ぶらり途中下車の旅/歯の博物館の場所・予約・入館料・展示内容は?9月14日

スポンサーリンク

2019年9月14日(土)日本テレビ系列【ぶらり途中下車の旅】は木下ほうかさんがぶらり京急本線の旅をしながら紹介してくれました。

ここでは『歯の博物館』というのがあるということで・・・ん?面白そう・・・ということで「歯の博物館」について場所や予約方法方、入館料や営業時間、口コミなどについて調べてみましたヽ(^o^)

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館とは?

 

「歯の博物館」は神奈川県歯科医師会が運営する全国でも珍しい歯に関する資料が展示されていますヽ(^o^)

調べたところ、歯の博物館は神奈川県の他にも岐阜県・愛知県にあるようですね。

 

約140年前に西洋人視界が外国人居留地で開業したことから、横浜は近代史開学の発祥の地とされているそうですよ。そしてこれを意識した当時の加藤増夫会長が発案し、昭和62年(1987年)に神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会感)が出来上がるともに歯の博物館として開館したようです。

 

『歯の博物館』に展示されているものは、西洋の資料も含めた古今東西の歯に関するものに及びます。江戸時代から明治にかけてのお歯黒道具・木の入れ歯・浮世絵・広告など日本独自のものや、18〜19世紀の西洋の抜歯器具・歯ブラシ・陶製の入れ歯など。。。。

また西洋人視界に関する資料や明治・大正・昭和の診療施設備や道具・・・そして戦前の啓発ポスターなどなど多岐にわたり歯に関わってきた先人たちの知恵や鹿の歴史を観ることができます。

歯に関する長い歴史を振り返るのはとても興味深いことですよね!ぜひ子供達にも見せてあげたいです♬

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館の場所は?

 

住所:〒231-0013

   神奈川県横浜市中区住吉町6-68

   神奈川県歯科医師保健総合センター

   神奈川県歯科医師会館7F

電話:045-681-2172

《アクセス》

地下鉄みなとみらい線:馬車道駅から徒歩約5分

JR京浜東北線・横浜市営地下鉄

◎桜木町駅から徒歩約5分

◎関内駅から徒歩約10分

 

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館の入館料や営業時間

 

神奈川県の歯の博物館の入館料は無料ですヽ(^o^)

 

開館日:火曜日・水曜日・木曜日

休館日:月曜日・金曜日・土日祝・年末年始です。

会館時間は第1部と第2部に別れています(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

【第1部】13:30〜14:30

【第2部】15:00〜16:00

ちなみに団体さんの見学希望の方たちに関しては別途で相談にのってもらえますよヽ(^o^)

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館の予約方法は?

 

神奈川県の『歯の博物館』見学の予約に関しては、神奈川県歯科医師会事務局に前日までに予約をする必要があります。

↓↓こちらの番号からできます↓↓

 

歯の博物館見学予約 ➡︎ 045-681-2172(完全予約制・当日不可

 

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館の展示内容は?

 

神奈川県の『歯の博物館』の主な展示は・・・

 

お歯黒・日本と外国の口腔清掃道具(例:楊枝・歯ブラシ・歯磨き)・日本の民間療法・歯の塚・日本と外国の入れ歯(例:木・金属・陶磁・象牙・ゴムなど)・江戸時代の歯科・日本と外国の治療器具・近代西洋史開学の伝来・明治/大正/昭和の診療ユニット・歯の衛生週間ポスター・歯磨きの看板・広告・づ骸骨などなどです。

 

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅/歯の博物館・まとめ

 

◎ 神奈川県の「歯の博物館」昭和62年(1987年)に神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会感)が出来上がるともに開館しました。

◎『歯の博物館』に展示されているものは、西洋の資料も含めた古今東西の歯に関するものに及びます。江戸時代から明治にかけてのお歯黒道具・木の入れ歯・浮世絵・広告など日本独自のものや、18〜19世紀の西洋の抜歯器具・歯ブラシ・陶製の入れ歯などです。

◎『歯の博物館』では西洋人視界に関する資料や明治・大正・昭和の診療施設備や道具、そして戦前の啓発ポスターなどなど多岐にわたり歯に関わってきた先人たちの知恵や鹿の歴史を観ることができます。

◎『歯の博物館』の場所は:神奈川県横浜市中区住吉町6-68 神奈川県歯科医師保健総合センター 神奈川県歯科医師会館7Fになります。

◎『歯の博物館』の見学は見学日の前日までに予約する必要があります。番号は:045-681-2172です。