【満天青空レストラン】夏ごぼう京香『ごぼうの炭火焼』の作り方!6月22日

気になる情報
スポンサーリンク

2019年6月22日(土)日本テレビ系列【満天☆青空レストラン】では『ゴボウの概念を変える!驚きの甘さ&柔らかさの夏ゴボウ!】が放送されました。

ここではそのごぼうを使った『炭火焼』を紹介しますヽ(^o^)

【満天☆青空レストラン】で紹介されたのは夏ごぼうの産地伊勢崎市の

 

スポンサーリンク

夏ごぼう『京香(きょうか)』

 

食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれるゴボウです☝︎

冬ごぼうはかみごたえのある食感が特徴ですが、夏ごぼうは成長途中なので、フレッシュな香りと柔らかい食感が楽しめる家庭料理におすすめなんですって♬

中でも【満天☆青空レストラン】で紹介された名人の夏ごぼうは一味違うんです!!

名人が作るごぼうは『京香(きょうか)』というブランドごぼうなんです♬

糖度がなんと16度以上あります!!

一般的なごぼうは糖度が10度以下に対して名人の夏ごぼうは16度以上ということはかなり甘いということがわかりますよね。

糖度が高いと味が良くなるだけではなくて体にも良いそうですよ☝︎

伊勢崎市では30店舗以上の飲食店がこの夏ごぼう『京香』を使ったごぼう料理を提供しています。

 

 

スポンサーリンク

『ごぼうの炭火焼』レシピ

 

材料

 

ごぼう(京香) 400g

白だし     90cc

水       600cc

ごま油     適量

黒胡椒     適量

 

作り方

 

① 皮ままごぼうの全体を叩きます。

皮の表面にはポリフェノールが多く含まれているので皮はむかないで泥を落とすだけで十分です。

② 鍋に入る大きさにごぼうを手でおります。

③ 鍋に水と白だしを入れてごぼうを5分ほどぐつぐつ煮込みます。

火を入れすぎて食感が失われないように注意します。

④ 煮汁ごと氷水で冷やし、冷ましたら引き上げます。ごぼうを鍋から取り出したらごま油を塗ります。

⑤ 黒コショウをふります。

⑥ 網の上で炭火焼にします。

焦げ目をつけたら完成です。
 
 
 
 
スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'dayオーストラリア / ゴールドコースト移住・日本人ママの海外生活