滝沢秀明の貧困生活とジャニー喜多川との出会い!芸能界引退の真相は?!

気になる情報
スポンサーリンク

  年内いっぱいで芸能活動を引退し、来年から裏方に専念すると言う滝沢秀明さんが12月28日に放送されるTBS系バラエティ番組【中居正広のキンスマスペシャル】に出演されました。

タッキー&翼の解散と引退の真相を語ってくれました。 

 

【 出演者 】

MC : 中居正広

パネラー : 大竹しのぶさん / 假屋崎省吾さん / 室井卯月さん(他) /   

       安住紳一郎さん(TBSアナウンサー)

 

大竹しのぶ 假屋崎省吾 室井佑月 (他)  安住紳一郎(TBSアナウンサー) 

 

 

スポンサーリンク

滝沢秀明さんの怒涛の人生とは?

滝沢秀明さんのコメント・・・「ジャニーズに拾われなければ今の自分はない」

☆ 滝沢さんのお母さんがキンスマのアンケートに答えてくださいました。☆

(滝沢秀明さんが生まれた時のエピソードです)

滝沢さんが生まれる時は、病院の分娩室はいっぱいだったので、病院の待合室で滝沢さんを出産したそうですΣ(゚д゚lll)

「秀明」さんの名前の由来は、賢く明るく育って欲しいとの思いを込めて名付けられたそうです。

 

滝沢さんによると、お父さんとの思い出はあまりなく、一度だけお父さんに荷物を車に運ぶのを手伝って欲しいといわれ、喜んで運んだのだが・・・それを最後にお父さんは帰ってこなかった。離婚して家を出て行く手伝いをしたのだった。。。その後悔が少し残っているそうです。

そしてその離婚をきっかけに滝沢さんの生活は一転してしまい、想像を超える貧困生活が始まったそうです。

母は3人の子供を育てるために朝から晩まで働きづめの毎日で、お金がないので水と小麦粉を溶いてホットプレートでホットケーキみたいなものを作ってケ、それにチャップをぬって食べていたそうです。

当時、服を買う余裕もなかったので、冬でもタンクトップに短パン生活。。。友達からは「ただの貧乏じゃん!」と言われていた。

鉛筆や消しゴムすら買えなかったので、学校の落し物を拾って使っていたそうです。

 

滝沢さんによると、最も辛かった時期はクリスマス・・・みんながクリスマスプレゼントの話をしているのに、彼の家ではクリスマスを過ごす余裕がなかったため、彼の書くクリスマスの作文は嘘を書いていたそうです。

唯一の贅沢は餃子を食べることですが、お金がなく豚肉が買えなかったので、餃子の中身はシーチキンでした。

 

そんな生活に嫌気がさし、「お母さんを助けなくては」「早くこんな生活を抜け出したい」と強く思うようになり、家族を支えるために自立を考え始めました。

滝沢さんが最初に考えた自立への道は、彼の大好きなプロレスでした。

しかし、身長も体重も小さかったため、プロレスラーは断念しなければいけませんでした。

 

そんな時、たまたま目にしたのが当時姉が夢中になっていたKinKi Kidsだったようです。

そしてジャニーズ事務所にたどり着き、応募したのが始まりでした。

理由が理由なので、アイドルになりたいわけでもなく、ただ貧乏生活から抜け出すための手段として家族の生活を背負ってオーディションに参加しました。

 

彼の人生でジャニー喜多川さんとの出会いは、大きな大きな転機となりました。

( そのオーディションで、今井翼さんとの出会いもありました。)

 

       

スポンサーリンク

13歳でジャニーズ事務所に入ってからは驚異的なスピードで・・・

13歳でジャニーズ事務所に入ってからの滝沢さんの人生は驚異的にのぼりつめていきました。

山下智久さんのコメント・・・

「タッキーは特別なことが普通。」

総勢200人以上いた’ジャニーズJr.の中、滝沢さんは入った当初からジャニー氏から自宅や食事に招かれていた。常に特別な存在でした。

ジャニー氏は滝沢さんだけをオーディションの場に面接官として同席させることもありました。

 

滝沢さんによると・・・礼儀やマナー、人との接し方など様々なことをジャニーさんから学んだそうです。 ジャニー氏は滝沢さんが初めて知る父親という的存在だったと言っても過言ではないようです。

 

しかし、特別な反面、16歳の時にジャニー氏からジャニーズジュニアのリーダーに抜擢された滝沢さんに対する周りからの僻みや嫉妬はそれはそれはすごかったそうです。

 

いいことばかりではなく、他のメンバーが問題を起こせば、リーダーである滝沢さんの責任として、頭を下げることも多々あったそうで、そんな生活に嫌気がさしてやめようと思ったこともあったそうです。

そんな時怒りの矛先をジャニー氏にぶつけていましたが、それを大きな心で受け止めてくれていたジャニーさんに対して、父親像を重ねていたそうです。

 

そんな時にジャニーさんから言われた言葉・・・

「僕はタッキーに10のことをあげるから、タッキーは1でいいから僕に返しなさい。。。

その1は挨拶でもいい」

そんなジャニーさんに対して、滝沢さんは恩返しは後輩の面倒を見ることだと思っていました。

 

ジュニアの間では、滝沢さんのニックネームは『小さなジャニーさん』と言われていました。

 

ジュニアの中から「嵐」のグループデビューが決まった時も、ジャニー氏から滝沢さんにだけ相談がありました。

その当時は誰もが滝沢さんが「嵐」結成のメンバーに入ると思っていたようです。

松本潤さんも「タッキーがメンバーに入るのが当たり前だと思っていた」とコメントしていました。

 

滝沢さんは、ジャニーズの中では、後輩の育成や裏方作業まで任される特別な存在でした。

 

スポンサーリンク

滝沢歌舞伎とは?

様々なことをジャニーさんから教えられた滝沢さんですが、その中でも一番大きかったのが「演出」をする!ということでした。

滝沢歌舞伎とは、日本の伝統芸能にフライング・バンジーなどを取り入れた【和のエンターテイメントステージ】です。

『滝沢歌舞伎』はジャニー喜多川さんと滝沢さんの二人三脚で作り上げたものです。

ジャニーさんに「僕が一番最初のお客さんだと思って作りなさい」と言われたそうです。

 

その時のジャニーさんからの教えは・・・

1、普通じゃないものを作れ。 

その結果作り上げたものは・・・和太鼓!!(腹筋太鼓 和太鼓セットごと360度回転する)

2018年の舞台では回転太鼓が2人回転太鼓に進化し観客を魅了しました。

さらには、ラスベガスで使われていた4Dフライングという技術を日本に初めて取り入れました。

 

2、舞台から姿を消すな

舞台上で白塗りの様子までもエンターテイメントにしてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

滝沢さんはなぜ芸能活動を引退し裏方に徹する決意をしたのか?!

嫌になって辞めるのではなく、大好きなジャニーズをどうやって先につなげるか!?

ということで裏方に徹してジャニーズを育てていきたいという強い思いから決意したようです。

「ジャニーさんに親孝行をしたい・・・プロデューサーになって裏方になってさらに良いジャニーズをどんどん世に伝えていきたい・・・タレントをしながら同時進行で裏方をするのは良くない」

他人の人生を背負う際に中途半端な足掛けではできない!」というのが引退の大きな理由でした。

 

スポンサーリンク

引退する滝沢さんに中居がどうしても伝えたかったこととは?!

 

滝沢秀明さんが引退の決意をした時に、一番最初に電話をかけてきたのが中居正広さんでした。

中居さんが滝沢さんに言った言葉は・・・

『今の滝翼はただの点だから、ちゃんとマルをつけて終了しなさい。』ということでした。

中居さんにとっては、スマップのダンサーをやってくれた直の後輩の最後がタッキー&翼だったようで、思い入れも強かったようです。

中居さん自身、自分がマルの幕引きができなかったので、滝沢さんにはちゃんとマルで幕引きをして欲しかった。と言っていました。

 

スポンサーリンク

引退する滝沢秀明さんにメッセージが寄せられました。

       

共に時代を過ごした仲間たちからの応援のメッセージがありました。

( 松本潤さん ・ 生田斗真さん ・山下智久さん )

 

そして母からのメッセージも。

 

ジャニー喜多川さんからのコメントは・・・

滝沢秀明が、「ジャニーズJr.たちの育成でジャニーさんを手伝いたい」と言ってくれた時、私は驚きとともに嬉しくて涙がこぼれそうだった。 このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝をしています。

 

今井翼さんからの手紙でのメッセージ・・・

『滝沢へ、家族以上にたくさんの時間を共にした滝沢は大切な存在です。

戦友としてライバルとして、ライバルとしていてくれたことに感謝をしている。ありがとう。   

そしてたくさん迷惑をかけてごめんね。

ファンとともに築き上げた時間を胸に、これからはそれぞれの道を進み成長していこう。心から心からありがとう。翼』

 

スポンサーリンク

滝沢さんからファンへの最後のメッセージ・・・

 

言葉で感謝と伝えるのは難しい。。。たくさんの方に支えられて芸能生活が成り立っていました。

ファンの皆さんには「さよなら」ではなく「行ってきます」と言いたい。

どんな形でこれから皆さんと関われるかわかりませんが、大きな男になってまた皆さんとお会いしたい。

 

 

タッキー&翼の解散【今井翼はジャニーズ退所】

タッキー&翼(滝沢秀明さん36歳&今井翼さん36歳)は2002年にユニットを結成して以来15年が経ちましたが、今年9月10日付で解散しました。

今井翼さんは今年3月、メニエール病を再発したため活動を休止し、治療に専念しています。

治療に専念するための退所だということが、今井翼さん本人そして事務所社長のジャニー滝川氏からもコメントされています。

 

メニエール病とは

メニエール病とは、めまいや吐き気を発作的に繰り返す病気だそうです。

(その他の症状として、耳鳴りや難聴などの「聞こえ」に関しての症状も併発します。)

発作の時間は数分から数時間と様々で、なんども発作を繰り返すこともあれば、一度きりの発作でその後再発しないこともあるようです。

30歳〜40歳代くらいの働き盛りの方に発症する病気で、ストレスが発症に関与しているため、規則正しい生活を送ることが最も大切です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活