オーストラリアのスクールホリデーは一年に4回!季節は日本と真逆

オーストラリアで子育て
スポンサーリンク

スクールホリデーは一年に4回!

前回の投稿でもちょっこっとふれたのですが、今週から子供たちのスクールホリデーが始まりました (^ ^) 学校が冬休みになりました! 

日本とオーストラリアは気候が真逆です。 日本ではもうすぐ夏休みが始まりますよね? 

ということは、ここオーストラリアは真逆で冬休みなんですよ (^_^)

真逆ということなので、日本ではクリスマス = ホワイトクリスマス というイメージがすぐに浮かびますが、ここオーストラリアではクリスマスは、真夏のクリスマスなのです (^^;;

サンタさんはソリーに乗ってやってきません。。。。

波に乗ってサーフィンしながらやってきます(^^;;  

私は日本で生まれ育ったので、どうしてもこの真夏のクリスマスというのがしっくりきません(泣) やっぱりクリスマスは冬がいいです!! ホワイトクリスマスがいいです(>_<) 

こればかりはこっちに住み始めて何年たっても気分的に馴染めないですね~ (苦笑) ….

まぁ、とりあえずその話題については今日は置いておいて …..

今日は子供たちの学校のお休みが、一年を通してどんなかんじになっているのかをざっと紹介しますね (๑˃̵ᴗ˂̵) 

日本は一年を通して、春休み・夏休み・冬休み・・・と3回学校のお休みがありますよね。

オーストラリアは・・・春、夏、秋、冬・・・と4回のお休みがあるんですよ(^ ^) 子供たちにとっては嬉しい限りですよね ☆彡

⬇︎⬇︎⬇︎ この下にある2018年のカレンダーは一年を通してのスクールホリデーを表したものです。(オーストラリアに短期留学を考えていたり、遊びに来ようと思っていたり・・・そんな方になんとなく参考にしていただければなぁ~と思います (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

   

 

      学校    お休み 祝日 先生の日生徒お休み (←色別でこれらを表しています)

 

(注1)この⬆︎スクールホリデーのカレンダーはあくまでも公立の学校のものになるので、私立の学校はまた少しお休みの期間が変わってきます。。といっても時期的には同じですが。

(注2)うちの子供たちの生活をベースにしているので、あくまでもこのカレンダーはクイーンズランドのものです。他の州はまた違ってきます。

このカレンダーから見ると、2018年は199日学校に通うことになります。

だいたい1ターム(一学期間)が10週間になっています。なので10週おきにお休みが入り、12月から始まる夏休みが一番長く(これは日本と同じですね!)約6週間の夏休みになります。(この時期は日本では冬休みですね!)

そしてその長い夏休みが終わった後は、学年が新学年になります。ピカピカの一年生も4月からスタートではなく1月末からのスタートになります☆彡

 この色の日は学校の先生たちが授業の向上を目指すため、自分の技術や知識を高めるためにトレーニングをする日で、生徒たちはお休みなんです。

 

長男とデート

ところで・・・

スクールホリデーに入ってから長男と二人でプチデートをする機会がありました(๑˃̵ᴗ˂̵)・・・と言っても大したことは何もしていないのですが ^_^;

私がお買い物に出かけるときに、娘は行かないと言うし、「お姉ちゃんが行かないなら僕は残る!」と一番下のチビもいうので(お姉ちゃんと一緒に残りたいからではなくて、残って一人でゲームを楽しみたい!ということなのですが(-_-)・・・)

でもお兄ちゃんだけが「一緒に行く〜♬」と言って私と一緒に来てくれたので、お買い物をさっさと終わらせて、お兄ちゃんと二人だけで出かけることも中々ないので、帰り道にスタバを見つけて、「何か飲んで帰ろっか?!」と聞くと、嬉しそうに「いいの?!」という返事が返って来たので、二人でカフェに入ることにしました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 

このカフェは日本にもたくさんあるので珍しくないのですが、レジに並んでいるときに⬇︎こんなドーナツを見つけました ∑(゚Д゚)   あまりに私の目にとまったので、ついついパチリと写真を撮ってしまいました (^^;;

 

                               

                              

 

さすがにこの強烈な色のドーナツは買う気にはなれませんでしたが ….. すごいですよね?!

見ているぶんにはある意味可愛い?とも言えるかなぁ〜(^^;; 

でも今はインスタ映えするものが人気なようなので、宣伝にはなりますよね ♬♬ 

日本にもこんな激しい色のドーナツ、置いているのでしょうか??

それでは今日はこの辺で。。。