【世界ふしぎ発見】鴨肉カレーライスの店はどこ?値段や場所を調べてみた!6月8日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年6月8日(土)TBS系列【世界ふしぎ発見!】の放送で、都内元宮殿で味わる絶品鴨肉カレーが紹介されます。

気になったので場所や値段などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

鴨肉カレーライスが食べれるお店の名前は?

 

宮廷で食べれる絶品鴨肉カレーがたべれるのは『明治記念館』の本館1Fにあるレストラン・・・『ラウンジ kinkei(キンケイ)』です。

 

『鴨肉カレーライス』は味覚でも明治宮廷を感じれるようにと、実際に明治天皇や伊東博文公など当時の容認のお食事カニに振舞われていたメニューを貴重な歴史文献や資料をもとに明治記念館の総料理長監修によって、再現されたカレーです。

 

スポンサーリンク

鴨肉カレーライスが食べれるお店の場所は?

 

住所 : 〒107-8507

     東京都港区元赤坂2丁目2−23

電話 : 03-3745-7723 (予約・問い合わせ)

提供時間:11:30〜20:00

 

 

スポンサーリンク

鴨肉カレーライスの値段は?

 

料金は・・・

『鴨肉のカレーライス』: 3000円

『富士山アイス+コーヒー付きセット』:3980円

 

*税別+サービス料10%がかかります。

 

スポンサーリンク

鴨肉カレーライスとは?

 

鴨肉カレーライスは、貴重な歴史文献や資料をもとに明治記念館の西洋料理総料理長監修によって、【明治17年12月27日(1884年)皇族・大臣・参議との御陪食】が再現されているカレーライスです。

 

 

鴨を丸々使用し、鴨肉の旨みを最大限に生かされているカレーです。

カレーのソースは、鴨フォンをベースに腿肉のコンフィとあめ色になるまで痛めた玉ねぎが使用されています。

ライスの上には贅沢に胸肉のローストが添えられています。

 

スポンサーリンク

鴨肉カレーライスとセットの富士山アイスとは?

 

富士山アイスクリームは、現在でも宮中晩餐会の定番デザートとされていて、各国の来賓客に振舞われているそうです。

 

富士の樹海に聳え立つ富士山。麓部分に濃厚な抹茶、雪に覆われている山頂部には口どけなめらかなバニラのアイスクリームが使用されています。

富士五湖に見立てたデコレーションソースは、チョコ・ピスタチオ・キャラメル・フランボワーズ・バニラの5色です♡

【大正4年11月17日(1915年)晩餐】