秘密のケンミン/大阪・百舌鳥古市古墳群の場所・観光マップ紹介!

気になる情報
スポンサーリンク

2019年8月1日(木)日本テレビ系列【秘密のケンミンSOHW】で、今年第43回世界遺産委員会で正式に世界文化遺産に登録された大阪の古墳『百舌鳥・古市古墳群』が紹介されます。

世界遺産に選ばれた大阪の古墳『百舌鳥・古市古墳群』はとても興味があったので『百舌鳥・古市古墳』を観光してみたいと思い調べてみました。

 

スポンサーリンク

『百舌鳥・古市古墳群』世界文化遺産登録決定!!

 

百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)

ユネスコの世界遺産に今年2019年7月6日の第43回世界遺産委員会で正式に世界文化遺産に登録されたのが『百舌鳥・古市古墳群』です。

面積で言えば世界一のお墓である仁徳天皇陵を始め、古代遺産としては文句のない規模と造形です。ただ、地上からは巨大すぎて全容を見るることができないですね(^_^;)

↓↓↓こちらです↓↓↓

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by satoshikame (@satoshikame) on

 

世界文化遺産に登録された仁徳天皇陵・履中天皇陵・いたすけ古墳御廟山古墳(ごびょうやまこふん)・ニサンザイ古墳・反正天皇陵の6代古墳が主な古墳で、4世紀後半〜5世紀後半に築造されました。

 

『大山古墳』(仁徳天皇陵=墳丘長486メートル)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 谷口修一 (@noside302) on

 

スポンサーリンク

世界文化遺産『百舌鳥・古市古墳群』の場所&マップ

 

百舌鳥古市古墳群は大阪府堺市羽曳野市(はびきのし)、藤井寺市に広がっています。

 

住所:〒591-8033

   大阪府堺市帰宅百舌鳥西之町3-357-1

 

 

↓↓こちらから百舌鳥古市古墳群のウォーキング・マップがダウンロードできますよヽ(^o^)↓↓

 

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群・仁徳天皇陵古墳へのアクセスは?

 

世界文化遺産に選ばれた『仁徳天皇陵古墳』へ連れて行ってくれる便利なシャトルバスが令和元年から運行しているんですって🚌

運行ダイヤ乗り場の詳細がこちらから↓↓↓チェックできますヽ(^o^)

 

南海高野線堺東駅から仁徳天皇陵古墳

 

◎《仁徳天皇陵古墳/シャトルバス土日祝のみ運行》堺東駅前3番乗り場 ➡︎ 堺市博物館前(仁徳天皇陵古墳)【約8分】料金:240円

◎ 南海高野線(堺東駅→三国ヶ丘駅)150円 ➡︎ JR阪和線(三国ヶ丘駅→百舌鳥駅)120円 【約15分】

◎ 南海バス(堺東駅2番乗り場・あみだ池(深井駅経由)行き→堺市博物館前)【約8分】240円

 

南海本線堺駅から仁徳天皇陵古墳

◎《仁徳天皇陵古墳/シャトルバス土日祝のみ運行》境駅前(5番乗り場)〜宿院〜堺市博物館前(仁徳天皇陵古墳)【約15分】240円

◎ 南海バス(駅前東3番乗り場→堺東駅前)220円➡︎南海高野線(堺東駅→三国ヶ丘駅)150円➡︎JR阪和線(三国ヶ丘駅→百舌鳥駅)120円【約25分】

 

JR阪和線堺市駅から仁徳天皇陵古墳

 

JR阪和線(堺市駅→百舌鳥駅)【約4分】120円

 

関西国際空港から仁徳天皇陵古墳

 

JR関空快速(関西空港駅→鳳駅)➡︎JR阪和線(鳳→百舌鳥駅)【約60分】800円

 

新大阪駅から仁徳天皇陵古墳

 

OsakaMetoro御堂筋線(新大阪駅→天王寺駅)220円➡︎JR阪和線(天王寺駅→百舌鳥駅)【約60分】220円

 

スポンサーリンク

堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷがおすすめ!?

 

世界文化遺産に登録された『百舌鳥・古市古墳群』の観光におすすめの切符があります☝︎

「百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」を購入すると、乗車券の定時で「堺市博物館観」の観覧が無料になり、「大仙公園日本庭園」の入園が無料になるなどそのほかにも優待特典を受けることができるようですよ♬

発売期間:2019年7月20日(土)〜2019年11月30日(土)

有効期間:発売期間中の乗車当日限りです

料金:大人700円 / 小児350円

支払い方法:現金

発売場所:なんば駅・新今宮駅・天下茶屋駅

 

↓↓こちらから詳細がチェックできます↓↓

堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ

 

堺・百舌鳥古墳世界遺産きっぷ/パンフレット

 

 

スポンサーリンク

百舌鳥・古市古墳群11基の特徴や墳丘の長さはどのくらい?

 

百舌鳥・古市古墳群の特徴は?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by summer (@summerblack728) on

百舌鳥・古市古墳群の巨大前方後円墳(200m超の前方後円墳)11基農地、4世紀後半から5世紀後半にかけて築造された仲姫命(なかひめのみこと)陵古墳」「履中(りちゅう)天皇陵古墳」「応神(おうじん)天皇陵古墳」「仁徳天皇陵古墳」「允恭(いんぎょう)天皇陵古墳」「ニサンザイ古墳」「仲哀(ちゅうあい)天皇陵古墳はそれぞれの築造時期の最大級の規模を誇っています。

↑↑これら7基の巨大前方後円墳のほとんどの特徴が・・・・

① 突出した規模の大きさを持っています。

② 陪塚が存在します。

③ 荘厳な墳丘の演出がされています。

④ 古代の文献(「古事記」や「日本書紀」)などにみられる伝承が伝わっています。

以上のことから、古代日本の王の墓と考えられているようです。

 

百舌鳥・古市古墳群の墳丘の長さはどのくらい?

 

☆ 仁徳天皇陵古墳(百舌鳥) 486m

☆ 応神天皇陵古墳(古市)  425m

☆ 履中天皇陵古墳(百舌鳥) 365m

☆ ニサンザイ古墳(百舌鳥) 300m 

☆ 仲姫命陵古墳(古市)   290m

☆ 仲哀天皇陵古墳(古市)  245m

☆ 允恭天皇陵古墳(古市)  230m

☆ 墓山古墳(古市)     225m

☆ 津堂白山古墳(古市)   210m

☆ 御廟山古墳(百舌鳥)   203m

☆ 白鳥陵古墳(古市)    200m

 

スポンサーリンク

百舌鳥・古市古墳群/観光・まとめ

 

◎ 百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)はユネスコの世界遺産に今年2019年7月6日の第43回世界遺産委員会で正式に世界文化遺産に登録されたました。

◎ 世界文化遺産に登録された百舌鳥古市古墳群の仁徳天皇陵・履中天皇陵・いたすけ古墳・御廟山古墳(ごびょうやまこふん)・ニサンザイ古墳・反正天皇陵の6代古墳が主な古墳ですが、これらは4世紀後半〜5世紀後半に築造されました。

◎ 百舌鳥古市古墳群は大阪府堺市羽曳野市(はびきのし)、藤井寺市に広がっています。

◎ 世界文化遺産に選ばれた『仁徳天皇陵古墳』まで連れて行ってくれる便利なシャトルバスが令和元年から運行しています。

◎ 世界文化遺産に登録された『百舌鳥・古市古墳群』の観光におすすめの「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」というお得な切符が発売されています。

 

 

 

スポンサーリンク
\忙しいママもお家で程よい運動ができますよ/
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog