ケンミンショー/おでん違いまとめ!具材・味付けは県で違う?【青森・長崎・沖縄】全国おでん祭り2月28日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年2月28日(木)日テレ放送【秘密のケンミンSHOW】は、

全国おでん祭り開催! 青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材を紹介してくれます。

青森・長崎・沖縄・・・同じ日本でもそれぞれ場所によって具材や味付けが

それぞれ個性があるようです☆彡

 

スポンサーリンク

青森おでんの具材と味付け

 

青森のおでんといえば、『生姜味噌おでん』です。

青森の生姜味噌おでんは、戦後青森駅周辺にできた屋台で提供された【おでん】に由来すると言われています。

冬の厳しい寒さの中、青函連絡船に乗り込もうとする船客の体を少しでも暖めようと、ある一軒の屋台のおかみさんが味噌に生姜をすりおろして入れたのが喜ばれ広まったのが「生姜味噌おでん」の始まりだそうです。

 

現在では、青森おでんといえば生姜味噌おでんのことを指します。

 

主な具材は、たまご・しらたき・さつま揚げ・こんにゃく・・・

そして生姜味噌が決め手です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

青森おでんの調理の特徴

 

おでんに生姜味噌ダレをかけた状態で出されるおでん料理ですが、おでんの具はお店によって異なり、基本的な盛り合わせというものはありません。

 

青森県のおでんには、つぶ貝が入っています!

津軽オリジナルなネタが満載ですよ♬

 

生姜味噌ダレは煮切りしたお酒に津軽味噌(赤味噌)と、みりん、だし汁を混ぜて煮立て、仕上げに生の生姜をおろして混ぜます。

好みでお砂糖を加えることもあります。

 

店におっては味噌だれの作り方が異なり、白味噌ベースを使うなどお店ごとに様々な生姜味噌だれが楽しめます。

 

スポンサーリンク

長崎おでんの具材と味付け

 

長崎県は「かまぼこ屋さん」の店舗数が日本一です ☝︎

そして長崎市は「かまぼこ」の消費量は日本一です ☝︎

 

そんなことからも、長崎のおでんは練り物が主役なのです♬

かまぼこをアゴだし汁で煮込んだ長崎おでんは絶品だと言われています。

 

ちなみに【あごだし汁】とは、トビウオを乾燥させたものからとったダシしのことです。 

アゴというのはトビウオのことです)

 

長崎のかんぼこ屋さんが作ったかんぼこを、長崎名物あごだしスープで煮込んだ『長崎のおでん』!長崎ならではのおでんです♬

(かんぼこ ➡︎ かまぼこ)

 

スポンサーリンク

沖縄おでんの具材と味付

 

沖縄おでんは、豚足にレタスにウインナー・・・となんでもありの沖縄おでんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

沖縄のおでんといったら何と言っても主役は『豚』です (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

お汁にの具材にも『豚』です (๑˃̵ᴗ˂̵)

 

沖縄おでんの主役はテビチ(豚足)です!

豚足をぐつぐつ煮込み、コラーゲンたっぷり♡のちょっととろみのついただし汁です。

テビチは具としても地元では大人気です。

 

おでんの具にはテビチのほかに、ソーセージを入れるのが定番です!

またソーキ(あバラ肉、スペアリブ)も好まれます。

中にはスパムを入れる家庭もあるそうですよ。

 

さらにもう一つ、沖縄おでんの定番は・・・葉野菜を入れることです☝︎

テビチやそのほかの具材を煮込み、最後にお鍋に葉野菜を入れます。

葉野菜は「小松菜・レタス・ほうれん草・チンゲンサイ・空芯菜」などなど季節に応じて入れます。

 

テビチ(豚足)からのコラーゲンもたっぷりとれて、青野菜もたくさんとれて、沖縄のおでんは健康的ですね(*´◒`*)

 

ちなみに、いわゆる「厚揚げ、たまご、大根」などなど一般的な「おでんの具」も沖縄でも入れます!

 

 

 

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活