリが飛んで来るんだ!」とか言って、まさかのコウモリを本当に捕まえてきてしまいました。∑(゚Д゚)

( 普通は持って帰ってこないですよね・・・・)

母と私は、「こんなの捕まえてきて、どうするの???」って感じでしたが、「とりあえず飼ってみたい!」と、訳わからないことを言い出し・・・うちにあった鳥かごに入れたのですが、もちろん狭すぎですよー。 野生なんだから!狭い鳥かごでじっとしているどころか、バタバタでした。傷ついてもかわいそうなので結局すぐに自然界に開放でしました。

 

『ダルマインコ』

                                 

ダルマインコも兄がどこからともなく持って帰ってきたのです。

(兄)「拾った!」と。。。

ダルマインコは赤っぽい綺麗な色の鳥でしたよぉ~。でもなぜか私の記憶にその行く末全然覚えていないのです。。。う~ん、どうなったんだろう。。。

きっと誰かがペットとして飼育していたのが逃げてきたのでしょうね〜。

 

『ねこ』

 

         

これも兄が絡んでいました>_< 兄のお友達の猫をしばらく預かることになったのです。 まだちっちゃくてふわふわしていたのでとっても可愛かったですよ。。。

こういう可愛らしいのであれば嬉しいのですが・・・

 

『手乗り文鳥』

                               

                     

私が欲しくて、母に買ってもらいました。これは兄は全く関係ありません。

私にはすごく慣れていて、家の中で放していると飛び回った後には必ず私の肩にもどてっきて私がご飯を食べている時には私の肩で一緒に食べさせていました♬

すごくかわいがっていたのですが・・・母がちょっとお隣にさんに行く時に、うっかりドアが閉まりきっていないまま出かけてしまったようで、どこからか野良猫が入ってきて私のかわいがっていたい手乗り文鳥を加えて連れて行ってしまったのです!!

私は当分泣きながら母に怒ってしまいました。。。。

それ以来だと思いますが、私は猫が苦手になってしまいました。。。可愛いとは思うのですが・・・他の猫に罪はないのですが、どうしても幼い頃の出来事を思い出してしまって。。。

 

『コリー犬』

 

             

 

やっと念願の犬です!!

私は昔から犬が大好きで、飼いたくて・・・飼いたくて・・・でも社宅に住んでいたこともあり、なかなか飼えなかったのです。 やっと一軒家に住む機会ができ、私の念願がかなったのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私のおばあちゃんとおじいちゃんが買ってくれることになり、一緒にペットショップに連れて行ってもらいました。(←私のおじいちゃん・おばあちゃんは、彼らの孫の中で女の子が私だけだったので、私がいうのもなんですが・・・私には結構・・いやいや、随分甘かったのです♬)

連れて行ってもらったペットショップは大きくて、たくさんいろんな種類の子犬たちがいたのですが、私はそこにいたコリーの赤ちゃんに一目惚れしてしまいました!(←雄犬君です) 

即決でした!!

まだ赤ちゃんでしたが、さすが大型犬!小さいながらにドッシリでした。

それでもやっぱりまだ赤ちゃん・・・連れて帰った時は、毛は柔らかくてふわふわで♬顔も幼くて・・・足は太いのにタイルの上で立とうとすると両足が両方に滑って開いてしまい、上手に立てませんでした・・・立とうとすると足がスゥ~~~っと開いてしまって、タイルの上にぺたんってなってしまうのです。。。その光景を今でもハッキリ覚えています。 かなり癒されました〜♬

すごぉ~く愛おしかったです。。。

それからは毎日彼が私のベストフレンドでした(*^^*) 

毎日時間のある限り一緒に遊んでいました。

それから何年もずーっと一緒にいたのですが、父の転勤が決まりどうしても次に住む家では犬を飼うことができず、渋々お友達の知り合いに飼ってもらうことになり、泣く泣くさよならでした。 

飼ってしまえばペットも家族の一員ですよ! どんなお別れも辛いです。。。

それ以来私は犬を飼っていないのですが、最近私の子供達も犬を飼いたい!と言い始めました。。。う〜ん。。。

う~ん・・・悩みますよね。。。どこかに旅行に行きたくてもその間見ていてくれる家族も近くにいないし・・・まだまだ子供達に手がかかるというのに、最初はいいけど、きっと大半は私が面倒を見ることになるんだろうな~。。。今でもてんてこ舞いな毎日だからなぁ〜・・・

ペットを飼うのも責任を持って飼わないと、飼われたペットが迷惑ですからね~。まだまだ決断はできません!

誘惑に負けないように、よ〜く考えます(^_-)

ちなみに、⬇︎この犬はオーストラリアの犬で、「オーストラリアン・ケルピー」と言いますが、子供達が飼いたがっている犬なんです(^_^;)

 

    

    ママだけ子供の時に飼っててずるい!!と言われています(^^;;

コメント