あさイチ/阿波和紙の通販お取り寄せや和紙づくり体験ができる場所紹介

気になる情報
スポンサーリンク

2019年12月16日のあさイチで徳島県の阿波和紙が紹介されます。阿波和紙は徳島県の優れた伝統工芸品です。ここでは阿波和紙の通販お取り寄せや、阿波和紙の手漉き体験をさせてくれる場所を紹介します。

 

スポンサーリンク

あさイチ/徳島の阿波和紙とは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Awagami Factory (@awagami_factory) on

 

阿波和紙(あわわし)は徳島県吉野川市で製造されている和紙です。

 

阿波和紙は、1976年(昭和51年)に経済産業大臣が指定する伝統工芸品に指定されました。

 

阿波和紙の特徴は手漉き(てすき)ならではの生成り(きなり)の色合い・優しい肌触り・しなやかな柔らかさと・・・そして、薄くても水に強くて破れにくい丈夫な紙質です。

 

スポンサーリンク

あさイチ/阿波和紙の通販お取り寄せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

あさイチ/阿波和紙の紙漉き体験ができる場所

 

阿波和紙伝統産業会館では、ハガキや半紙サイズなどの紙漉(かみすき)き体験をさせてもらえます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by シマダ マミ (@shimada.mami_) on

 

【阿波和紙伝統産業会館】

住所:徳島県吉野川市山川町川東141

電話:0883-42-6120

開館時間:9:00〜17:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

H.P: 阿波和紙伝統産業会館

 

《アクセス》

◎徳島空港から車で約1時間 / 高松空港から約45分

 

 

スポンサーリンク

あさイチ/阿波和紙の紙漉き体験の料金は?

 

阿波和紙伝統産業会館では↓↓こんなことを体験させてもらえますよ♪団体の方と藍染体験をされる方は予約が必要です☝︎

 

【予約 / お問い合わせ番号】0883-42-6120

 

 はがき判体験 500円(はがき3枚)

手漉きではがきを作ります。無地のベースを漉いて色付き原料で仕上げます。押し花などを持ってきて漉きこむこともできます。

 

 半紙判体験 500円(半紙判2枚)

手漉きで半紙判(約30x42cm)の紙を作ります。無地のベースを漉いて色付き原料でもようをつけます。押し花などを持ってきて漉きこむこともできます。(日記の表紙などいろいろな使い道があります) 

 

 フリーコース 1500円 ※午後1時までに入館してください。

フリーコースは3時間の自由制作です。はがき判・半紙判を時間内どれだけ漉いても一定料金です。(とにかく枚数をたくさん漉きたい方向けです)

 

 藍染ハンカチ 500円(ハンカチ1枚)※要予約

綿のハンカチを阿波の特産「本藍」で染めます。ビー玉や洗濯バサミなどを使ってハンカチを絞り、いろいろなところに染めます。※中学生以下の方はビニール手袋とエプロンを持参する必要があります。

 

スポンサーリンク

あさイチ/徳島の阿波和紙・まとめ

◎ 阿波和紙(あわわし)は徳島県吉野川市で製造されている和紙です。

◎ 阿波和紙の特徴は手漉き(てすき)ならではの生成り(きなり)の色合い・優しい肌触り・しなやかな柔らかさと・・・そして、薄くても水に強くて破れにくい丈夫な紙質です。

◎ 阿波和紙伝統産業会館では、ハガキや半紙サイズなどの紙漉(かみすき)き体験をさせてもらえます。

◎ 阿波和紙伝統産業会館の場所は:徳島県吉野川市山川町川東141です。お問い合わせ番号:0883-42-6120です。

スポンサーリンク
気になる情報
スポンサーリンク
りかをフォローする
G'day!オーストラリア移住 / 日本人ママの海外生活