母は思う・・・子育ては最強のお勉強!私は子供に育てられている!

オーストラリアで子育て
スポンサーリンク

長男くんの個人面談

つい先日、うちの長男くんの学校の個別面談に行ってきました。

息子の家の中で私に見せる行動からすると…. 落ち着いて机に向かってお勉強をしない、私が課題を与えても1分経つとグズグズが始まり…. 静かだなぁと思うと全然違う事をしている…こんな感じです ʅ(◞‿◟)ʃ

そもそも私が心配だったのは、学校から渡される宿題があまりにも少ない!!

息子には何度も「本当に宿題はこれだけ??」という言葉を投げかけてきましたが、答えは当たり前ですが「YES!」です。

宿題が少ないのは、子供達にとっては単純に嬉しいことだと思いますが、日本で育った私にとっては『うちの子が宿題もらってきていない?!・・・学校に忘れてきてる?!』と疑ってしまうくらい少ないのです。。。。

もちろん自分の子供を疑いたくありませんが、どうしても気になってしまい、面談の時に先生に聞いてしまいました(^^;; 息子の言う通り宿題は彼が持って帰ってくるものだけでした (o_o) こんなのでいいのでしょうかねぇ〜。。。

彼の毎日といえば…… 口をひらけば本当にくだらないこと弟と言い争いばかり( 見ていると、弟君もかなり生意気で、、、まぁ確かに兄として腹はつよね…と思うところは多々あるのですけどね(^^;; )

そんなうちの長男君なのですが。。。

毎年のように先生との面談では決まって「問題なし!!いい子です!」で終わりなんです★彡  

学校では今まで問題児扱いされたこともなけば、落ち着きがないと指摘されたこともないし、先生が困ったことすらないようです。

むしろ「彼みたいな生徒ばかりだったらやり易い」とまで言われる次第です(//∇//) (先生、、、ちょっと褒めすぎではないでしょうか?!)

さらには・・・さらには・・・

先生が息子のお勉強ノートをみせてくれたのですが、先生が私の目の前で開いて見せてくれたノートに私は目を通しながら…..中の字がいつも私が家で目にする息子の字に比べて、綺麗すぎたので。。。「先生、これはうちの息子のノートではないですよ?」と言って先生に返すと…先生も「何を言っているんだこの人は?」みたいな不思議な顔をするものの、一応表紙を確認してくれました・・・が!!うちの息子の名前がしっかりと書いていました ∑(゚Д゚)

それを見て私は、「学校ではそれなりにちゃんとしているんだなぁ…」 と少しホッとしたような。。。それでいて、あまりに彼の家との違いに複雑な気分でした。

でもまぁ、しなければいけないところではそれを理解してきちんとできているのであれば、しばらくは無理やり椅子に縛り付けずに様子を見ようかな….という自分との葛藤です。実際のところ、どうすることが正しいのかはわからないので。。。

それに、先生のお話を聞く限り、学校ではとてもいい子なのですが、きっと良い子でいることを選んでしているのだと思います(^^;; だから家ではよそ行き姿を脱ぎ捨てて、素の自分でいることで、自然とバランスをとっているんだと思います。

人はどこかで発散したり、気を抜いたりしないと良くないですからね(^ ^)

 

それぞれのカラー・・・お勉強だけが全てではない・・・

私には子供が3人いますが、時間があれば3人の子供たちと別々な時間でそれぞれと何気ない会話をすることを心がけています。

当たり前のことかもしれませんが、3人が3人とも全く違うカラーを持っています。

どんな子も、一人一人がそれぞれ色々なカラーを持っていて、お勉強が好きな子もいれば、スポーツができる子、、、優しい子、、、そんなこんなを上手に表現できない子….

子供達はみんなそれぞれなので、そんな彼らの良いところをどんどん発見していきたいです ٩( ‘ω’ )و

 

私は長男くんとも今まで何度となく彼のお勉強についてだったり、お友達のことだったり、彼の好きなスポーツだったり・・・色々な話をしてきましたが、彼の場合お勉強には全く興味がないようです。

(全く興味がないで話を終わらせてしまうのも困るのですが(汗))

まぁ、きっとあの歳の子供にお勉強が好きか嫌いかの二者選択で質問すると、大半は嫌いと答えるのではなかな?とは思いますが…..

お勉強は興味がないからしなくていいという問題でもありませんよね?!

母親である私が言うのもなんですが、長男君はお勉強ができないからしたくない…というわけではなく、全くもって興味がないようです(>_<) 

(やっぱりそれも困ります(汗))

実際、家では学校から持って帰ってくるほんの少しの宿題以外は、全くと言っていいほど何もしていませんが、学校のテストやレポートではそこそこの成績を取ってきます。

彼はやればできると思います。 その子によってそれぞれ得意分野というものもあるだろうし、やりたくないものを無理やり押し付けて椅子に縛り付けて、私が鬼になってガミガミとさせたところで、決していい結果になるはずがないと思うのでそういうやり方はしたくありません。そんな事をすると勉強で結果が出ないどころか、親子の関係まで楽しくなくなってしまいます(泣)

そうは言っても、義務教育の間はそれなりにちゃんとしなければいけないことはやってもらいますが、それ以上を望む必要なないんだという私の勝手な結論に達しました。

3人の子供たちを見ているとそれぞれに得意なことが違えば、性格も全く違います。もちろんお勉強を一生懸命することはこれから将来に向けて意味あるものになるでしょうし、お勉強をして無駄になることは決してないと思います。

それでも、お勉強をしていい学校に入って・・・ということだけが人生だと私は思っていないので…良い学校を出なければお金を得ることができないわけではないと思うので、今しなければいけない最低限をしてくれればそれでいいのかな??と。

それでも、自分の生きる道はしっかり見つめてほしいですし、いつまでも私たち親が子供達の面倒を見るわけにもいきません!いずれ私たちの家から出て、彼の人生を歩んでいかなければいけません。

そのためにも、お勉強を頑張らないのであれば、何がやりたいのか、どうやってこの先進んでいくのか・・・ただ遊びたい、楽をしたいからお勉強をしない・・・という理由ではダメだということは彼にはことあるごとに伝えています。(どこまで理解しているのかは疑問ですが (^^;; )

 

子供の良いところ

ここまで私は散々うちの長男君は、お勉強は嫌いだし、お勉強はしない・・・落ち着きがない・・・机の前でお勉強させたら1分でグズグズする・・・などなど、自分の息子ながら散々なことを言ってきましたが、彼には褒めてあげたい良いところもたくさんあるんですよ(笑)

うちの長男くんは、興味があることに関しては昔からすごい集中力を発揮します。(正にその集中力をお勉強に生かしてくれれば…)

作ってみたいものがあればそれに関する動画を探してきて、完成するまでひたすら作ったり…。 出来上がったものも、「え?!それ一人で作ったの?すごいじゃない!!」と、いつも私を驚かせます♬  

描きたいものを思いついたら、普段あんなにおしゃべりなのに、書き終えるまで机に向かってひたすら無言で書き続けたり……(私には画才というものが全くないので、出来上がった絵には感心するのみです。)

そういう時の彼の集中力は半端ないです!! だから彼は集中できないわけではないんですよね(¬_¬) 

思い返してみても、彼の好きなことに対する集中力….彼がちっちゃい時からありました!5歳のお誕生日で彼がレゴにはまっていたので、大きさも年齢対象も大きいものをプレゼントしたところ、朝から夕方までランチも食べずに黙々と作っていました!その時に、「5歳なのにすごい集中力だなぁ・・・」と感心したのを思い出しました!

他にも褒めるところはありますよ(笑)

最近ではお手伝いもかなり率先してしてくれます♬

以前は頼みごとをしても彼得意の「ちょっと待って!」と、なんだかんだと言い訳をして私の頼みごとを回避してきたりしていたのですが、最近は進んで私のお手伝いをしてくれます(๑˃̵ᴗ˂̵)

11歳ですがお料理も自分からお手伝いをしてくれて、この前なんかは私の体調が悪かったので、「ママ、お姉ちゃんと夜ご飯作るからママは寝てていいよ」と言ってミートソースパスタを作ってくれました。この優しさに、ママはただただ嬉しかったです♬

そしてスイーツ作りも私より上手で、私が大好きなプリンをお店で売っているのよりも上手に作ってくれます(←これは多分ママ目線の我が子に対するひいき目です (苦笑) )

私が落ち込んでいたりすると「ママ、プリン作ってあげようか?」と言ってくれます♬

こんな彼の心優しい良い部分もしっかりと見てあげて褒めてあげないとダメですよね!

普段は口も達者で、お勉強もそっちのけの長男くんですが。。。とっても優しい心を持っている、素敵な息子だと思っています。

もちろん私も彼らのお母さんと言っても一人の人間です・・・気分に左右されたりガミガミ言ってしまうことも多々あります。 子供はよく母親の事を観察してますよね・・・たまに子供から飛び出す言葉に「あ~、私ってそんなこと言ってるんだ?」とハッと気づかされる時があります!

子供は常に親を見て生活し、色々なことを吸収しているんですよね?!

母である私のとる行動や言動は、よく考えなければその全てが子供達に見られていますね(^^;; 常に反省する日々です。

そう考えると、ママである私が子供を育ててるというよりも、私が子供達に育てられているんだと思います!

今日も子供達の寝顔を見ながら、一人反省会です (^^;;