カンブリア宮殿/能作NOUSAKUの曲がる食器通販&工場見学や体験もチェック9月12日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年9月12日(木)テレビ東京【カンブリア宮殿】は『錫100%の技術力と魅惑のデザイン!「NOUSAKU」の秘密』ですヽ(^o^)

《22時00分〜22時54分》

富山県高岡市の錫物メーカーが高度な技術によって製造する鋳物製品がすごいんです!!錫100%の製品ならではのすごさが!!

能作さんは最近では食器・過敏・風の錫などで注目を集めていますが、ここではその錫物メーカーNOUSAKUさんの素敵な素敵な商品の通販購入を紹介します(^_−)−☆

 

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作(NOUSAKU)の錫製品とは?

 

富山県の高岡は鋳物生産において国内トップシェアを誇っています。

そして、能作(NOUSAKU)は江戸時代より400余年の歴史を富山県の高岡市でつくりあげてきました。

現在の能作は『曲がる食器』で海外からも注目されています☝︎

 

能作_NOUSAKU 夢の扉 Japanese craftman sprits

 

能作(NOUSAKU)が鋳物の製造を始めたのは大正5年(1916年)です。もともとは主に仏具・茶道具・花器を製造する工場として『能作』は創業しました。

昭和40年(1965年)ころ能作は、豊かさを増す日本人の生活に着目し、”モダンなデザインの花器”を開発したのが成功し、事業はどんどん拡大されていきました!・・・が・・・時代は変わるもので・・・伝統的な花器や茶道具・仏具の需要は徐々に減少し、苦境に陥ったそうです。

しかし昭和59年(1984年)現在の代表取締役社長の能作克治さんが入社し、その後18年間一職人として鋳造に没頭しつづけ・・・能作(NOUSAKU)の道が再び拓けたのは平成13年(2001年)の東京・原宿で開催された展示会だったそうです。

能作の素地の美しさが生かされた真鍮製のベルが注目を集め、セレクトショップでの取り扱いが始まったのだそうです。

ベルはそのままでは売れなかったようですが、当時の販売員さんのアドバイスでベルに短冊をつけて風鈴にしたところ毎月1,000個以上が売れる大ヒットになったんですって!!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 能作 (@nousaku_official) on

 

そしてそれ以来社長の能作克治さんはお客さんに答える製品を開発することを決意し、現在の錫100%の製品も”食器をお求めの方がたくさんいらっしゃる”という販売員さんの話をきっかけに生まれたそうです。

それが現在の『能作(NOUSAKU)』という会社ですヽ(^o^)

それにしても能作さんの本錫100%の製品が本当すごいんです!!!

 

能作 錫100%「曲がる器」

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作(NOUSAKU)の通販お取り寄せ

 

能作のホームページの最初にも使われている↓↓KAGOです↓↓これすごいですよね!金属なのに自由自在に曲げれちゃうんですΣ(゚д゚lll)

能作 KAGO スクエア L

金属なのに曲げれちゃうって・・・これが本錫100%の魅力のひとつなんです♡ちなみに能作のこの曲げれちゃう商品・・・フランスの三ツ星レストランでも使われてるんですって♬

 

能作の商品を見ていると素敵なものばっかりで、どれもこれも欲しくなってしまいました(//∇//)

楽天などでポイントを貯めている方は↓こちらからも購入できますヽ(^o^)

 

↓↓こちらから能作のKAGOが購入できます↓↓

↓↓能作・錫製品に名前入れてもらえます↓↓

 

 

 

↓↓竹型酒器セットも素敵です♡↓↓

↓↓能作ちろり↓↓

↓↓能作の箸置き5個入り!素敵です♬↓↓

 

能作の錫製品はどれもこれも見てると欲しくなってしまい・・・人気どころを↑に紹介して見ましたが、まだまだもっと見てみたいという方は能作さんの公式サイトにいってみてください(^_−)−☆

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作(NOUSAKU)場所や直営店は?

 

能作 本社(富山)の場所は?

 

能作所在地:〒939-1119

      富山県高岡市オフィスバーク8-1

電話:0766-63-0001

FAX : 0766-63-5510

営業時間:10:00〜18:00

休業日:年末年始

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作(NOUSAKU)の工場見学&体験

 

30秒の旅|富山県高岡市 能作 工場見学&鋳物づくり体験【30 seconds trip】

能作(NOUSAKU)では工場見学&鋳物製作の体験をさせてもらえます♬

 

能作(NOUSAKU)の工場見学

 

能作(NOUSAKU)では鋳造の作業工程をガイドさんが案内してくれる工場見学ができます。

職人さんたちの作業姿を目の前で見ることができます♬とても興味深いですよね!

工場見学をするには予約が必要ですヽ(^o^)

能作の工場見学についての詳細と予約は↓↓こちらです↓↓

 

 

 

能作(NOUSAKU)の鋳物製作体験

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuka Amano (@flyinglarus) on

能作(NOUSAKU)では、生型鋳造法と呼ばれる砂を押しかためて成型する方法でぐい飲みなどの錫製品の製作を体験させてもらえますヽ(^o^)

体験内容や詳細・予約や値段については↓↓こちらからチェックできます↓↓

 

 

https://twitter.com/tsubo_bengals/status/1162625494862290944?s=20
スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作克治社長のお話

 

能作克治社長の(『もの・こと・こころ』)お話がとてもよかったので、シェアさせてください☆

 

株式会社能作 能作 克治 / 日本の社長.tv
株式会社能作 能作 克治 / 日本の社長.tv ~『もの・こと・こころ』を武器に世界へ~ ------------------- 鋳造技術を用いて、仏具や茶道具を始めインテリア雑貨などの製造・販売を手がける【株式会社能作】。職人としての...

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/能作(NOUSAKU)・まとめ

 

◎ 能作(NOUSAKU)は江戸時代より400余年の歴史を時代の変化とともに富山県の高岡市でつくりあげてきました。そして現在の能作は『曲がる食器』で海外からも注目されています。

◎ 能作(NOUSAKU)が鋳物の製造を始めたのは大正5年(1916年)で、もともとは主に仏具・茶道具・花器を製造する工場として創業しました。

◎ 能作の素地の美しさが生かされた真鍮製のベルを販売員さんのアドバイスでベルに短冊をつけたところ毎月1,000個以上が売れる大ヒットになりました。

◎ 富山県の能作所在地は:富山県高岡市オフィスバーク8-1です。そしてお問い合わせ番号は:0766-63-0001です。

◎ 能作では工場見学や鋳物製作の体験ができます。(要予約です)