カンブリア宮殿/カイハラデニムとは?通販お取り寄せもチェック9月19日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年9月19日(木)テレビ東京系列【カンブリア宮殿】は『ユニクロからハイブランドまで業界を席巻する”カイハラ”の全貌』です。

《22時00分〜22時54分》

広島が拠点の企業『カイハラ』は日本国内シェア50%以上、そして国内外の300超のブランドが『カイハラ』の生地でジーンズを作っているという・・・まさにジーンズの2本に1本はカイハラ・デニムなのです☆

まさに私が履いているのも”カイハラ・デニム”・・・ということで”カイハラ・デニム”に興味があったので調べてみました。

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/カイハラデニムとは?

カイハラデニムとはメーカーの名称で、日本だけではなく世界に誇る日本のアパレル企業『カイハラ株式会社』が製造したデニムが「カイハラデニム」と呼ばれています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by KAIHARA DENIM (@kaihara_denim) on

 

カイハラデニムは1893年に現在の広島県福山市で貝原助治郎さんによって創業されました。

開業当時は「かすり」の織布や染色を行う個人商店として事業を行なっていたそうですよ。

デニム生地の製造に力を入れるようになり、リーバイスとの取引を開始することで世界的に知名度を急激にあげることになりましたヽ(^o^)

 

世界中で名の知れている「リーバイス」「エドウィン」「GAP」「ユニクロ」などのジーンズブランドもカイハラデニムが製造したデニム生地を使用しています。

 

カイハラデニムは生地の上質な味わいと経年変化を併せもったプレミアムデニムの生産企業として知られています。

カイハラは、品質だけでなくてデザイン性にもこだわったデニム商品の生産と販売を行っている会社です☆

 

カイハラデニムの知名度の高さは国内シェア50%以上という数字にも表れています。まさに2本に1本はカイハラデニムを使用しているということですね☝︎また、輸出においても国内トップシェアを誇っています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by KAIHARA DENIM (@kaihara_denim) on

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/カイハラ・デニムの通販お取り寄せ

 

 

↓↓ブルーウェイ・ビンテージストレートデニム↓↓

 

 

↓↓これ可愛いヨガマット↓↓

 

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/貝原良治(カイハラ会長)とは?

カイハラ会長・貝原良治会長は、2代目社長の貝原覚(さとる)さんの長男として福山市新市町で生まれました。

 

 

1970年に貝原織布(現在のカイハラ)に入社し、1990年に社長に就任しました。(2003年から現職に就いています。)

 

2003年に”広島県織物構造改善工業組合理事長”を務め、2004年に広島県中小企業団体中央会副会長に・・・2006年にジャパン・クリエイション実行委員長・・・2007年に日本綿スフ織物工業組合連合会理事長、日本繊維産業連盟常任委員に・・・2008年に日本ファッション・ウィーク推進機構理事、そして2012年に日本ジーンズ協会理事長に就任し、業界の発展に貢献しています。

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/カイハラ・デニムの歴史

もともとカイハラは”もんぺ”などに使われる備後絣(びんごかすり)を作っていました。

備後絣(びんごかすり)は広島県福山市新市〜福山市芦田町で製造されている絣で、伊予絣・久留米絣とともに日本三大絣のひとつです。

 

1893年:創業(創業者は絣の製造技術を学んだ貝原助治郎さんで、当時は「マルス」とういう商標を掲げていました。)

1920年:貝原助治郎さんの息子・覚(さとる)さんが二代目をとしてカイハラを継ぎます。

そして三代目となるのは貝原定治さんです。

不況を乗り越えながらもさらにまた1967年に危機に直面してしまします・・・が、この頃から絣で培った技術を応用してデニムファクトリーへの道を始めます。

1970年:デニム用糸の染色事業を開始し、この年に日本初のロープ染色機が完成します。これによって本格的なデニム生地製造の足がかりを築きます。

1973年 リーバイス社からオーダーを受けたことを機にデニム生地メーカーとして世界から注目を集めることになります。

その後もさらに発展を目指し・・・

1978年織布・・・1980年整理加工・・・1991年紡績の設備を完成させてデニム生地の製造の全ての工程を手がける国内初の一貫生産体制を築きました。

1998年:ユニクロを展開するファーストリテイリングとの取引が始まります。(きっかけはデニムの品質でした)

2015年:タイに初の海外工場を構えました。

 

現在のカイハラは福山市に4つの生産拠点を構え、タイに工場を持ち、国産と同等残りティのデニム生地を製造しています。

カイハラデニムの国内シェアは約50%・輸出先は約30カ国にのぼります。

 

ちなみに、ユニクロも公式サイトで「カイハラデニム」について”世界が認める「カイハラ」とは・・・”と、紹介をしています↓↓↓

スポンサーリンク

カンブリア宮殿/カイハラ・デニムまとめ

  • カイハラデニムは1893年に現在の広島県福山市で貝原助治郎さんによって創業されました。
  • 開業時のカイハラは”もんぺ”などに使われる『備後絣(びんごかすり)』を作っていました。
  • 《※備後絣(びんごかすり)は広島県福山市新市〜福山市芦田町で製造されている絣で、伊予絣・久留米絣とともに日本三大絣のひとつです。》
  • カイハラはデニム生地の製造に力を入れるようになり、リーバイスとの取引を開始することで世界的に知名度を急激にあげることになりました。
  • 世界中で名の知れている「リーバイス」「エドウィン」「GAP」「ユニクロ」などのジーンズブランドもカイハラデニムが製造したデニム生地を使用しています。
  • カイハラデニムの国内シェアは約50%・輸出先は約30カ国にのぼります。
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day Lika-blog