秘密のケンミンショー/宇和島鯛めし&松山鯛めしレシピ紹介!10月10日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年10月10日(木)日本テレビ系列21時00分〜22時54分放送の【秘密のケンミンSHOW】で宇和島の鯛めしが紹介されます。

 

愛媛では鯛の養殖が盛んで、鯛を使ったお料理の中でも鯛めしは代表料理です。

しかし、実は愛媛には2種類の鯛めしがあります☝︎

ここでは『宇和島鯛めし』と『松山鯛めし』のレシピ(作り方)を紹介します。

 

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー/宇和島鯛めしと松山鯛めしの違いは?

 

『宇和島鯛めし』は愛媛の南予地方の生卵とタレにつけた鯛の刺身をご飯の上に乗せて食べるで鯛めしが主流で、中予から東予地方は鯛とご飯を一緒に炊き込んだ『松山鯛めし』です。

 

宇和島鯛めし

 

 

宇和島地方の『宇和島鯛めし』は、炊き上がった白飯の上に鯛の刺身を乗せて食べます。上にのせる鯛には醤油・みりん・生卵で、先に下味をつけておきます。

もともとこの料理は漁師飯として船の上で食べたれていた食事なので、比較的ざっくりとした調理法ですが、究極の卵かけご飯に匹敵するほどのおいしいさです♡

 

 

↓↓こちらから宇和島鯛めしが購入できます↓↓

 

 

松山鯛めし

 

 

『松山の鯛めし』は、鯛を炊き込みご飯にする鯛めしとしてご当地料理として食べられています。

ご飯を炊くときに少し焼け目のついた鯛をそのまま一緒に炊き込みます。

醤油とみりんでシンプルな味付けで炊き上がったご飯から、一旦鯛を取り出して身をほぐしてまたご飯に戻します。

とてもシンプルですが、おこげの部分にだしが詰まっていてご飯が冷めても美味しさが凝縮されていてとってもおいしいですヨ。おにぎりにしても最高ですね♡

 

 

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー/宇和島鯛めしのレシピ

 

材料(4人分)

 

鯛 600g

卵 4個

もみのり 少々

ねぎ   少々

みかんの皮 少々

ご飯  適量

ごま  少々

 

【調味料】

酒  大さじ2杯

みりん 大さじ2杯

だし汁 90cc

しょうゆ 大さじ4杯

 

作り方

 

① 鯛を3枚におろし、薄くそぎ切りにします。

② 調味料と卵を混ぜ合わせて①を入れます。

③ 炊きたてのご飯に②をかけて、《さらしねぎ・もみのり・みかんの皮みじん切り・ごま》を乗せます。

 

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー/松山鯛めしのレシピ

 

材料(4人分)

 

お米 2合

だし昆布 10cm

鯛  200〜300g

塩  少々

酒  大さじ1杯弱

薄口しょうゆ 大さじ1杯弱

木の芽・ミツバ (好みで)

 

作り方

 

① 鯛は鱗を取り、内臓を取って皮に切り目を入れておきます。

② お米は洗ってざるにあげ、30分くらい置いておきます。

③ 釜に②を入れて、乾いた布巾で吹いただし昆布をお米の上に置き、①を乗せます。塩・酒・薄口しょうゆ・水またはだし汁を加えて普通に炊きます。

④ 炊き上がったら鯛と昆布を取り出して、鯛は骨を取って身をほぐしてからご飯に混ぜ合わせます。

 

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー/宇和島鯛めし&松山鯛めしの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

秘密のケンミンショー/宇和島鯛めし&松山鯛めし・まとめ

 

◎ 2019年10月10日の秘密のケンミンSHOWで『宇和島鯛めし』が紹介されました。

◎ 愛媛では鯛の養殖が盛んで、鯛を使ったお料理の中でも鯛めしは代表料理です。そして鯛めしは、実は愛媛には2種類の鯛めしがあります

◎ 愛媛の南予地方は生卵とタレにつけた鯛の刺身をご飯の上に乗せて食べる『宇和島鯛めし』で、中予から東予地方は鯛とご飯を一緒に炊き込んだ『松山鯛めし』です。