中村朱美(佰食屋)のプロフや残業ゼロの経営者の心得は?ガイアの夜明け6月25日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年6月25日(火)テレビ東京系列【ガイアの夜明け】は『人生が変わる働き方(1)残業ゼロ!”幸せ食堂”物語』が放送されます。

長時間労働、低賃金などの”ブラック”と言われる外食業界の中、新たな働き方を提案する店があります。京都にあるステーキ丼の『佰食屋』というお店です!

県外からもお客さんが押し寄せるほどの人気店ですが、『佰食屋』が人気を集めるのは”美味しいから”だけではないのです。

『佰食屋』のオーナー中村朱美さんは社員には自分がやりたくないことはさせません。その経営方針が”残業ゼロ””好きな日に休める”を実現しているお店なんです。

ここではそんな夢みたいな働き方を実現している飲食店『佰食屋』のオーナー「中村朱美さん」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

中村朱美さんの『佰食屋』とは?

 

京都で中村朱美さんが経営する『佰食屋(ひゃくしょくや)』とは、飲食店の常識を覆す1日100食限定のお店です。100食完売した時点で終了なんです。

 

中村朱美さんが佰食屋を始めたきっかけは、料理を趣味とする旦那様が晩御飯に作ってくれた「ステーキ丼」があまりに美味しくて、中村朱美さんが死ぬ前に最後に食べたい料理という意味でそのステーキ丼を「さいご飯」と呼んでいたそうです・・・当時サラリーマンだった旦那様は定年退職したら自分のレストランをやって見たいという夢を持っていたので、それならまだ子供のいないうちにやってみよう!と、中村朱美さんが旦那様を強引に誘ったのがきっかけで開業したんだそうですよ☆彡

 

そんな中村朱美さんの1日100食限定のお店は、ランチ営業のみで完売次第営業終了という飲食店の常識をくつがえすビジネスモデルを構築していることでも注目を集めています。

 

 

スポンサーリンク

中村朱美さん(佰食屋オーナー)のプロフィールは?

 

名前 : 中村 朱美(なかむら あけみ)

会社名: 株式会社mnitts(ミニッツ)

役職 : 代表取締役

職種 : 飲食店事業と不動産事業

居住地 : 京都市

誕生年 : 1984年

年齢 :  35歳

家族 : 夫・娘・息子

夫は中村朱美さんのビジネスパートナーとしてサポートしています。

息子は脳性麻痺で右手右足が少し動きにくいです。

 

スポンサーリンク

中村朱美(佰食屋オーナー)の経歴や受賞歴は?

 

中村朱美(佰食屋オーナー)の経歴は?

 

佰食屋のオーナー「中村朱美さん」は専門学校の教員として勤務した後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行い『株式会社minitts』を設立しました。

1日100食限定をコンセプトにし、美味しいものを手軽な値段で食べれるお店『佰食屋』を開業しました。

 

★ 2015年3月 ★

「佰食屋すき焼き専科」を開業しました。

 

 

★ 2017年3月 ★

「佰食屋肉寿司専科」を開業しました。

 

https://twitter.com/ogawa_saki_1999/status/1023160468599271427

 

 

現在は『佰食屋』・『佰食屋すき焼き専科』・『佰食屋肉寿司専科』3店舗を運営しています。

 

中村朱美さんの事業はテレビや雑誌などのメディアで多数紹介されていますが、ランチ営業のみ、完売次第営業終了という飲食店の常識を覆すビジネスモデルを構築し、飲食店におけるワークライフバランス(18時完全退勤・残業ゼロ)を実現しています。

働きやすい環境を整えることで、中村朱美さんのお店ではシングルマザー・障害者・介護中の方・高齢者(68歳以上3名)の方々も現在活躍中です。

 

中村朱美(佰食屋オーナー)の本

 

 

中村朱美さんが社員を犠牲にしてまで追うべき数字なんてないと考え、従業員の人たちの働きやすさと会社の利益の両立を成し遂げている奇跡のビジネスモデルについてなどが書かれた中村朱美さんの本がこちらからも購入できますよ↓↓↓

 

 

中村朱美(佰食屋オーナー)の受賞歴って?

 

◎ 平成27年度京都市真の「ワーク・ライフ・バランス」推進企業の特別賞

◎ 第4回京都女性企業歌唱の京都府知事賞(最優秀賞)

◎ 第3回LED関西ファイナリスト

◎ 第4回京信・地域の起業家大賞最優秀賞

◎ 第6回DBJ女性新ビジネスプランコンテストファイナリスト

◎ 地域未来牽引企業に選定

◎ JVA2018ワークライフバランス推進特別賞

◎ 新・ダイバーシティ経営企業100選

◎ はばたく中小企業・小規模事業者300社 2018

◎ 第32回人間力大賞 農林水産大臣奨励賞

 

スポンサーリンク

中村朱美さんの経営者としての心がけとは?

 

『従業員に「集客しろ!」と言ってもどうすればいいのか分からないだろうし、明日来るであろうお客様のことばかり考えて仕事をすると目の前にいるお客様を大切にできないかもしれない。。。だからこそ私たちは従業員と経営者の役割を明確に分けることにした。』と、オーナーの中村朱美さんは言います。

そして、経営者である中村朱美さん自身がやりたくないことは従業員の人たちにもやらせない。それが信条なんだそうです。

例えば・・・・

自分には小さい子供がいるので夜は働きたくない従業員にも夜は働いて欲しくない。

 

有給休暇も全部消化したいし、たまには3連休も欲しい。               年末年始は家族と過ごしたいこれら全て従業員の待遇にも反映させます。

 

↓↓↓中村朱美さんはこう言います↓↓↓

「頑張れ」と言葉で言っても伝わらないと思っています。「仕組み」で人を幸せにする会社でありたい。そう思って全てのルールを真剣に考え作り上げています。もちろん今も未完成。これからも時代やメンバーに合わせた会社に柔軟に変わっていくと思います。

 

中村朱美さんは、自分にも子供がいることでさらに柔軟に考えれるようになったと言っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今後は「お店」ではなく「働き方」をフランチャイズしていくことを考えているという中村朱美さんですが、そんな働き方ができる場がどんどん増えれば・・・子供か?仕事か?どちらか片方を選択しなくても笑顔になれるなんて、とてもとても素敵なことですよね(╹◡╹)♡ ぜひぜひフランチャイズ化を頑張って欲しいです。

そしてそれをサポートしている旦那様もかなり素敵な方ですよね!

大変なことはたくさんあると思います。でもその大変を夫婦でちゃんと相手をリスペクトしながらできているというのが、羨ましいくらい素敵です♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

中村朱美さんも・・・「大変だー!どうしようー!」と思うと精神的にしんどくなります。「大変だー!でも死なないからいっか!」部屋が汚れていようが洗い物が溜まっていようが、それで死ぬことはありません。だから大丈夫・・・と言えるポジティブシンキングで明日も笑顔で子供と接しましょう♬と言っていますが、まさにその通りだと思います。そう考えると少しは気持ちが楽になりますよね(^_−)−☆

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました(*´◒`*)

 

スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog