【飲むおにぎり】味・中身の種類・価格や食べた感想や評判などまとめ

気になる情報
スポンサーリンク

3月1日(金)、「こんにゃくパーク/ 株式会社ヨコオデイリーフーズが世界初

スパウト付きパウチ容器入り「飲むおにぎり」を発売しました (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

こんにゃくパークを営業するヨコオデイリーフーズさんの調査によrば、

単身世帯のおにぎり購入数は年間で48個だと言います。

そしてその数は年々増え続けているそうです。

 

スポンサーリンク

飲むおにぎりとは?

 

「おにぎり」と「飲むおにぎり」にすることで、(スパウト付き容器入りにすることで)可能になったことがあります☝︎

* 常温保存が一年可能です。

*「おにぎり」が保存食となりました。

* 「おにぎり」が非常食として家庭内備蓄品の選択肢のひとつになった。

 

スパウト付きパウチ容器入り食品は、食事の代わりや部活動の前後、体調不良、非常食など・・・いつでも、どこでも、どんな状況でも利用シーンを選ばないところが人気の秘訣です。

 

1パックのおにぎりは約1個分200キロカロリーを摂取できます。

材料に使われているものも、【紀州南高梅】【北海道産昆布】【国産米】

【国産海苔】などと国産原料にこだわり、美しさが追求されています。

 

1パック130gで、おにぎり約1個ぶんのカロリー200kcalとレタス1個分の植物繊維が含まれています☝︎

 

「飲むおにぎり」は仕事をしながら、電話をかけながらでも手を汚さずに口にすることができるので、忙しい人たちにはぴったりの商品でしょうね!

また、噛むのが苦手なお年寄りの方々にもおすすめですね(*´◒`*)

 

スポンサーリンク

飲むおにぎりの種類や値段について

 

飲むおにぎりの種類は、今の時点では2種類あります。

「飲むおにぎり 梅こんぶ」

「飲むおにぎり 梅かつお」

 

 

この2種類です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

お値段は2つとも同じで、各160円(税別)です☝︎

 

中身がどうなっているかというと・・・・

 

⬇︎⬇︎⬇︎ こんな感じです。

 

スポンサーリンク

飲むおにぎりを食べた人たちの感想は!?

 

「飲むおにぎり」を食べた人の感想ですが・・・かなりそれぞれでした(^_^;)

⬇︎ 飲むおにぎりはこんな感じです ⬇︎

 

 

 

「めっちゃ美味しかったです!」「ナタデココを食べてるみたい」

「朝ごはんにいいかも!?」 「スポーツの時にいいかも!?」

「ご飯と一緒に食べたい」 「味が濃い…しょっぱい」

「冷やしたら美味しそう」 

 

ちなみに⬇︎こちらから通販もできますよ♬

こんにゃくパークショップ