手荒れの原因とハンドクリームの塗り方と使用量は?/健康カプセル!ゲンキの時間

気になる情報
スポンサーリンク

2019年12月29日の健康カプセル!ゲンキの時間で手荒れの原因やハンドクリームの塗り方、そして手荒れ対策として簡単にできるグーパー体操などが紹介されました。毎日の正しいハンドクリームの塗り方や手荒れの原因はぜひ知っておきたいですよね!なのでここでもシェアしたいと思いますヽ(^o^)

番組では銀座ケイスキンクリニック院長:美容皮膚科 医学博士の慶田朋子先生が教えてくれました。

 

スポンサーリンク

手荒れの原因①/健康カプセル!ゲンキの時間

 

よく食べるあの食べ物の中に手荒れの原因があるんですって!

ほうれん草などに含まれている強いアクが肌荒れの原因になるそうですよ!

 

アクの中には色々な化学成分が入っているので、アクを素手で触ることによって手が荒れやすくなってしまいます。

 

冬の乾燥で水分量が減少すると角層に隙間ができ、アクのような刺激物が中に浸透してしまいます。そうすると炎症などを引き起こし、手荒れの悪化を引き起こします。

 

里芋・山芋も要注意の野菜です!里芋や山芋に含まれているシュウ酸カルシウムが手の痒みの原因です。

また、塩や食器洗いの洗剤も手荒れの原因です。

食器を洗う洗浄剤によって奪われたバリア物質が回復するのに1週間〜10日かかります。

水仕事は市販のキッチンてぶくるをつけてすることがおすすめです☝︎

 

スポンサーリンク

手荒れの原因②/健康カプセル!ゲンキの時間

 

手が濡れた後に、手がきちんと拭けていないと手荒れの原因になります。

濡れている肌 → 水が角層の中に浸透 → 水が蒸発 → 水分を奪う

濡れた手の拭き残しによって肌の水分量や保湿力が低下します。

 

指の間に拭きの押しがあるとカンジダ性指間びらん症になってしまいます。

 

■カンジダ性指間びらん症 

カビの一種が指間で繁殖し発症します。皮がめくれ赤くただれてしまいます。

 

タオルの正しい使い方

 

手の拭き方は↓↓これらのポイントに注意して手を拭きましょう!

ポイント1: 優しく押さえて水気をタオルに吸わせます

ポイント2: 指の間・爪の裏も忘れずに拭きます

ポイント3: タオルは湿り気を感じた時点で取り替えましょう(ペーパータオルもオススメです)

 

スポンサーリンク

手荒れの原因③/健康カプセル!ゲンキの時間

 

冷え性が手荒れの乾燥に影響しているんですって!!

 

角層の奥にある顆粒層には外からの遺物や体に大切な物質が逃げるのを防ぐ「タイトジャンクション」という構造があります。これは皮膚を守るバリア的存在なんです。

タイトジャンクションは皮膚の温度が28度以下になると緩んでしまい、皮膚の奥で保たれていた成分が逃げてしまいます。→ 冷えによって肌が乾燥します。

 

指先の表面温度は通常30度前後ですが、28度以下の方は手荒れになりやすいです。

 

スポンサーリンク

ハンドクリームの塗り方とは?/健康カプセル!ゲンキの時間

 

ハンドクリームはしょっちゅう塗るようにしているのに、手荒れが全然改善されないのよね。。。。

ハンドクリームの量、あなたはどれくらい使っていますか?

◎ ハンドクリームの量は片手で人差し指の第2間節分を使います。

 

■正しいハンドクリームの塗り方 

 ✔︎ クリームを両手の甲になじませた後、反対の手のひら全体で円を描くように塗り込みます。 

 ✔︎ 指の一本一本を側面・上下を包み込み、くるくると塗り込みます。

 

 ✔︎ 手のひらも縁を描くように塗り込みます。

 ✔︎ 手首も忘れずに両手に塗り込みます。

 

 

スポンサーリンク

グーパー体操手(荒れ対策)/健康カプセル!ゲンキの時間

 

冷え性対策には血行を良くするグーパー体操をしてからハンドクリームを塗るといいですよ。

冷え性対策 = グーパー体操で血行を良くしてから保湿します。

やり方は、両手を前に伸ばして開いて→閉じて・・・このグーパー体操を繰り返します!

 

また、

 

インフルエンザ対策で手を良く洗うと思いますが、石鹸で手を洗いすぎるとバリア物質も流れてしまうそうですよ!

 

 

石鹸で手を洗う回数は=帰宅時・大便の後・調理の前・食事の前

それ以外は水で洗いで良いみたいですね♪

ちなみに↓このクリームは私の手放せないクリームなんですけど、とてもおすすめです!

 

スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog